「スーツ マスター」世界であなただけのスーツを作る!
オーダーメイド・オーダースーツ・メンズスーツの総合情報ポータルサイト

HOMEオーダースーツとは > 失敗しないスーツの選び方

~失敗しないスーツの選び方~

スーツ選びのポイント

スーツを選ぶ際に、最も重要とされているのが、柄やデザインではなく、自分の体型にフィットしているかです。流行のデザインだとしても、ご自身の体型にフィットしてないスーツでは、美しくスーツを着こなしているとは言えないのです。こちらでは、失敗しないオーダースーツの選び方のポイントをご紹介致します。

1.着る時期で選ぶ

夏は涼しく、冬は暖かいという季節に関係なくオールシーズン着用出来る素材があればいいのですが、そのような便利な素材はありません。まずはスーツを着る季節をはっきりと決めましょう。大きく分けると夏物・春秋物・冬物の3つに分けられます。色柄も冬物は暗く、夏は涼しく見える明るい色の素材が増えてきます。ただ春物のスーツと言っても、春に着用できるスーツは下記の4種類があります。

  • 冬中心の3シーズンもの(秋、冬、春に着用)
  • 梅春もの(1月下旬から2月中心に着用)
  • 合服(春、秋に着用)
  • 夏中心の3シーズンもの(春、夏、秋に着用)

上記(2)の「梅春(うめはる)もの」とは、主に服飾業界で使われる言葉で、冬明けから春先向けのファッションを指します。生地は防寒用で厚いですが、春らしい明るい色使いのものが多く見られます。また、「合服(あいふく)」とは、夏と冬の間に着る服で、要するに春、秋の服。「間服」とも表記されます。

2.職業や目的で選ぶ

スーツ選びでは、職業や目的によっても選び方は異なってきます。例えば、営業での外回りなど屋外での着用が多くなる場合、雨対策として水をはじく生地を選ぶことも出来ますし、屋内でのパーティーや結婚式などで多く使用するのであれば、少し光沢がある上品な素材を選ぶのもいいでしょう。最近はオフィスカジュアルを取り入れ、多少遊び心を取り入れたスーツを選ぶ方も増えておりますが、カジュアル過ぎると職場で浮いてしまう事もあります。着用する目的や職場環境などで選ぶチェック項目も変わってきます。

3.体型で選ぶ

スーツに限らず、どんなファッションでもご自身の体型にフィットしてない服装では美しく綺麗には見えませんので、体型に合ったスーツ選びは基本中の基本となります。
例えば背が高い方は縦のストライプ柄は視覚的に縦に細く見せてしまうので、引き締まって見えなくなってしまいます。濃い目のネイビーやグレーのソリッド(無地)の生地を選ぶと良いです。また背の低い方は縦に膨張して見せる効果のある縦のストライプ柄がおすすめです。またVゾーンが高めの位置になるスーツの方が背の低い方には似合うスーツと言われております。
太っている方は体型を隠そうと余裕のあるスーツを選ばれるかもしれませんが、それでは余計太って見えてしまうので、ノータックでジャストサイズのスーツがおすすめです。また生地はベージュ系の膨張色よりはダークグレー等の色を選ばれた方が引き締まって見えます。

4.トータルコーディネートを考えて選ぶ

どんなに良い素材のスーツ・ネクタイ・シャツをそろえてもコーディネートを無視してしまえば、趣味の悪さが目立ってしまう危険性があります。もちろん流行や好みもありますが、基本だけはしっかりと押さえておいた方が良いでしょう。
コーディネートする際はスーツとワイシャツをセットしてから、ネクタイを当てて全体のバランスを見て下さい。例えば無地の生地の場合は、同系色のコーディネートにどちらかにストライプ柄やワンポイントの入ったネクタイを選ぶと良いでしょう。スーツ初心者の方には無難で間違いのないコーディネートです。逆に柄あわせの場合は、スーツがはっきりとした大柄ならネクタイは無地や小柄を選びましょう。一般的にチェックとチェックやストライプとストライプの柄あわせはNGといわれています。

5.流行で選ぶ

スーツも、それほど激しくはありませんが流行はあります。最近では細身のシルエットに見えるものが若い方を中心に人気となっております。また数年前までは3つボタンが流行しておりましたが、最近は完全に2つボタンが主流となってます。ただカジュアルファッションと違いスーツでの急激な流行の変化は少ないので、スーツの買い替えのタイミングでの流行をさりげなく取り入れてみてはいかがでしょうか。

6.好みで選ぶ

どんなに良いスーツでも、気に入ったものでなければ、ほとんど着ないコレクションとなってしまいます。上記にあげた基本も参考にしつつ、ご自身の好みの色や柄を取り入れてお気にいりのスーツを購入して下さい。ただ素人判断は、危険だと考えておくと良いでしょう。どんなに自分が気に入っているものだとしても似合っていなければ意味がありません。必ず店員や友人に相談してからの購入をおすすめします。

失敗しないリクルートスーツの選び方

ビジネススーツは、誰でも着ているベーシックなものになるので、出来るだけ差が無いようで差があるものが格好良いスーツ選びとなります。基本となる選び方は、派手過ぎない・着やすい・シンプルの3つとなり、基本はしっかりと押さえつつ、自分の個性を取り入れていくと良いでしょう。

1.サイズが合っていること

ビジネススーツ選びで一番こだわりたいのは形です。自分のサイズに合ったものを選びましょう。今ではあまり販売しておりませんが、ダブルは避けてシングルを選ぶことをおすすめします。ベーシックスタイルが基本とされており、肩幅はタイトになっており、ウエストの絞りが強くなっている比較的細身の作りのスーツになります。胸の厚みを強調することで、力強さを表現する形になり、ビジネスマンに適していると言われております。

2.生地をきちんと選ぶこと

派手で個性的な生地は、ビジネススーツに向きません。オーソドックスでいつでも着ることが出来、目立ちすぎない生地を選びましょう。季節に合わせて色を変えることで周囲からオシャレなイメージを与えることが出来るので、各季節に合わせて数点持っていると良いでしょう。また、ビジネススーツは毎日着用するものになるので、ウール100%の極力シワになりにくく高級感もある物を選ぶ時の参考にして下さい。

HOMEオーダースーツとは > 失敗しないスーツの選び方

▲ページトップ