「スーツ マスター」世界であなただけのスーツを作る!
オーダーメイド・オーダースーツ・メンズスーツの総合情報ポータルサイト

HOMEオーダースーツとは > オーダースーツのデザイン オーダースーツ愛用者の声(60代以上)

~オーダースーツのデザイン オーダースーツ愛用者の声(60代以上)~

オーダースーツを愛用している60代以上の男性の意見を紹介します。

年相応のデザイン選び(67歳 会社役員)

年齢上、フォーマルスーツを着る機会が増えてきました。人生の節目に立ち会う時に着用するものですから、やはり上質なものであってほしいと思い、オーダーしました。
身体にぴったり合ったサイズに仕上がることはもちろんですが、年齢に合った生地や色合いをアドバイスしてもらい、こういう色も良いんだなと新しい発見があったように思います。妻や自分の意見だけで選んでしまうと、結局いつも似たような色やデザインを選択しがちですからね。周りからは、貫禄が出ていると好評です。

若々しさを求めて(65歳 自営業)

私には好きなミュージシャンがいるのですが、同じ年代とは思えないほど、とてもハツラツとして、若々しいんですね。もちろん、身だしなみ以外の部分でも、気を使っていらっしゃるだろうと思いますが、いつも素敵なスーツで音楽の演奏会に参加されているんですよ。きっとあれはオーダースーツではないか?と思い、自分も憧れと期待を抱いてオーダースーツを作ることに。
私も趣味で、音楽をやっているので、彼のようなスーツが欲しいとあれこれ注文をつけてしまったにも関わらず、デザインを似せながらも、私の体型にも似合うシルエットをオススメしてもらいました。出来栄えは想像以上でしたね。こんなにも理想を組みとってもらえたのかと感動しました。

体型カバーを重点に(61歳 会社経営者)

元々は標準体型だったのですが、57歳の時に病気を患い急激に痩せてしまいました。これまで持っていたスーツのサイズが合わなくなり、なんだかたるみも増えて、一気に老け込んだような…。既製のスーツで細身のものを選んでしまうと、華奢で、余計に貧弱に見えてしまうことが悩みでした。そんな時、ネットでオーダースーツと出会いました。
肩や背中の骨の出っ張りが、気になっていたのですが、ゆとりを持たせ上手く補正を加えてもらい、程よいフィット感はあるのにダブダブしていないので、これまでのスーツのように、スーツに着られているという感じが全くなくなりました。もっと早く出会いかったと思うくらいですね。

同窓会にオーダースーツで(66歳 無職)

何十年ぶりかに、同窓会の案内が届き、懐かしい級友との再会に、ワクワクしたのと同時に、感じた不安…。このポッコリお腹に普段使いの無難なスーツでは、見劣りしてしまうなと思いまして、こういう時の為に、少しは良いスーツを持っておきたいと、オーダースーツを作ることに決めました。とにかくすっきり見せたい事などを伝え、アドバイザーの方にビシッとしたイメージで、色合いやデザインを選んで頂きました。今は自信を持って、同窓会へ参加できます。仕上がったスーツを着てみて、楽しみが倍増しています。

還暦祝いのプレゼントに(60歳 代表取締役)

ずっと、仕事人間で、家のことは妻に任せっきりだった私が、もう60歳。娘達に連れられてやって来たのがオーダースーツの店でした。
娘達とは、休日でも仕事に行く日が多く、なかなか触れ合う機会が持てなかったのですが、学校の父親参観日だけは、必ず出席するというのが毎年の楽しみでもありました。それを娘達も楽しみにしてくれていた様で、「スーツのお父さんは、どのお父さんよりも、カッコイイ!」そう言ってくれていた事を思い出しました。今回のプレゼントは、『これからもずっと素敵な父であって欲しい!』という願いが込めてあるようです。

オーダーで肩への負担が軽減(60歳 会社員)

流行やブランドにこだわる年齢でもないし、とにかく上質なスーツが欲しいというわけでもないので、毎回注文しているのがイージーオーダーのスーツです。あまり安いものを着ているのも恥かしいし、こだわりすぎて若作りに見えてしまっては…そんな心配から、オーダーする事が多くなりました。
元々、肩幅が広い体型だったので、既製のものでは結局お直しが必要になりますからね。その時間を考えると、始めからオーダーするのと変わりないです。「最近、肩が痛いって言わないね」と妻に言われて、気が付いたのですが、長年困っていた肩こりが、軽減されているように思います。オシャレで、楽で、嬉しいことづくしですね!

スーツはビジネスパートナー(62歳 会社員)

30代後半から、イージーオーダーなどのオーダースーツに挑戦し始め、今では既製品のスーツでは不安になってしまうくらい、オーダースーツを着ることが当たり前になっています。これが、自分の数少ないこだわりのようにも感じます。元々、洋服に関して、そんなに執着が無かったのですが、スーツに関しては、なぜかこだわってしまうんですよ。機能性だったり、動きやすさだったり、出張や接待などに応じて着るものを選んでいる時間が好きです。おしゃれを楽しんでいる感覚になるんですよね。長年スーツを愛用する中で、これを着ると商談が上手くいくという、"げんかつぎ"なスーツも生まれました。これからもずっと愛用し続けたいです。

しきたりを考慮して(63歳 主婦)

夫と2人で、秋の叙勲式に出席することになり、拝謁時に、恥しくない服装をと思い、モーニングのオーダーを決めました。ちょうど、3人兄弟の上の娘が、結婚を控えておりましたし、また数回着る機会があるのなら、レンタルよりもオーダーが良いと考えたからです。モーニングというと、指揮者の方などが着ている印象が強く、どうしてもスタイリッシュなイメージがなかったのですが、基本の型はそのままでも、きちんとした採寸をして作ると、かなりぴったりしていて好印象です。娘もバージンロードを一緒に歩く事を楽しみにしています。

HOMEオーダースーツとは > オーダースーツのデザイン オーダースーツ愛用者の声(60代以上)

▲ページトップ