「スーツ マスター」世界であなただけのスーツを作る!
オーダーメイド・オーダースーツ・メンズスーツの総合情報ポータルサイト

HOMEオーダースーツとは > オーダースーツを着る人物像

~オーダースーツを着る人物像~

オーダースーツを着る人物像について

日本に、スーツの伝統がもたらされたのは、イギリスとアメリカからです。イギリスからは、手作りの技法を代々受け継いでおり、一方のアメリカからは、経済的で尚且つ量が必要なため、スーツを工場で大量生産する機械製法が伝わりました。
現在、既製服が大半を占めるのは、イギリスのフルオーダーの伝統を、アメリカの機械製法の伝達によって、隅に追いやってしまった背景があるからです。現在、既製スーツが当たり前になった世代には、『人と同じ物は着たくない』『個性を出したい』『シーンに応じて、着るものをお洒落にしたい』と考える人が多くなっています。そして、現代において、スーツ着用が義務付けられた会社も多いようです。スーツ=仕事着という方も少なくないのではないでしょうか? スーツをカチッと着こなすことで、気が引き締るという方もいらっしゃると思います。実際に、暴力行為の多いアメリカの学校で、私服から制服着用を義務付けたところ、暴力行為が減り、規則を守る生徒が増えたというデータもあるそうです。
ビジネスにおいても、相手へ誠意や気持ちを伝える意味で、スーツは大きな役割を果たしているのではないでしょうか。そして、今や豊富な種類やブランド製品の進出により、カッコイイ大人のファッションとしてその地位を確立しています。人が、決められたパターンのスーツを着る時代ではなく、着る人がパターンを選択する時代なのです。

自分演出にオーダースーツを

オーダースーツを家の中で着用している人はいません。仕事やデート・パーティーなどの機会に着用する機会が多いと思います。スーツはオジさんファッションというイメージから、お洒落着へと変化した今、いわばオーダースーツは、非日常の演出が出来るアイテムなのです。コンサートや高級レストラン、披露宴会場など、仕事以外の場でもスーツの着用が求められる場所が増えています。こういった場所へ赴く際、正装が求められる場ですので、いつもとは違うモードに切り替わるのではないでしょうか?
人間の心と行動の関連性は強いといわれています。あらゆるシーンで、スーツにおしゃれを求めることが、男を磨くことへ繋がり、カッコイイ自分を創ることで、洗練されていくように思います。就職の時に買った着慣れないスーツも、3年・5年と着ていくと、徐々に似合ってくるものです。ただの仕事服というイメージから、気分を変えたり、自分をお洒落に演出してくれるアイテムとして、オーダースーツを考えてみてはいかがでしょうか。

見直されるスーツの作り方

既製服が溢れる現代こそ、見直されているのがスーツの作り方です。現代においてオーダーメイドを求める人は、いつ、どこで、どんなシーンにスーツを使いたいのか?を考え、それに応じて数種類のスーツを着こなす事こそお洒落と捉える人も多いようです。
さらに意味のあることには、高価なものにもお金を出すという傾向があるようです。手作業で、自分の為だけのスーツが仕立てられるとあれば、多少値は張ってもそれだけの満足度が得られる事を重視する方は多くいらっしゃいます。これまで、既製品を提供されるだけだった消費者が、生地やディティールを選択するように、オーダースーツを作る方法も選択出来る時代になっています。ただ、品質に関係なく、ブランド志向の人も多いため、本来のオーダースーツの良さに気がついていない方がいる事も現状です。
本当に着心地がよく、自分に合ったスーツを知るために、誰にでもお勧めしたいのが、オーダースーツなのです。ファッション業界で先をゆく、イギリスやイタリアの手作りの技法が、日本には伝わっているのですから、スーツの文化でその伝統を守っていくことは必須といえます。

既製スーツが着られない体型の方へ

ストレスやうつ病などの現代病によって、ネクタイを締めれない、スーツを着ると疲労感があり、肩こりや頭痛を引き起こすという方もいらっしゃるようです。流行りや時代背景によって、スーツの形態は様々に変化しています。ビジネススーツであれば、ほぼ毎日のように着用する服です。例えば、右に頬杖をつく癖があれば本人の意識はなくとも、身体には、ゆがみが生じてきます。現在のスーツの傾向としては、細身でスタイリッシュなものが主流になっています。そういった既製スーツを、お洒落感や、見た目重視で無理して着ていることはないでしょうか?
オーダースーツは、高級志向やこだわりが無くとも、どなたにでも挑戦出来るものです。自分に合ったスタイルを着ることが、本来のお洒落ではないでしょうか。「衣・食・住」というように、着るものは、日常の生活動作で、基本となる部分ですので、ストレスなく着こなしたいものです。

HOMEオーダースーツとは > オーダースーツを着る人物像

▲ページトップ