「スーツ マスター」世界であなただけのスーツを作る!
オーダーメイド・オーダースーツ・メンズスーツの総合情報ポータルサイト

HOMEオーダースーツとは > オーダースーツの着こなしテクニック

~オーダースーツの着こなしテクニック~

オーダースーツの着こなし「基本のキ」をご紹介致します。あくまで基本ですので、基本をベースとし、貴方なりの着こなしのヒントとしてご参考下さい。

TPO別着こなしテクニック

TPOとは、御存じのとおり、TIME(時)・PLACE(場所)・ OCCASION(場合)の頭文字をとった略語。今回は特に失敗出来ない冠婚葬祭を例に挙げてそれぞれのシーンに合った着こなしを紹介します。

≪1.弔事の場合≫

ブラックかネイビーのスーツに、白シャツの着用が基本です。靴・靴下・ベルトの小物類も、ブラックかネイビーで揃えます。ただし、ネイビー濃紺は「敬愛・忠誠」を表現する色として、決してはずれはありませんが、やや高度なテクニックではあります。心配な方は無難であるブラックがおすすめです。ブラックスーツは昼夜を問わず、ほとんどの慶事・弔事に着用出来ます。スーツ同様大事なのがネクタイです。告別式・お通夜以外の法要に着用するグレーのネクタイがあります。いざという時のために法事タイを持っておくと便利です。

≪2.結婚式の場合≫

ブラックのスーツが通常です。しかし最近では、ブラック以外のスーツも多く見受けられます。結婚式では、新郎新婦を祝福する気持ちが伝われば、少しくらいのおしゃれは可能です。グレーやネイビーのスーツでも構いません。靴はローファーなどではなく、ひも靴がマナー。オーダースーツの良さを際立たせるには黒のストレートチップが望ましいです。ネクタイをシルバー系に変えるだけで、十分フォーマルな印象になります。

体型別着こなしテクニック

サイズがピッタリのオーダースーツを作っても、着こなし次第ではせっかくのスーツが台無しになってしまいます。ここでは体型別の着こなしテクニックを紹介していきます。

≪1.細身な方の着こなし術≫

スーツの色は、ベージュやライトグレーなどの膨張色を選ぶようにすると、細身な方の体のラインを全体的にカバーする事が可能です。逆にブラックやネイビーなどのダークカラーは収縮色なので細身の男性は避けたほうが無難です。 この時、シャツは真っ白よりもアイボリー系で織りが厚めのものを選ぶのもおすすめです。ネクタイにボリューム感を出す事も、かっこよく見せるためのワンランク上のテクニック。ジャカード織りなど素材感のあるものや、光の陰影が立体感を出す光沢のあるシルクタイなどがおすすめ。細身の男性は胸板が薄くてお悩みの方が多いですが、胸ポケットにチーフを入れておくと、簡単にボリュームアップが可能です。

≪2.丈をカバーする着こなし術≫

実際に背を高くしたり、体格を良くしたりすることは出来ませんが、着こなし方次第で高く見せる方法ならあります。スーツの色は明るめのグレーで、ストライプの線が入っているものを選ぶと、背を高く見せる効果があります。パンツもジャケット同様、細身のものを選ぶと、背の低さをカバーできます。 Vゾーンは細めで明るい色のネクタイを選ぶことで縦長のラインを強調出来るのでおすすめです。小物も同様、明るい色のバックや靴を選ぶと重く見えません。明るめの色で統一感を出すようにすることで、より一層オシャレに見えます。

≪3.引き締めて見せる着こなし術≫

横に体型が広がり気になる方は、体型をカバーするスタイリングで細く見せることが可能です。まさに収縮色であるブラックスーツの活躍の場です。他にもネイビーなどダークカラーで引き締めましょう。ピンストライプが入っていればシルエットを縦長に見せることが出来ます。シャツの襟は大きめのワイドスプレッドタイプを選ぶのがコツ。太めの首でも暑苦しく見えません。 襟が高いものや、首が詰まったデザインは極力避けましょう。色は薄い青を選ぶと涼しげに見えます。

これは"NG"着こなしの例

せっかくジャストサイズのオーダースーツを作っても、着こなし方がわからずに周囲からの印象が悪くなってしまってはもったいないですよね。スーツを着る時のNGポイントをまとめてみましたのでご参考下さい。

≪1.ポケットに物をつめ込む≫

携帯電話、財布、名刺入れなど。ビジネスマンとして携帯すべきものは様々ございますが、出来るだけポケットに入れるものは少なくするように心がけて下さい。ポケットに物を詰め込むことで、スーツのシルエットも崩れてしまい、だらしない印象となってしまいます。

≪2.スニーカーを履く≫

オーダースーツやオーダーシャツは作っても、靴は既製品を購入される方が多いですよね。スーツの着こなしは完璧でも靴の選び方を失敗してしまっては、せっかくのオーダースーツが無駄になってしまいます。 レザー素材であろうが、デザイナーズブランドであろうが、スニーカーは厳禁。だらしがなく、上司や取引先の人などにも悪印象を与えてしまいます。さらに革靴でも、赤など色が強いものはスーツと調和させるのが難しいので、避けておいた方が無難です。

≪3.シワだらけ≫

ジャケットの場合は胸や肘裏、パンツの場合は膝裏にシワができやすいので、着る前に確認するようにしましょう。オーダースーツは本人の体型に合わせて作られているので、比較的シワが出来にくい形になっていますが、着用頻度が高いと、どうしてもシワは出来てしまうものです。定期的にアイロンをかけたり、シワ取りスプレーをかけたりしましょう。

≪4.スーツのボタンは全部留めない≫

上衣のボタンを全部留めている人がいますが、2ボタンなら上の1つ、3ボタンなら上の2つといった様に、一番下の釦は留めないのが基本です。

≪5.ネクタイのポジション≫

長すぎ、短すぎという極端なネクタイはNGです。オーダースーツの魅力を生かすために、ベルトバックルを半分くらい隠す長さに調節しましょう。

≪6.ベルトを締めすぎている≫

オーダースーツは細かく採寸して作られているので、パンツのウエストが大きすぎるということはありません。よって、ベルトを締めすぎる必要がないのです。ベルトの穴は通常、5つか3つの奇数個開いていますが、オーダースーツを着用している場合、中間地点箇所以外は使いません。

≪7.白いソックスは履かない≫

ビジネススーツは通常、ブラックやネイビーなどダークカラーが多いもの。色合い的に浮いてしまうので、白は控えましょう。

HOMEオーダースーツとは > オーダースーツの着こなしテクニック

▲ページトップ