「スーツ マスター」世界であなただけのスーツを作る!
オーダーメイド・オーダースーツ・メンズスーツの総合情報ポータルサイト

HOMEスーツの豆知識 > スーツ用語集 さ行

~スーツ用語集 さ行~

採寸

衣服を仕立てるため、必要な身体の各部分の寸法を測ること。服の仕上がりに大きく影響する。

サーティースルック

サーティース(1930年代)に流行した背広のスタイルで、それを現代風にアレンジしたもの。ボールドルックと同義で、肩幅がやや広くて張りがあり、衿幅は広く、上着丈も長い。柄もチョークストライプなどボールドなものが主で、その代表的なものは1930年代のシカゴギャングたちの服装に多く見られる。

サイド・シーム

上着やスラックス、コートなどの脇線の縫い目のこと。

サイドプリーツ

シャツの後身頃のボディ型。レギュラーやワイドカラーでよく使用されるもの。

サイドベンツ

背広、上着のベンツ(後ろの割れ目)の1種で、 両裾脇が開いているもの。ヨーロピアン調のものに多く見られるがコンテンポラリーモデルでは、ごく浅くとられたものがある。深く割られたものをディープサイドベンツという。日本では、俗に「剣吊り」と呼ぶ。

サイドポケット

上着やスラックスなどの、脇ポケットの総称として用いられる。 背広のそれはウエストポケット、ロウアーポケットとも呼ばれる。

サヴィル・ロウ

ロンドンの西端にあるストリートの名前で、一流の有名な紳士服の仕立て屋(テーラー)が軒を連ねる。スーツ発祥の地と呼ばれるロンドンでも、有名な仕立て屋はここに集まる。一説には「サヴィル・ロウ」が訛ったものが日本語の「背広」となり、語源であるとも言われている。

サクセススーツ

成功するためのスーツといった意味。 この言葉自体は10年以上も前の流行語だが、社会の要求に応えて再び使われるようになってきている。いわばビジネスマンの、出世するための勝負服といった趣がある。特に決まった色・柄のスーツというわけではなく、このスーツで行くと商談がいつも成功する、相性が良い、自分に似合っているなど、自分にとって自信を持てるアイテムという意味。

サックスーツ

いわゆる「背広」のこと。 アメリカで背広に対して使われる言葉で、シングルブレステッドのスーツのこと。イギリスでラウンジスーツと呼ぶのに対して用いられる。背広の上着はサックコートと呼ばれる。共に「袋のようにゆったりした」の意味が由来。

サドル・ショルダー

ラグランスリーブのように見えるセーターの肩スタイルのこと。実際それと同じ作り方になっているが、特にセーターなどニットウエアに用いる言葉。

ジェッテッドポケット

両玉ブチのポケットのことで、ダブルパイピングポケットともいう。

刺子織

シャツの用語で、平織りなどの生地に刺繍をしたかのようにやや太めの糸を浮かせて織り、ストライプやチェックといった柄・模様を表現したもの。

シーアイランドコットン

世界三大超長綿の一つ。超長綿の中で最も毛足が長い。カリブ海西インド諸島産で、英国皇室御用達のコットンとしても有名。

シー・ピー・オー・シャツ(CPOシャツ)

CPOとは、チーフ・ぺティ・オフィサー(アメリカ海軍下士官)のこと。彼らが艦上で着用した、両胸に大きなパッチアンドフラップポケット、肩にエポーレットを付けたスポーツシャツのこと。派手なチェック柄を特徴とし、裾を外に出して着るアウタータイプのジャケットとして、アイビー・ワードローブに欠かせないもの。

シーム

「縫い目」のこと。 縫い目に沿ってかけられたステッチをシームステッチ、縫い目のないストッキングをシームレスストッキングという。

シェファード・チェック

シャツの柄で、別名を小弁慶格子という。地色に黒か茶・赤などの濃淡2色の構成で同じ幅の小さなチェック柄。

ジェントリー・フレヤード

フレヤード・スラックスの中でも、ごくおとなしい感じのものを指して呼ぶ。特にヨーロッパ調のファッションの影響を受けたトラディショナルモデルのスラックスのシルエットをさすことが多い。ニュートラディショナルを象徴する言葉。

システムオーダー

=イージーオーダー、セミオーダー

シックンシン・ストライプ

シャツの柄で、別名親子縞。太い線と細い線が一組になっている縞を並べたストライプ。

ジップ・スーツ

前開きをジップフロントにしたジャケットをもつスーツの総称。 また、ジャンプスーツに似たもので、上着とスラックスをジャンパーでつなぎ、取り外し可能とした服のこともこう呼ぶ。

ジップ・フロント

前開きをジッパー留めにしたフロントデザインの総称のこと。

ジャガード

シャツ用語。変わり織の一種で、ジャガード織機を使って織られた紋模様(柄)のこと。

ジャーマン・コンチネンタル

コンチネンタルモデルのひとつで、ドイツ型のもの。 全体に保守的なイメージがあり、カチッと決まったスタイルが特徴。ナチスの軍服などに見られるように、直線的でエレガントな雰囲気を好むのがドイツ人の国民性だともいえる。

ジャック・シャツ

大格子柄の厚手紡毛地などで作られるシャツカラー。水平にカットされた裾が特徴。短い丈のアウター・ジャケット。CPOシャツの別称でもある。

シャツ・カラー

衿腰の付いたシャツカラーの総称をいう。 また、ジャケットなどの衿型の1種でシャツタイプのものもこう呼んでいる。

ジャック・スーツ

ジャンパー型の上着と、共地のスラックスを組み合わせたスーツのこと。形は、ジップ・スーツが前開きをジップフロントとしたものの総称であるのに対して、ジャンプ・スーツはシャツとズボンがつながり、一体となったスーツのことを意味することから、「つなぎ服」の同類。

シャツ・スーツ

ノンスーツの1種。 シャツのようなデザインの上着とスラックスでスーツを構成したものを言う場合と、シャーティングでスーツに仕立てた場合の両方を指していう。

シャドー・ストライプ

シャツ用語。撚り方向の違う糸を組み合わせて使い、それによって形成されたストライプ。

ジャズ・スーツ

第一次世界大戦後に流行したスーツの呼称。 ペッグトップモデルのトラウザースにナロー・ショルダー(狭い肩)のジャケットを組み合わせたスタイルである。ジャケットは特にディテールに凝っていて、胸が極端にフィットし、裾で大きく広がるフレヤード型であり、背中はプレーンまたは、ピンチバックコートのようにしたものもあった。多くは深いセンターベントでボタン数は1,2,3個と種類も多かったのが特徴。

シャワー・スポット

シャツの柄で、色々な大きさの点が不規則に並んだ水玉模様。

ジャンプスーツ

ノンスーツの1種。 上下がひとつなぎになった服のこと。特に、ニットやジャージなどの伸縮性に優れた素材、ファッショナブルな色や柄の素材で作られたものをいう。デザインのバリエーションが多い。

シャンブレー

シャツ用語。経糸に色糸・緯糸に白糸を使用して織った平織りのもの。薄手で艶があり、淡いパステルカラーが特徴的。

ショーターポイント・シャツ

衿先がより短くなったシャツの総称。 現在、シャツ衿は確実に短く小さくなっていく傾向にあって、ショート・ラウンデッドカラーやショート・ボタンダウンカラーなどのさまざまなデザインが登場している。

小弁慶格子

シャツの柄で、シェファード・チェックのこと。地色に黒か茶・赤などの濃淡2色の構成で同じ幅の小さなチェック。

ショートポイントカラー

シャツの用語。レギュラーとほぼ同じ開きで、えり羽の短い襟型。

ショウルカラー

衿型の1種。 日本語では「へちま衿」と呼ばれるもので、ショール(肩掛け)のような感じに首元にたれる衿のことをいう。タキシードに多く用いられる。

ショルダーヨーク

シャツ用語で、肩の部分に入れられる当て布のこと。

ショルダー・ライン

肩線、なかでも背広ジャケットのそれを総称する。 肩線は背広全体のシルエットを決定付ける大切な要素。ナチュラル&ナロー・ショルダー・ラインはトラディショナル型を、コンケーブ・ショルダーラインはヨーロッパ型の背広をそれぞれ代表している。

シルク

日本名絹のことで、蚕の繭からとった天然の繊維。

シルケット加工

濃度の高い苛性ソーダーを使って、生地を引っ張りながら乾燥させることで美しい光沢や独特の風合いを生み出す加工方法のこと。マーセライズ加工ともいう。

シングル・カフス

シャツの袖口を、ひとつのボタンで留めるものをいう。シャツの袖口の多くは1個ボタンで留められるが、スポーティなものや変わった形のシャツでは2個または3個ボタン留めとするものもある。また、横にボタンをふたつ並べて袖口の広さを調整できるようにしたタイプも現れている。これはツーボタンアジャスタイルカフと呼ぶ。

シングル・ブレステッド

ジャケットやコートなどの前の打ち合わせがシングルになっているものの総称や、またそうしたスタイルのこと。一般に「片前」という。この場合の衿型はノッチドラペルが使われるのが主流である。

スーツ

ジャケット、ベスト、スラックスの3つ、またはジャケットとスラックスのふたつを同生地・同色柄で仕立てた一式のこと。一般にいう「背広」で、前者をスリーピーススーツ(3つ揃い)、後者をツーピーススーツ(2つ揃い)と呼ぶ。ツーピース型はスリーピース型の略装とされているが、新しい概念のスーツでは必ずしもこの型式をとらないものが多くなってきている。

スート・スーツ

上下を共地で仕立てた、ごくオーソドックスなスーツを強調して言う言葉。デュオス、トリオスなどこれまでの概念を超越したスーツが数多く登場して久しく、上下が必ずしも共地でなくてもスーツと呼ぶ考え方が徐々に一般化している現状から「正確な背広」という意味であらわれた用語。

ズート・スーツ

1940年代初期に流行した、極端にだぶだぶしたシルエットを特徴とするスーツ。大きな肩パッドに膝までの長い上着丈、裾口で急につまった感じのスラックス(ペッグトップスラックス)を合わせる。品の悪い輩の好んで着たスーツであったが、クラシックリバイバルの影響で、復活しそうな気配がある。ちなみに"ズート・スーツ・ルック"を着込んだ若者たちのことを"ズート・シューター"と呼んで、大人たちは軽蔑していた。

スーパー100's

このスーパー○○とは、 その服地に使われている原毛(ウール)の細さを表していて、良い生地を見分けるための一つの要素となっている。 数字が大きいほど細い毛になり、例えばSuper100'Sの場合18.5ミクロン(1ミクロンは1/1000ミリ)という細さになる。 ウール100%以外の服地でもカシミヤやビキューナ、シルクなどが混ざっている場合はスーパー表示可能だが、 原則としてポリエステルなどの化学繊維が混ざっている生地には表示できないことになっている。(数%未満であれば表記可能) また表示できる数値は使用されているウールすべての平均値と決められていて、一部分だけ細番手の糸を使用してもその番手表示はできない。ちなみに、スーパー80未満の場合は「Super~」という表記はしない。 良質なウールになるとスーパー100、110と数字が上がっていき(「番手があがる」という)、ゼニアやロロピアーナクラスになると、多くはスーパー120~130が使われている。 なかには「Super160'S」という超極細番手の原毛を使用した服地もあり、 その細さはカシミヤとほとんど変わらない(15.5ミクロン)ため、 手触りもカシミヤのようにやわらかくて独特の艶が出る。

スーパーショート・スリーブス

極端に短いシャツ袖のことで、およそ10cm前後の袖先のもの。カジュアルなシャツやTシャツだけでなく、最近では夏のドレスシャツにもこのようなデザインが用いられるようになっている。

スーピマ綿

世界三大超長綿の一つで、アメリカ南西部産。ピマコットンの改良種でスーパー・ピマの略。しなやかで柔らかく、耐久性に優れている。収穫量が比較的安定している超長綿。

スカラップ・ポケット

フラップポケットの変型で、フラップが逆山型になったものをいう。 スカラップはもともと帆立貝(scallop)のことで、この貝の縁に似せた形をこう呼んでいた。scarapはそれから転じて日本語化したものと言われている。また、理容用語のスカルプチュアカット(レザーカット)から転じたという説もある。

スキッパー

シャツ用語。胸元がV字など比較的大きく開いた部分に、襟をつけたデザインの襟型のもの。

スクエア・エンド・タイ

ネクタイの1種。先端が水平にカットされたネクタイのことで「角タイ」とも呼ばれる。ちなみにスクエアエンドボウは、両端が垂直にカットされたボウタイの意味。

スクエア・ショルダー

背広の肩線の1種。 角張って先端がやや持ち上がって見えるもの。

スクエア・フロント

上着の前裾に丸みをつけずに、角型にしたもの。 レジャー用のジャケットなどに多く見られるデザインである。

裾回り

シャツの裾の1周分の寸法のこと。

スターチド・ボザム

シャツの胸(ボザム)をかたく糊付けしたものをいう。共地が重ねられ普通は二重、またはそれ以上の厚みが見られる。礼装用のドレスシャツに多く用いられる、俗に「イカ胸」と呼ばれる。プリーテッド・ボザムをさす場合もある。また、"スティッフ・ボザム"の別名もある。

スタンドカラー

立衿の総称。 ネールカラー、マオカラーなど重衣料(コート、スーツ、ジャケットなどのクロージング類)に使われるほか、ミリタリー調のシャツウエアなど軽衣料(軽い感覚の中着)にまで広く使われており、デザインのバリエーションも多い。

ステッチ

縫い目のこと。

ステッチ・ワーク

仕立てる上での縫い目とは別に、装飾を目的にして縫う荒い縫い線のことをいう。

ストーブパイプ

スラックスの用語で、ストーブの煙突のようにヒップから裾までストレートな円筒型になったシルエットのもの。主にアイビースラックスに見られる型。

ストリング・タイ

紐状のネクタイ。 コードタイやボヘミアンタイともいい、衿元を蝶結びにして用いる。また、ウエスタン・タイもこの1種で、衿元の金具を使って用いるもの。

ストレートカット

水平にカットしてあるシャツの裾のことで、裾を出して着用するのに適している。

スナップダウン

シャツ用語で、衿先を身ごろにスナップボタンで留めている衿型。

スプレッド・アウト

ダブルブレステッド6つボタンの中がけ、または下がけとなったジャケットで、一番上のボタンが左右に開いてつけられる型をこう呼ぶ。オールインラインに対して用いる言葉。

スプリット・スーツ

組み合わせ式のニュースーツのひとつで、ジャケット、ベスト、スラックスの3種を別の素材で仕立てて、コーディネートさせるもの。ジャケット、ベスト、スラックスをそれぞれ異なる素材で仕立ててコーディネートさせた新しい感覚のスーツ。プットトゥギャザー。

スポーツシャツ

ネクタイなしで着られる短袖、長袖のカジュアルなシャツの総称。素材・色柄のバリエーションが豊富。しかし最近ではネクタイを締め、ドレスシャツとしても用いられるタイプのものが多い。

スポーツタイ

最近人気の、カジュアル用のネクタイを総称したもの。 細幅で短いものが多く、素材もウール、コットン、レザー、ニットなど多岐にわたる。これをカジュアルな布帛シャツやポロシャツなどにあしらうというのが近代的な着こなし。

スポーティ・スポーツシャツ

最近のめまぐるしいカジュアル化にともなってドレスシャツとスポーツシャツの境界線も危うくなってきたが、そんな傾向を反映してよりスポーツシャツらしいスポーツシャツをこの名称で呼ぶことになった。本格的なスポーツシャツを強調する用語で、CPOシャツなどに対して使われる。

スラッシュ・ポケット

スラックスのサイドポケットに見られるもので、縫い目に沿って深い切り込みがとられたタテ型のポケットや、上部でわずかに開いた形のポケットをいう。また、前者をバーチカルスリット、後者をフォワードカットと呼ぶことがある。

スリーピーク

ポケットチーフの飾り方の1種で、胸ポケットの口から三角形の頂点が3個見えるもの。もっともフォーマルなスタイルに適している。

スリーブ・トップ

袖山のこと。袖の部分で肩先となる一番高いところ。

スリット・ポケット

箱ポケットの1種で、玉ぶちのポケットのこと。ジャケットやスーツに切り込みを入れ、内側に袋布のあるポケットの切り口を飾った作りになっている。

スプリット・ラグラン

ラグランスリーブの変種で、肩の縫い目から前が"セットインスリーブ(普通袖)"、後ろが"ラグランスリーブ"となっている袖のことを指す。ワンサイドラグランともいい、コートなどによく用いられる。

スポーツスーツ

スポーティ感覚を持つニュースーツのひとつで、次の特徴がある。(1)前面はスリーパッチ&フラップポケット、バックはセンタープリーツ&ベルテッドなどスポーティなディテールデザインが採り入れられている。(2)従来、スポーツウエア用であった素材が使われている。(3)アンコンストラクテッド仕立てになっている。

スラックス

いわゆる「ズボン」のこと。当初は軍隊の俗語で、「だぶだぶの袋」を意味していたが1930年代、セパレーツ型式のゆるいスポーツ用ズボンに使われ、やがてズボン一般の総称となった。主に日本で使われており、欧米ではほとんど使われていない言葉。一般に「替えズボン」の意味にとられている。

スラックスーツ

シャツまたはシャツとジャケット、スラックスを調和色または対照色で一対としたコンビネーションのスーツ。一般にスラックスを中心として組み立てるもので、シャツスーツの1種といえる。

スランテッド・ポケット

斜めに切ったポケットのこと。 アメリカのデザイナー、ジョンワイツのデザインしたジャケットのポケットはすべてこのようになっていることでも有名である。

スリーピース・スーツ

ジャケット、スラックス、ベストの3つで構成される本格的なスーツのことをいう。スーツ発祥の地である、英国でのブリティッシュ・スタイルのスーツにはベスト付きであることが欠かせない。もともと、背広はこのスタイルが常識であったが、第二次世界大戦以後、アメリカの簡便ルックの影響もあって長く忘れられていた。しかし、現在ではまた主流となりつつある。「3つ揃い」「3つ組み」のこと。

スリーブ

シャツやジャケット、コートなどの「袖」のこと。 種類としてはセットインラグラン、セミラグラン、スプリットラグラン、ドルマン、キモノ、エポーレット、ドロップショルダー、キャップ、ベル、パフ、パピヨン、ブラウス(ビショップ)、シープレッグ(チキンレッグ)、トランペット、テーパート、フレンチ型などがある。

スロートタブ

カントリーライクなジャケットなどに多く見られる、上衿に付けられた小さな持ち出し(タッブ)のこと。スロートラッチとも呼ぶ。

背ダーツ

シャツの用語で、バックダーツと同義。ダーツを後身頃の左右に入れたボディ型。

セットアップスーツ

直訳すると組み立てスーツ。 ジャケットとスラックスを異素材で仕立ててスーツとして着こなしたり、バラバラのジャケットやスラックスの中から、同感覚のものを選んでスーツに組み立てるといったもの。

セットイン・スリーブ

普通袖のことで、一般の背広の袖に見られるような身頃と袖を付け合せたタイプの袖。

セットイン・ポケット

パッチポケットに対し、切り込みポケットの総称。

セミウィンザー・ノット

ネクタイの結び方の1種で、ウインザーノットより結び目の小さくなるもの。片側だけを二重にして締める。

セミクローバー・カラー

背広の衿型の1種で、上衿だけを丸くカットしたもの。こちらに対して、下衿だけを丸くカットした衿型はセミクローバーラペルと呼ばれる。

セミノッチド・ラペル

背広の衿型の1種。 ノッチドラペルの下衿の角度を、少しだけ上にあげたもの。

セミ・ラグラン

一見、普通袖と同じに見えるが、袖山からカフスまで縫い目が通っているのを特徴としたラグラン・スリーブのことを指し、別名スプリット・スリーブともいう。

セミワイドカラー

シャツ用語で、別名をミディアムスプレッドカラーという。えり羽開きが90度前後の襟型。

センター・プリーツ

ジャケットなどの背中の、中央縫い目に施されるヒダのこと。スポーティなアクセントのひとつでありバックベルトと共に用いられることが多い。

センターボックスプリーツ

シャツ用語で、後身頃のボディスタイルの一種。ボタンダウンシャツの後身頃によくつかわれる。

センター・ベンツ

背広上着のベンツの1種で、背中のセンター・シーム(中央の縫い目)の線が開いているもの。背広の型や流行によって、深くとられたり浅くなったりと変化する。1ヵ所だけに割れ目があるので、正しくは"センターベント"であるが、ベントとは「馬乗り」の意味がある。

側章

フォーマルウエアのトラウザースの脇線縫い目にそって飾られる、比較的広幅の飾りテープのこと。燕尾服は2本、タキシードは1本と決められていて、朱子織りのシルクやタフタ(木目模様の生地)などから作られる。また、儀礼的な軍服や、パレード用の音楽隊のユニフォームなどに見られるものもいう。

袖後付け

通常では脇から袖にかけて直線に一気に縫い上げるが、袖と身頃を別々に作り、袖を前側にずらして縫製する方法。フィット感や着心地がよくなるというメリットがあるのだが、この縫製方法だと袖をあとからつけることになり、非常に手間のかかる縫製方法。

袖刳り

アームホールのこと。

ソフトカラー

シャツ用語で、柔らかい仕上げの襟のこと。

ソフト・ショルダー・モデル

アメリカントラディショナル型の背広の肩線の新しい呼び方で、ナチュラルショルダーのことを指す。ヨーロピアン調の影響などからトラディショナル型の背広も衿幅が広く、全体にシェープドされているが、それに合わせた肩線のことをいう。現代のトラディショナルモデルの主流となっている。

ソフト・ビッグ・ショルダー

流行のビッグショルダー(大きな作りの肩)を、ただワイルドだけではなく、ソフトなイメージに仕上げたものをいう。いわばビッグショルダーの修正版ともいえる流行肩。

HOMEスーツの豆知識 > スーツ用語集 さ行

▲ページトップ