「スーツ マスター」世界であなただけのスーツを作る!
オーダーメイド・オーダースーツ・メンズスーツの総合情報ポータルサイト

HOMEオーダースーツとは > オーダースーツのデザイン トレンドデザイン/特殊デザイン

~オーダースーツのデザイン トレンドデザイン/特殊デザイン~

トレンドデザインや特殊デザインの分類の中でも、オーソドックスタイプやアクセントのある個性的なタイプが定番です。

2大トレンドスタイル

スリーピーススタイル

ベストを省略したツーピースのほうが着るのも楽だという点で、現代におけるスリーピースは、堅苦しいイメージが大きいかもしれません。しかし今年は現代的に解釈された、モダンなスリーピース人気が復活しています。
スリーピーススーツで最も大切なポイントはバランス。ジャケットを脱いだ時は、ベストとパンツがつながって見えるよう、股上を深い位置にし、サスペンダーで釣ってパンツを穿きます。ベストの下の隙間からベルトのバックルが覗かせないのが正しい着こなしです。その為、サスペンダーはスリーピーススーツの必須アイテムとなります。衿付ベストはクラシックな装いになりますが、今年はオフィスで注目されることが間違いないアイテムとなるはずです。
相性の良い衿型はレギュラーカラー、タブカラーですが、クレリックシャツと合わせるのがトレンドです。ベストがあると、よりフォーマルな装いになり、印象が引き締まります。ジャケットを脱いでも、だらしなく見られないという効果もあります。

≪トレンドな着こなし術≫

暑そうに見えがちなスリーピーススーツには、パールトーンのネクタイで涼しげにコーディネートすると爽やかな印象になります。カジュアルに着こなすには、今年の流行柄であるチェックをあしらったスリーピースがお勧めです。かちっと生真面目になりがちなスリーピースが一気に軽快な印象になります。

グレーのダブルブレステッド

スーツの流行がイタリアからイギリスに移行してきたことにより、昨秋あたりからグレー生地を用いてオーダースーツを作られる方が増えました。バリエーションが広いグレー生地の中でも、2012年最も注目を集めているのがグレー×ストライプの組み合わせです。ダークトーンからライトまでバリエーションはかなり豊富です。
春~夏は涼しげな感じがするライトグレー、秋~冬は温かみのあるダークグレーが注目を集めるといわれています。サイズはジャストフィットで、お尻がちょうど隠れる着丈が今年らしいです。ビジネスシーンにも通用する社会性を持ちながら、パーティーなど個性的なシーンでも活躍できるダブルブレステッドスーツは、着回しにも最適です。

≪トレンドな着こなし術≫

足元はモンクストラップと合わせてエレガントに、あるいはデザートブーツでドレスダウンするのもお勧めです。今年注目されているパステルトーンのパープルやグリーン、ピンクなどニュアンスカラーのタイと相性抜群。着こなし方次第で、より今年らしい雰囲気を演出出来ます。

特殊デザインのスーツ

毎日のように着るスーツに少しのアクセントを加えるだけで、スーツを着る楽しさや喜びは大きく変わり、コーディネートの幅もグンと広がります。トレンドデザインのスーツを揃えたら、特殊デザインが施されたスーツをオーダーしてみるのもいいかもしれません。

モッズスーツ

「モッズ」とは、英国ロンドンにおいて、1950年代~1960年代にかけて若者の間で流行した、R&Bやジャズなど当時最新の音楽や、テーラーメイドによる拘りの細身スーツにミリタリーパーカーといった個性派ファッションを指し、またそれら音楽やファッションを好む若者たちを称して「モッズ」と呼びます。
現代的に作り変えられたモッズスーツは、シルエットは全体的に細身で整えたナローラインです。スーツの顔とも言えるVゾーンは、60年代当時のテーラーメイドのモッズスタイルを意識し、ボタン位置やゴージラインを高めに調え、ラペル幅を細く調整することでコンパクトに仕上げていきます。モッズスーツは、ブリティッシュ型などの一般的なビジネススーツと比較すると個性的なスタイルですが、ビジネスシーン、周りと差をつけたいパーティーや結婚式などの勝負服としても人気があります。

チェンジポケット付きスーツ

スーツの上着のポケット、なぜか片側だけが2つ。こんなデザインを見たことありませんか?実はこれ、チェンジポケットといいます。それはその名の通り、「チェンジ=change」釣銭、小銭などを入れたことから、名残りとして残っているポケットといわれています。このチェンジポケット、効果としては視点を上に持ってくることで、足を長く見せるとことが出来ます。スーツをオーダーする際、上着の表情を変える為のディテールとして付ける場合や、胸ポケット高め、ボタン位置高めのトレンドスーツにおいても、腰ポケット位置とのバランスを取るために付けるという方がいます。

HOMEオーダースーツとは > オーダースーツのデザイン トレンドデザイン/特殊デザイン

▲ページトップ