「スーツ マスター」世界であなただけのスーツを作る!
オーダーメイド・オーダースーツ・メンズスーツの総合情報ポータルサイト

HOMEスーツお役立ちコンテンツ > スタイリッシュに着こなすジャケパンスタイル

~スタイリッシュに着こなすジャケパンスタイル~

テーラードジャケットとパンツ、略して「ジャケパン」と呼ばれていますが、セットアップのスーツとは違い、ジャケットとパンツの色使いや差し色の入れ方でセンス良し悪しが決まります。
ジャケットは素材や種類により、フォーマルっぽくもカジュアルっぽくもなります。
TPOに合わせた着こなしをするには、ジャケットの種類や特徴を知ることが大切です。
ジャケットの選び方や、コーディネート術をご紹介します。

ジャケパンスタイルに使えるジャケットとは

ジャケパンスタイルに使えるジャケットとは

ジャケパンスタイルに用いるジャケットは、細身のシルエットのものを選びましょう。
ゆったりしたシルエットは、フォーマルな場面で着用されることが多いので、堅苦しく映ってしまいます。ジャストサイズか少し細身のジャケットを選ぶと、かっこ良く着こなすことが出来ます。
細身のジャケットは、ラペル(ジャケットの上襟に続く下襟部分)の幅が標準的な太さで、ウェスト部分は少しくびれたような形になっているものを選ぶと、スマートでクラッシックな雰囲気の着こなしが出来ます。
ジャケットの丈は、お尻の半分位か、もう少し隠れるくらいがベストです。ジャケパンスタイルの基本は、ジャケット単体で売られているものとパンツを合わせますが、セットアップスーツの上着を使うことも可能です。その場合、無地のものを使うことをおすすめします。ストライプなど細かい柄が入っている上着は、ビジネススーツっぽくなってしまいますのでご注意下さい。

ジャケットの素材

ジャケットの素材

ジャケットは、スタイルの他に質の良いものを選びましょう。
価格がとても安いものや若者向けに量産された商品などは、品質があまり良くない商品もあり、貧相に見えてしまう場合があります。ジャケット選びの鉄則は、品質の良いものを選ぶことです。
品質が良いものは価格も高額になりがちですが、10万円以上するような高級品を選ばないといけないということではありません。
しかし、数千円のジャケットと2〜3万円のジャケットでは生地や仕立ての違いに大きな差が出ます。男性にとってスーツやジャケットは自己表現のアイテムです。安っぽく見られないように、品質にもこだわりましょう。

コーディネート術

ジャケパンスタイルのコーディネートで大切なこと。

●ジャケットとパンツは色の違うものを合わせましょう。

同系色のジャケットとパンツで合わせてしまうと、セットアップスーツの上下を間違えて着てしまったような、チグハグな感じが出てしまいます。
はっきりと色が違う、メリハリのある組み合わせを心掛けましょう。

●柄と柄の組み合わせは避けましょう。

柄と柄の組み合わせは派手になってしまいます。ちょっと想像してみて下さい。チェックのジャケットにチェックのパンツ…。ボーダーのジャケットにチェックのパンツ。芸能人ならいいかもしれませんが、一般人のコーディネートに取り入れるのは難しいですよね。
柄のジャケットをチョイスしたら、パンツは濃い色の無地を組み合わせて、上品に着こなしましょう。

●季節感のある素材を選びましょう。

夏の暑い時期にツイードのジャケットを着たり、冬の寒い時期に麻のジャケットを着るなど違和感がある素材を選ばないようにしましょう。
季節に合った素材は着心地も良く、ワンランク上のお洒落が楽しめます。

春・秋…ポリエステル素材のジャケット
夏………コットンやリネン素材のジャケット
冬………ウールやツイードのジャケット

●ベルトと靴の色を合わせましょう。

ビジネスマンであれば、黒の靴に茶色のベルトを合わせる方はいないと思いますが、普段セットアップスーツを着ない方は、まれにちぐはぐな靴とベルトを合わせてしまう方がいます。
靴とベルトは必ず同系色を用いて下さい。ブラウン系や淡い色のコーディネートなら茶色、黒やグレー系のコーディネートなら黒を合わせるのが一般的です。また、ジャケットとパンツの組み合わせに対し、ベルトと靴が目立ち過ぎないような色を選びましょう。同じ位の色の明るさにすると良いでしょう。

●ネクタイやポケットチーフでアクセント

ジャケパンスタイルをさらにワンランクアップさせるには、ネクタイやポケットチーフを上手に使うと良いでしょう。ネクタイは色や柄、剣幅を変えるだけで、同じ組み合わせでも、ジャケパンの雰囲気が変わります。通年使えるシルクのネクタイを基本に、夏はニットタイ、冬はウール素材など使い分けるのをおすすめします。
ネクタイの色はジャケットやパンツの色とリンクさせるとお洒落に見えます。
また、ポケットチーフを使うとジャケパンスタイルがグッとお洒落になります。基本的にネクタイに使われている色をポケットチーフに持って来ると馴染みが良くおすすめです。

※この情報は変更することがありますのでご注意下さい。

HOMEスーツお役立ちコンテンツ > スタイリッシュに着こなすジャケパンスタイル

▲ページトップ