「スーツ マスター」世界であなただけのスーツを作る!
オーダーメイド・オーダースーツ・メンズスーツの総合情報ポータルサイト

HOMEオーダースーツとは > スーツの種類 フォーマル葬儀向け

~スーツの種類 フォーマル葬儀向け~

葬儀向けのフォーマルスーツについて

故人を偲ぶ式典や葬儀・法事・告別式などに着用する服を「ブラックスーツ」又は「ブラックフォーマルウェア」と呼びます。男性のブラックスーツは、催しが行われる時間帯や、出席する立場・格式などによって、下記の3つに分類することが出来ます。

≪1.正礼服≫

昼間の正装で、主賓が身につけるモーニングことを指す。黒の上着とベストで、白黒縞のパンツが基本。
ネクタイは、慶事には、シルバーやグレーの縞。弔事には、黒無地を使用する。
夜間の正装は、タキシードで、上着とパンツは共生地であり、側章と呼ばれる飾りテープがパンツの両脇に1本入っている。ネクタイは黒のチョウタイで、カマーバンドをするのが基本。

≪2.準礼服≫

ブラックスーツよりはワンランク上で、正礼服よりは、軽快なスタイル。
黒の上着にグレーのベスト、モーニング用の縞のパンツを組み合わせたもので、ネクタイは、縞か無地。

≪3.略礼服≫

昼夜兼用のスタイルで、一般的に、フォーマルウェアといえば、このブラックスーツの事を指す。
日本だけの礼服文化から生まれた装いで、黒の上着・黒のパンツが基本だが、種類も豊富であり、シングル・ダブルなどの決まりもない。
慶事には、シルバーやグレー系のもの、弔事には、黒無地とネクタイを変えることで、両方に使用することが出来る。

「ブラックスーツ」は、3の略礼服に属しており、日本国内の冠婚葬祭で、参列者はこのブラックスーツ一着で対応することが可能です。通夜や葬儀に弔問する際は、遺族の正装より格上にならないように、略礼服を選択するのが良いでしょう。
上着は、シングル・ダブルどちらでも可で、パンツは、上着と共生地のもの。シャツは、白のレギュラーカラー。ネクタイ・靴下は、黒無地。カフスは、銀台で黒オニキスなど華美でないもの。靴は、光沢のない紐靴で、ストレートチップやプレーントゥが適しており、スエード生地や金具の付いたものは避けましょう。ネクタイピンやポケットポケットチーフは、身に付けないのがマナーです。結婚指輪や腕時計以外の装飾品も避けるべきです。

喪服とブラックスーツ

喪服は、喪主又は親族・近親者なのか、仕事関係・近所の方なのか、故人との関係によって、装う礼服が異なります。喪服にも、『正喪服・準喪服・略喪服』と、3つの分類があり、正喪服は、肌を露出させないデザインで、夏でも長袖が基本です。光沢の無い素材で色は黒に限ります。喪主・親族・近親者など故人に最も近い立場の人が着るのが相応しく、準喪服というのが、ブラックスーツが属する分類で、シンプルな装いで、正喪服より改まっておらず、一般的な葬儀や一周忌の法要に向いています。会葬者にも相応しい服装です。略喪服というのが、黒に限らず、紺やグレーの無地の装いで、急な弔問や通夜、三回忌以降の法事に相応しいとされる服装です。
お通夜の前の弔問では、遺族は、喪服を着てはいけないことになっています。突然の訃報ですので、黒又は、黒に近い色の平服や準喪服で構いません。そして、お通夜の時は準喪服、葬儀の際は、正喪服と着替えることが一般的です。弔問者は、お通夜の段階から、正装で駆けつけるというのは、あらかじめ訃報が入ることを想定していたかのようにとられる場合もありますので、逆に失礼にあたります。

ブラックスーツの着回し

葬儀や、法要においては、ブラックスーツ以外の礼服は思い当たりませんが、その他に、慶事や祝事にもブラックスーツは着回せます。普段着る機会の少ない礼服ですので、出来るだけ多くのシーンで活用したいものです。スーツを選ぶ際、同じ黒でも、デザインや素材は様々ですので、着回しのきくデザインを選んでおきたいものです。ただ地域によっては、冠婚葬祭のスタイルも異なり、主催者との関係や、立場によっても異なるので、その辺りを考えてセレクトする必要があります。そして、黒は小物によってかなり変化しますので、黒を上品に着こなす小物テクニックを磨く事も必要です。

ブラックフォーマルになった歴史

ブラックスーツなどの礼服を紐解けば、元は、白だったという事はご存知でしょうか?時代劇の切腹シーンなどを思い出してみると、白装束を着ています。実際に、文献などにも、白だった事が記されています。それがいつ黒になったのでしょうか?
平安時代に出された養老喪葬令で、黒染めの色を着用することが定められ、黒が定着しました。ところが、室町時代には、また白が復活。その理由として、黒染めをするには、染料が必要であり、手間もかかったため、黒の喪服が薄れていったと考えられています。そして長い間、喪服は白という時代が続き、明治維新のきっかけで、欧米諸国の影響を強く受け、喪服は黒と正式に認定されました。そして戦後になり、葬儀が増えてくると、貸衣裳店が白より汚れの目立たない黒を取り揃えた事により、急速に黒の色が普及していくことになります。

HOMEオーダースーツとは > スーツの種類 フォーマル葬儀向け

▲ページトップ