「スーツ マスター」世界であなただけのスーツを作る!
オーダーメイド・オーダースーツ・メンズスーツの総合情報ポータルサイト

HOMEスーツの豆知識 > スーツ用語集 な行

~スーツ用語集 な行~

ナシュナル・ブランド

世間によく知れ渡ったブランド(商標)のことをいう。 またプライベート・ブランドに対して、メーカーの所有するブランドのことを指す。

ナチュラルショルダー

背広の肩線の1種。 「自然型」と呼ばれるほど、パッドもあまり使われない。トラディショナルショルダーモデルとされている。近頃ではアンスーツの影響もあり、より一層自然な感じが強調されている。

ナップ・ツイード

ナップとは「節」のことで、節糸を使ってナップを織り出したツイードの総称

ナップヤーン

「節糸」のこと。 糸のところどころに節があり、生地にした際これが表面に出て、変わった印象を与える。

斜子織り(ななこおり)

二本もしくは数本ずつ引きそろえて並べた縦糸に、同数のよこ糸を打ち込んで織った変わり平織物。織り目は籠目(かごめ)のような外観になる。特に絹糸で細かく織ったものを指していう場合が多く、羽織地・帯地などに使用する。

ナノテクノロジー

この最新テクノロジーによって、10億分の1 という単位の繊維粒子に撥水加工を施しているので、通気性が抜群なので梅雨の時期でも快適。また、環境にも影響のない加工なので、服地を水や汚れから守りエコロジーにも配慮されている。

ナポレオンカラー

衿型の1種で、ボナパルトカラーの別称もある。高く折り返ったカラー(上衿)と幅広のラペル(下衿)を特徴としたもの。ナポレオン・ボナパルトによって軍服に採用されたことが由来となっている。

ナローショルダー

「狭い肩」の意味で、このスタイルを特徴とするアイビーモデルの背広の代名詞とされている。ナロー&ナチュラルショルダーという別名もある。

梨地織り

表面が梨の皮のように光沢を消した絹織物のことで、主にネクタイの生地として用いられる。

ニッカースーツ

ジャケット、ベスト、ニッカーを共地で組み合わせてスリーピーススーツに仕上げたものをいう。19世紀末から流行し、主に野外着として用いられた。1920年代にはゴルフ向きのスポーツウエアとして、このスーツが見られた。

ニットスーツ

編地で仕立てられたスーツの総称。 特にテーラードニットによるものをさすことが多い。新しいテーラード・クロージングのひとつとして注目されている。ニットはメリヤス編みで編み機によって編まれた、ニッテッド・ファブリックのことを意味し、「編み物」を総称する。

ニットタイ

ニットを素材としたネクタイの総称。「編みタイ」ともいう。

ニュー・ボタンダウン・カラー

シャツの衿型の1種で、ディテールのワイド化傾向によって幅広のラペルに合わせるため、特に衿先を大きく長くしたものをいう。

ニュー・ライフ・スタイル

直訳すると「新しい生活様式」だが、時代とともにライフスタイルが変化することを意味する。新しいファッションを作り出す意味で使われることが多い。

ネクタイ

首や襟のまわりに巻いて、前で結ぶ帯状またはひも状のアクセサリー。「タイ」とも呼ぶ。

ネールスーツ

ネールカラーと呼ばれる独特の立衿を特徴としたスーツで、ノンスーツの1種。ちなみにこの衿はインドの故ネール首相の衿型であったところから"ネールカラー"と名づけられた。その起源はインドの王侯貴族が着用したという、通称"ラジャー・コート"にまでさかのぼることができる。

ネックウエア

首に巻くアクセサリーの総称。ネクタイ、アスコットタイ、ボータイのほか、ネッカチーフやチョーカーなどもこれに含まれる。

ネックバンド

シャツの襟の身頃につける帯状の部分で、襟台や襟腰ともいう。

ネックバンド・シャツ

狭い幅のネックバンド(衿腰)が付けられた、衿なしのシャツを指す用語。ドレスシャツの1種でクラシックなスタイルのもの。

ネックライン

シャツの衿ぐり線のこと。

眠り穴

ラペルホールとも呼ばれる。ジャケットのラペルなどに開けられた、はと目のないボタン穴のことを指す。主に社員バッチをつけるところなので、バッジホールとも呼ばれる。

ノータイスタール

ネクタイを着用しないスタイル。クールビズの普及により、夏季にノータイスタイルを推進している企業も多い。

ノータック

スラックスの前部にタックのないもの、腰のフィット感が強いのでスポーティなスラックスはほとんどこのスタイルになっている。

ノーフォークジャケット

19世紀から20世紀にかけてのイギリスで、狩猟用やゴルフ用などに使用されていたスポーツジャケット。その後、ノーフォークタイプのスーツやジャケットが1910年代のタウンウエアとなり、現代まで引き続いている。特徴としては、シングルブレステッドでベルト付き、大きなパッチ・アンド・フラップポケット、背中の中央にプリーツ、両脇にアクションプリーツを施し、ボタンは革のくるみボタンが付けられることが多い。

ノッチドラベル

ジャケットの襟形状の一種。一般の背広に見られるオーソドックスなもので、別名菱襟。主にシングルブレステッドのジャケットに採用されている。

ノット

結び目のことで、ネクタイについて用いる場合が多い。

ノンスーツ

字の通りスーツでないスーツといった意味で、これまでの常識を破った新しい形式の上下一対を総称する。さまざまな解釈がなされるが特に既製の背広型に対抗し、また改革するためにあらわれた1970年以降のものについていう。主に外観的に新しいスーツのことをいい、カーディガン・スーツ、シャツ・スーツ、ブルゾン・スーツ、ベスト・スーツなどが代表的。

HOMEスーツの豆知識 > スーツ用語集 な行

▲ページトップ