「スーツ マスター」世界であなただけのスーツを作る!
オーダーメイド・オーダースーツ・メンズスーツの総合情報ポータルサイト

HOMEオーダースーツとは > 失敗しないスーツの選び方 お奨めのスーツ用パーツの種類

~失敗しないスーツの選び方 お奨めのスーツ用パーツの種類~

オーダースーツでは自分の要望や好みによってパーツを選べるのも特長のひとつです。スーツを着るシーンや季節に合わせて自分好みのパーツを選ぶことで、より一層理想の一着に近づくことでしょう。

ジャケット

≪ラペル≫

襟の下側の部分、いわゆる下襟のことをラペルと呼びます。シングルスーツの場合には先端が下を向いている「ノッチド(ノッチ)ラペル」、ダブルスーツの場合には先端が上を向いている「ピークド(ピーク)ラペル」と呼ばれるものを合わせるのが一般的ですが、自分好みの組み合わせにして個性を演出することができる部分です。カラー(上襟)とラペルをつなげた「ショールカラー」はオリジナリティーを出したい男性に人気です。

≪ゴージライン≫

カラーとラペルを縫い合わせた部分のことを指します。ソフトスーツが流行した1990年代には低めのゴージラインが人気でしたが、近年ではやや高めのデザインが主流となってきています。胸元のシルエットにも影響し、高めのゴージラインは高度な技術を要します。

≪ベント≫

ベントとはジャケットの背中の裾部分のスリットのことです。スマートに乗馬を楽しむために切れ込みを入れたのが始まりと言われています。中央に入れた「センターベント」はすっきりとした印象を与えることができますし、「サイトベンツ」では動きやすく、パンツのポケットに手を入れたとき等にもシルエットが崩れません。他にも「ノーベント」「フックベント」「ボックスベント」など様々なタイプがありますので、好みや体型に合わせてテーラーと相談して決めましょう。礼服の場合にはノーベントが基本です。

≪袖口≫

ジャケットの袖口は縫いとめられていて開かないということがほとんどです。既製品ではボタンはただの飾りという場合が一般的。「本切羽(ほんせっぱ)」というタイプではボタンで開閉することができるようになります。
わざとボタンを1つだけ外したり、袖口のカフスが時折見え隠れするおしゃれな着こなしも楽しめます。ボタンホールの色で遊ぶおしゃれもおすすめです。

≪チェンジポケット≫

主にブリティッシュスタイルのスーツに見られる、ジャケットの右の腰ポケットの上についた小さなポケットをチェンジポケットと呼びます。元々は「チェンジ(小銭やおつり)」を入れていたからなのだとか。ですが物を入れると形が崩れるため、今ではデザインのひとつとして採用されています。本来の腰ポケットよりも高い位置にポケットというポイントを置くことで相手の視線が自然と上に行き、背が高くすっきりとした印象に見せてくれます。

≪腰ポケット(サイドポケット)≫

ジャケットの両サイドにつく腰ポケットは目立つパーツのひとつ。フラップポケットと呼ばれるフタがついたポケットが一般的ですが、フタは「雨蓋」とも呼ばれ雨風を防ぐためにつけるものです。そのためタキシードや礼服といった、フォーマルな場で着用するスーツにはフラップはついていません。ビジネスシーンで着るスーツは、埃などを防ぐためにもフラップはついているほうが無難と言えるでしょう。きれいに仕舞いこむことが出来るため、かしこまった場では収納するように癖をつけておきましょう。

パンツ

≪裾≫

パンツの裾は一般的にはシングルですが、折り返してダブルにすることで重みが出て裾の余計なたるみがなくなります。フォーマルスタイルではダブルの裾には出来ません。夏の軽い素材のスーツを作るときなどには挑戦してみるのもいいと思います。

≪脇ポケット≫

男性にとっては使用頻度が高い脇ポケット。ジャケットの裾からも見える部分のため十分注意したいところです。手が入れやすくシンプルなのは「斜め」デザイン。パンツの脇の縫い目に沿ってポケットをつけた「ストレート」はすっきり見えるため若い男性からの支持が高いデザインです。

≪ピスポケット≫

パンツの後ろ側のポケットのことです。一般的なのは「両玉」と呼ばれるデザインでフラップをつけていないもの。物を入れる際にフラップの開閉が必要ないことから人気が高いデザインです。他にもピスポケットのデザインは多くあり、自分からは見えない部分だからこそこだわりたいという男性も多いパーツです。

その他

≪ネーム≫

ジャケットの内側に自分の名前を刺繍で入れることが出来ます。

≪内ポケット≫

携帯電話や祝儀袋など、用途に応じた内ポケットをつけることが出来ます。

≪お台場仕立て≫

内ポケットの口部分を表地で囲むことをお台場仕立てと呼びます。スーツは表地よりも裏地が痛みやすく、裏地のみ取り替えることができます。お台場仕立てを施しておくことにより、裏地の取替えの際に内ポケットを作り直す必要がありません。

スーツのパーツは挙げればきりがないほど数も種類もあるものですが、アドバイザーと相談して自分に一番合った組み合わせを選ぶのもオーダーの楽しみです。既製品では実現できなかったこだわりを贅沢に取り入れて、自分だけの一着を創り上げましょう。

HOMEオーダースーツとは > 失敗しないスーツの選び方 お奨めのスーツ用パーツの種類

▲ページトップ