「スーツ マスター」世界であなただけのスーツを作る!
オーダーメイド・オーダースーツ・メンズスーツの総合情報ポータルサイト

HOMEオーダースーツとは > オーダースーツの選び方 年齢別

~オーダースーツの選び方 年齢別~

オーダーメイドスーツは、フィット感の良さや体型をきれいに魅せるなど、良い点がたくさんあります。
オーダースーツを作る際は、着る人の年齢にあったスーツを作りましょう。

20代・30代の男性

●20代男性

20代男性は、「まだ若いし、安いものでいいかな?」と、量販店などで安いスーツを購入しがちです。
若さでそのようなスーツを着こなしてしまう男性は多いですが、若いからこそ高品質なスーツがおすすめ。
スーツは自己投資です、背伸びして良いスーツを着ることで、「このスーツに見劣りしない人間になろう」と仕事へのモチベーションが変わります。

●30代の男性

スーツの着こなしになれてきた30代。20代よりもおしゃれで、流行に沿ったスーツを着こなすのが似合います。
また、ビジネスマンとしても中堅にあたり、社内や取引先で厚い信頼を得るような年齢です。安っぽい生地やチャラチャラとした恰好、フレッシュすぎるスーツは取引先相手に対して失礼にあたるので、気を付けましょう。

●生地

若い男性陣におすすめなのは、生地の質にこだわったトラッドスタイルです。
上質な生地は、相手に信頼感を与えますので、ここぞと言う時用にせめて1着は持っておきたいスーツです。びしっと決めたい大切なシーンに使える1着をぜひ準備して下さい。
20代、30代男性は、商談やプレゼンで勝負を掛けたい時、思いもしなかった大物と出会えるチャンスがもらえた時、そして、お付き合いしている女性の親御様にご挨拶にお伺いする時。人生を掛けた時間は、スーツで過ごす事がほとんどです。

●柄・色

若いうちは遊び心を・・・と、おしゃれでカジュアルなスーツに目が行きがちですが、実は若いうちはそのような派手なスーツは、ビジネスシーンでは控えた方が無難です。自分のキャリアに合わせたスーツが大切。
濃いグレーやネイビーで、無地やストライプが基本となります。
リクルートスーツの場合は、ブラックの無地が無難です。新入社員の場合は、まずはリクルートスートでかまいません。初給与を頂いたら、周りの先輩方に合わせてスーツを選びましょう。

40代以上の男性

●デザイン

形やデザインが若者向けのスーツは、40代以上の男性にはおすすめ出来ません。
購入する際には、年齢相応の物を選びましょう。どんなデザインが良いのかは、オーダースーツを作る際にゆっくりと相談しながら決めることが出来ます。ご自身で既製品を購入される場合は、店員の方にしっかりとアドバイスをもらうことが大切です。
シャツ1枚を買うのも、首回りなどをきちんと計ってもらい、ご自身のサイズにあったものを購入しましょう。自分のサイズを計ってもらうと、自分が思っているサイズと違っていて驚く方もたくさんいらっしゃいます。
また、スーツにも、流行り廃りがあります。若い頃から着続けているスーツがあれば、それはやぼったい印象を与えています。生地もそろそろ傷んでいるはず。そろそろ新しいものに買い替える必要があります。
大人の男性は、トラッドスタイルのスーツを一通り着こなしてきた経験がありますので、そろそろカジュアルなスーツもおすすめです。

●生地

40代以上の男性は、仕事の出来る男性として見てもらうためにも、ビジネスシーンで似合うスーツが重要です。
よい年した大人の男が安っぽい生地のスーツを着ていると、明らかに浮いてしまいます。
上質なものを選んで着るようにしましょう。若い社員たちが憧れるような着こなしを目指します。

●50代・60代のオーダースーツ

50代・60代は、体型の変化が大きな年齢でもあります。今までの体型の服装では似合いません。
オーダースーツは自分の体格に合わせて作るので、動きやすく快適です。
会社の顔とも言える立場に立つ方も多いでしょう。周囲から見られる自分の姿に意識することも大切です。

●ネクタイ

快活に見えるような明るい淡い色を選ぶ事がポイントです。
暗い濃い色は、40代の顔色を悪く見せるため、疲れて見えます。実年齢より老けて見せてしまいますので、避けた方が無難です。暗い紫よりも藤色。濃い深緑色よりも黄緑や淡い緑色がおすすめです。
また、生地は光沢のあるものが顔映りを良く見せます。
実際に試着して、顔色が良く見えるネクタイを着けるようにしましょう。

HOMEオーダースーツとは > オーダースーツの選び方 年齢別

▲ページトップ