「スーツ マスター」世界であなただけのスーツを作る!
オーダーメイド・オーダースーツ・メンズスーツの総合情報ポータルサイト

HOMEスーツお役立ちコンテンツ > 好印象なブラックフォーマルとは

~好印象なブラックフォーマルとは~

好印象なブラックフォーマルとは

ブラックフォーマルは成人男性ならきちんと揃え、いざという時にすぐに着用できるよう準備したいスーツアイテムです。好印象なブラックフォーマルについてご紹介します。

ブラックフォーマルとは

フォーマルウェアには、「正礼装」「準礼装」「略礼装」と言った格付けがあります。
その中で、男性の「ブラックフォーマル」は、一般的に「ブラックスーツ」を指すことが多く、こちらは「略礼装」にあたります。

正礼装 (昼)モーニング (夜)燕尾服

結婚式では、父親・祖父・媒酌人が着用することが多いものとなります。
また、夕暮れまでに終わる公式セレモニーにおいての正礼装はモーニングになります。
夜の正礼装としては、燕尾服、タキシードとなります。燕尾服を着なければならないのは、各国の宮中行事や国家セレモニーくらいだと言われております。
夜間の結婚式においても、日本ではモーニングを着用されていることが多い状態です。
葬儀では、喪主の方や三親等内の親族の方はモーニングを着用します。ただし、最近の葬儀ではブラックスーツを着用される方も増えております。

準礼装 (昼)ディレクターズスーツ (夜)タキシード

結婚式では、招待された親族や立場のある方(職場の上司等)の服装になります。カジュアルな結婚式やレストランウェディング等で花婿さんが着ることもあります。
企業の式典、格式あるパーティーや祝賀会などでも着用されます。

礼装 (昼・夜兼用)ブラックスーツ・ダークスーツ

結婚式では、友人や職場の同僚の結婚式等「一般招待客」として招待頂いた場合に着ることが多い服装になります。
葬儀では一般の参列者、お別れの会、偲ぶ会などに着るもの。「平服で」とお断りがあった場合も略礼装が基準となります。

ブラックスーツについて

最も一般的で冠婚葬祭に幅広く使える略礼服のフォーマルスーツになります。

昼でも夜でも時間帯を問わず着ることが出来とても便利なのですが、ブラックフォーマルは日本の文化的背景から生まれたものですので、海外ではただの黒のスーツでしかありません。そのため海外では葬儀には使えますが、慶事、祝事にブラックスーツを着る場合は日本の着用方法では不適合になってしまいます。

ブラックスーツは、見比べてみると様々な黒があります。お値段が高価な物ほど深みのある美しい「黒」になり、品の良さが漂います。安い物は、少し赤っぽく見えたりします。太陽の下に出ると、その差は歴然とします。この色の違いは、染めている生地の素材の違いにあると言われています。

好印象なブラックフォーマル

サイズ

好印象を与える上で一番大切なことは、「サイズ」です。

シングル、ダブル、ボタンの数などは着る人と見る人の好みによりますが、シルエットが大きすぎたりピチピチだったりしては、誰が見てもみっともないものになってしまいます。好印象を与えるどころか、だらしのない印象を与えてしまうとせっかくのブラックフォーマルが意味をなしません。

試着をして必ず専門店のプロのアドバイスをもらうようにしましょう。

季節感

ブラックスーツにも、普通のスーツと同じで夏中心のものや冬中心のものがあります。
「滅多に着ないから」と言ってブラックスーツを1着しか持っていない方も稀に見かけますが、比べてみると夏用と冬用の生地は全く違います。特に、冠婚葬祭と言う、自分のためではなく誰かのために赴く場所に季節外れのものを着ていくと言う事は、大きなマナー違反です。

ブラックスーツは相手を想って着るスーツです。相手とは、結婚式の当事者だったり新郎新婦とそのご家族だったり、お葬儀で亡くなられた方や喪主や親族の方だったり、パーティーの主催者であったり、そしてそう言った場所に集まる他の人のためだったりします。

カジュアルな服装は自分の好みのものを個性的に着こなすのがおしゃれですが、フォーマルな場面では周りの人たちと出来るだけ同じ服装をすることがマナーになります。
普段あまり着る機会がない服だとは思いますが、アドバイザーに相談しながらエチケットとして揃えてみて下さい。

冠婚葬祭でのブラックフォーマルのマナー

慶事、祝事の際

結婚式やパーティーなどの場合は、シャツは白無地が基本とはなりますが、洗濯を何度も繰り返してくたびれたシャツはやめておきましょう。ドビークロス生地やプリーツ入りなど飾りのあるものを選ぶのがおすすめです。

ネクタイは原則的には白やシルバー、白黒の縞のタイと言われています(白ネクタイは国際的なルールから外れているという意見もありますが、日本の習慣としては問題ありません)パステル調のネクタイも華やかな場面に良く合います。

カフスボタンやタイピンは、シルバーや真珠を使ったものにします。カラフルなポケットチーフなどで着飾ります。
ベストを着るとかしこまった印象になります。黒以外の色を着用しましょう。

葬儀の際

葬儀では、白のレギュラーカラーのシャツ。ネクタイと靴と靴下は黒。ベストを着る場合はベストも黒無地のものを着用します。カフスは銀台で黒オニキス等、華美でないものを選びます。ネクタイピンやアクセサリーは身に着けません。結婚指輪以外のアクセサリーは外しておきましょう。また、腕時計を着ける場合には、光る素材のものは避けるようにします。

ブラックフォーマル購入体験談

「急な親族の訃報で、慌ててブラックスーツを購入しに行きました。何を買ったらいいのか分からずに安い物を買ったのですが、他の親族と並ぶと安っぽさが目立ってしまいとても恥ずかしい思いをしました。皆が同じような服を着ているからこそ、それなりものを着ないと逆に悪目立ちをしてしまうと言う事に気が付きました。」
30代自営業。

「9つ年の離れた姉の結婚式があり、ブラックスーツを作って頂くことにしました。専門店のスタッフの方に色々と相談させて頂くことで、細かい常識などを教えてもらい、不安がなくなりました。出来上がったものを試着した時には、軽く感動したことを覚えています。高い買い物でしたが、その後も友人等の結婚式や親族等の葬儀に着て行く事ができ、とても重宝しています。初めて購入される方は何を選べばいいのか分からないと思います。スタッフの方に相談すると、合わせる小物の事まで相談に乗って頂けるので、安心して選べます。」
20代サラリーマン

HOMEスーツお役立ちコンテンツ > 好印象なブラックフォーマルとは

▲ページトップ