「スーツ マスター」世界であなただけのスーツを作る!
オーダーメイド・オーダースーツ・メンズスーツの総合情報ポータルサイト

HOMEオーダースーツとは > スーツの種類 フォーマル結婚式向け

~スーツの種類 フォーマル結婚式向け~

男性がスーツを着用するのは日常的な事です。しかし時に結婚式などのお祝いの席やセレモニー、パーティーなどのように非日常的な場面、しかも華やかな場に出席する事もあります。そんな時、どんな装いがあるのか、またその装いの時には決まりはどういったものがあるか、それを知る事で、ビジネスの場面では着こなしているスーツを、華やかな場面でいつもと違うスーツを着こなす事で、貴方の日常とは違う顔を演出出来ます。

正礼装

正礼装は礼装の中で正式な式典や格式の高いパーティーに着用する服装です。小物やシャツにいたるまで決まりのある正装の事をいいます。

≪昼≫

モーニングコートと呼ばれるものを着用します。結婚式の時に花嫁と一緒にバージンロードを歩く父親の装いといえば思い浮かびます。とても形が美しく、ドレス姿の女性と歩くにはぴったりの服装です。腰のラインの曲線が特徴となります。
正装なので、基本的なルールがあり、例えばシャツはウィングカラー又はレギュラーカラーシャツ、袖はダブルカフスが基本です。ネクタイは白黒の縞柄かアスコットタイをよく使用されています。モーニングコートは昼に使用する礼装の定番です。

≪夜≫

夜に使用されるスタイルは燕尾服またはタキシードです。前は燕尾服を使用される方が多くいましたが、最近ではタキシードを着用される方が多く、パーティーでは欠かせない存在となっています。現在ではフォーマルウェアの代表です。タキシードとは黒のスーツで、襟がショールカラーやピークドラベルになっているものですが、最近ではノッチドラベルのものが多くなっているのが現状です。基本の着こなしとしては、ウィングカラーのシャツ、ネクタイはボウタイで黒、又はクロスタイです。

準礼装

準礼装は結婚式や披露宴、会社の行事などに出席する時の一般的な礼装です。

≪昼≫

準礼装のお昼時に、ディレクターズスーツ又はブラックスーツと呼ばれるものが着用されます。ディレクターズスーツを分かりやすくお伝えすると、モーニングコートを簡易にしたスーツです。モーニングコートのジャケットは腰より下までありますが、この長さを短くしたタイプとなります。ディレクターズスーツを着用する事により見た目の印象がより一層見栄えがよくなります。
モーニングコートがかしこまった印象を与えるのに対して、着こなしが楽で、しかも華やかな印象を与える事が出来ます。ブラックスーツはその名の通り、黒のスーツの事ですが、これはお祝いの席で着てもお祝い事のように見えないとの感想が分かれます。
これはスーツそのものよりも、着こなし方に理由があります。黒のダブルのスーツに白いネクタイをしてチーフも使用しないのでは、あまりおしゃれな装いとはいえません。しかし、デザインをシングルにしたり、ベストをグレーにしたり、ネクタイをアスコットタイにすると華やかさが演出出来ます。ブラックスーツは1着あると重宝するスーツです。

ディレクタースーツのマナーですが、シャツはウィングカラーかレギュラーカラー、ベストはグレーかシルバーグレー、白黒のネクタイの縞柄かシルバーグレーの結び下げかアスコットタイ、チーフは麻か絹の白かシルバーグレー等と決まっています。ブラックスーツのマナーは、シャツはレギュラーがほとんどで、ネクタイは白黒の縞柄かシルバーグレーの結び下げがフォーマル、チーフは麻か絹の白かシルバーグレーとなっています。

≪夜≫

夜のパーティーに招待され、着るものに悩む…そんな時はファンシータキシードです。ファンシータキシードとは黒以外のタキシードの事です。昼間に比べるとその方の個性やセンスが問われる場面ですし、昼間よりは華やかになります。素材にも上質なものやカラフルなもの、光沢のあるものが使用されます。黒のズボンを合わせるのは基本ですが、上下同色のファンシータキシードも増えています。ネクタイはアスコットタイやクロスタイを合わせます。合わせ方によって印象が変わります。

略礼装

略礼装は正礼装とはかなり異なり、簡略にした礼装です。例えばレストランウェディングや仲間うちのパーティーなど、公式な場面ではない時の礼装です。

≪昼≫

ダークスーツやブレザースタイルを着用します。最近増えてきたレストランウェディングや親しい人達とのパーティーにはこのスタイルです。フォーマルなスタイルにこだわらなくていい場面では、ダークスーツにネクタイというスタイルで出席します。
この場合のダークスーツとは濃紺やグレーの無地のスーツの事です。何着か持っていると、かなりの場面に対応出来るスーツです。略礼装でもう少しフォーマルに見せたい時は、ネクタイは白黒のモーニングタイやシルバータイ、それにベストやポケットチーフを加えるとよりフォーマルな装いです。

≪夜≫

ダークスーツやジャケットを着用します。夜のパーティーやプライベートの集まりではビジネスを感じさせるようなスーツは避けて、華やかさを心がけます。普段の自分と比べたら派手かもと思う位で大丈夫です。ジーンズなどのカジュアルなパンツをあわせるならカフスやポケットチーフ等を活用してみるなどパーツポイントを一つ変更し、フォーマル感を出すとより魅力的です。

このように、ひとことで結婚式向けのスーツと言っても多種多様です。それは最近結婚式のスタイルが多様化してきたことが背景にあるのではないかといえます。リゾート地での挙式やレストランウェディング、たくさんの人を招待しての華やかな披露宴など様々です。招待してくれた方が、どんなスタイルで出席するのを望んでいるのかを聞いてみるのもいいですね。

HOMEオーダースーツとは > スーツの種類 フォーマル結婚式向け

▲ページトップ