「スーツ マスター」世界であなただけのスーツを作る!
オーダーメイド・オーダースーツ・メンズスーツの総合情報ポータルサイト

HOMEオーダースーツとは > オーダースーツの種類 イージーオーダー

~オーダースーツの種類 イージーオーダー~

イージーオーダースーツとは

イージーオーダーとは、和製英語で「easy」と「order」を合わせたものであり、オーダーメイドと既製服の中間にあたります。フルオーダーよりも手軽で、簡単にオーダースーツを作るサービス形態の事を指しています。
お客様の体型に添って、型紙の作成を一から行うオーダーメイドとは違い、仕立て屋が持っている100種類以上もの既存の型紙から、お客様の体型に近い型紙を使用し、補正を加えながら製作していく製法です。気軽に安価でオーダースーツが作れるというのが最大の魅力です。『標準体型ではあるが、好みの生地がない』『既製服では若干、丈が短い』などのお悩みをお持ちの方に向いています。
ただし、あらかじめ決まったパターンの型紙で製作するため、細かい部分の調整には、限度があり、製作側との話し合いが必要です。標準体型であれば、比較的サイズ感も合い、フルオーダーのような、自分の体型に近いスーツを作ることが可能ですが、採寸して自分の体型で型紙を起こし、製作するわけではないので、完璧な100%のフィット感を得ることや、自分オリジナルのスーツに仕上げることは難しいです。

フルオーダーとの違い

フルオーダーは、お客様の体型に添って採寸し、自分の体型同様の型紙を起こして製作を行っていく段階で、全て指定が可能ですが、イージーオーダーの場合は、既存の型紙から、お客様の体型により近いものを抽出し、細部の調整を行っていきます。ですから、調整出来る幅が限られています。
例えば、ある部位で4cmほど調整を加えたいのに、2cmしか調整が利かない場合もあります。フルオーダーは、デザインを考え、細部まで決定事項が多く採寸などにも時間がかかるのに比べ、スーツのデザインがある程度決まっているため、スーツに関する知識や要望が少なくても、何となくのイメージでサンプルなどを元に、既製品よりも満足感の高いスーツを作る事が可能です。さらに、生地や色の選択肢は、豊富な種類から選べます。

初めてオーダースーツに挑戦される方にはこのイージーオーダーがお勧めです。イージーオーダーでは、製作の段階で仮縫いが無く、フルオーダーのように仮縫いの後で、微調整をする工程がありません。そして、製作方法が大きく違います。型紙起こしから、裁断・縫製・仮縫い、全ての工程を手作業で行うフルオーダーと違い、機械での作業が入ってきます。これにより価格帯に差が出てきます。機械による工程が入ることにより、仕立て側の手間や負担が軽くなるため、価格もリーズナブルになります。

イージーオーダーのメリット

イージーオーダーのメリットは、フルオーダーに比べ、アレンジ度が低いため安価でオーダースーツが作れる点です。100種類以上の型紙パターンがあれば、日本人の大半の体型をカバー出来るとも言われており、この型紙をどれだけたくさん持っているかで、同じオーダースーツのお店でも金額の差が生じます。
パターンオーダーでは、既製服を調整して完成させるのですが、細部のシルエットやデザインの変更は出来ず、お直しをするという感覚です。フルオーダーとなれば、手作業で手間もかかるため価格帯も高くなります。上質で最高級のスーツを手に入れたい方にとてもお勧めです。その点、イージーオーダーでは、用途に合った生地やデザインを何種類もの中から選択出来る上に、細かい部分はある程度スタイルが決まっているので、あとは、イメージや要望を加えながら自分好みに調節することが可能です。
まさにフルオーダーとパターンオーダーの良いとこ取りといった点が魅力的です。パターンオーダーが納品まで約1週間なのに対し、フルオーダー同様、納品までの期間は3週間くらい掛かりますが、フルオーダーに劣らないフィット感とデザイン性が実現できます。

イージーオーダー安価の理由

イージーオーダーはフルオーダー・パターンオーダーの中間に位置しているため、種類も様々で、「イージーオーダー」と称されているものの中には、既存の型紙を使用し中国製機械ですべての作業工程を行うものから、機械で型紙を一から起こして手作業で裁断し、機械縫製するものまで様々なものが含まれています。
最近では、パターンオーダーとの境がなくなりつつあり、既製品のお直しの幅を超えた調整を可能にしているお店もあるようです。こうした製作方法の違いや、海外から安価で生地を仕入れ、コストを抑えることで、低価格が実現しています。いくら上質な生地を選択し、スーツを仕立てても縫製が優れていなければ、着崩れの原因になりますし、縫製が良くても生地の質が劣ればシワが出てきます。これでは、大量生産の既製服と差がありません。しっかり、作業工程を把握した上で、オーダースーツに追求するものを考えましょう。そして、自分のこだわりがどの製法によって、実現可能なのかを仕立て側としっかり話し合うことが必要です。

HOMEオーダースーツとは > オーダースーツの種類 イージーオーダー

▲ページトップ