「スーツ マスター」世界であなただけのスーツを作る!
オーダーメイド・オーダースーツ・メンズスーツの総合情報ポータルサイト

HOMEオーダースーツとは > オーダースーツを着るシーン

~オーダースーツを着るシーン~

オーダースーツを着るシーン

日常で既製スーツを着用されている割合が多い中で、オーダースーツを着用したくなる時があります。特に、営業の方は現在抱えている商談を成功させたい時。クライアントとのゴルフでの接待。プライベートでの由緒正しい結納時など、それぞれに"ここ1番"といった場面でオーダースーツを着用されている方が多いようです。既製のスーツよりもオーダースーツを購入したいと思われる方の中には、長時間スーツを着ておかなければならない為、より疲れにくいスーツを着たいといわれる方の声が多いのが特徴です。

オーダースーツを着るシチュエーションとして、ビジネスでの場面・フォーマルな場所での場面・カジュアルな場面に分けられます。

≪ビジネスでの場面≫

ビジネスの場面では交渉術も必要となりますが、見た目も同じくらい大切になってきます。相手からの印象や、自分が相手からどのように見られているかという事が重要なポイントとなってきます。細かい箇所までこだわりを持つ事で相手から"細かい箇所までマメに施している"とみられ、相手に好印象を与えてくれます。

≪フォーマルな場所での場面≫

冠婚葬祭など多くの人の視線を集める場面や人生の節目できちんとした装いで気持ちも新たにスタートしたい時、オーダースーツの出番です。普段はお手頃価格の既製スーツですませていても、たくさんの人から見られる時にはその人の印象は相手の記憶にずっと残るものです。そんな時、自分の体型にぴったりあったスーツ、自分に最も顔写りがよく作られたスーツを着用する事で、周りの方から見られる視線も今までと異なるものになります。

≪カジュアルな場面≫

パーティーやイベントなどの華やかな場面では、ビジネスの時とは違ったオーダースーツでいつもとは違う自分を演出する事も効果的です。ビジネスの際には着ることが出来ないデザインや色など、個性的で遊び心が入ったデザインのオーダースーツだと、普段顔をあわせている人も貴方の違う一面を見て、新鮮に思えます。また、小物を上手にワンポイント使用することで個々のセンスをさりげなくアピールするのもオーダースーツの魅力をいっそう引き立てます。

時間やONとOFFで区別

時間帯によって着用するオーダースーツを変えるのもおしゃれのひとつです。仕事中は渋い色のオーダースーツで決め、相手に安心感を与えるような印象のスーツを着ていても、仕事後のプライベートな集まり、飲み会やデート、それに華やかなパーティーなどには明るめの色のオーダースーツや、デザインに遊び心のあるオーダースーツに着替えるのもおしゃれ度が断然グレードアップして見えます。仕事で使用出来るデザイン、プライベートで使用出来るデザインとそれぞれありますので見極める事がより一層大切になってきます。 休みの日であればどのようなオーダースーツを着ようとも誰からも文句は言われません。 休日にはお気に入りのオーダースーツで楽しむ事も可能です。

またスーツとしての着こなしだけでなく、ジャケット、ズボンとそれぞれ別のカラーで着こなす事も上級者ならではです。明るい色のジャケットにジーンズで外すスタイルは気軽なパーティーでも使われているスタイルのひとつです。カジュアルなパンツを合わせ、季節感を出す事も可能です。仕事の際には着用が難しいデザイン、例えばマオカラーのスーツなどを着るのも気分が変わり、よりONとOFFの区別をつけやすくなります。

素材で区別

フォーマルなシーンとカジュアルなシーンを区別するには、オーダースーツの生地を確認すると非常に分かりやすいです。フォーマルなシーンでは高級な生地を使用したオーダースーツが多く、素材は羊の毛で細かい糸が使用されている薄手のものが多い事が特長です。生地が繊細で織り方のバリエーションが楽しめる上、長く愛用できるオーダースーツです。これに対してカジュアルなシーンでのオーダースーツはフラノやツイード等のような厚手のものが多く、特徴的です。ジーンズやカジュアルなパンツにもっとも相性がいい素材です。

以上のように、オーダースーツを着るシーンは様々な場所で使用されています。クオリティの高い素材オーダースーツを着用する事で、いつもとは異なった印象を表現する事が可能です。現在でも様々なシチュエーションで活用されており、年々オーダースーツを利用されている方が増えている事も確認されております。

HOMEオーダースーツとは > オーダースーツを着るシーン

▲ページトップ