「スーツ マスター」世界であなただけのスーツを作る!
オーダーメイド・オーダースーツ・メンズスーツの総合情報ポータルサイト

HOMEスーツの豆知識 > スーツ用語集 ま行

~スーツ用語集 ま行~

マーゼライズ加工

濃度の高い苛性ソーダーを使って、生地を引っ張りながら乾燥させることで美しい光沢や独特の風合いを生み出す加工方法のこと。シルケット加工ともいう。

マイターカラー

シャツの衿型の1種。衿を一枚の布で作るのではなく、衿足から垂直にあげた線で斜め継ぎにしたものをいう。

前立

シャツの身頃前側の、ボタンで合わせる部分。プラケットともいう。

マオカラー

衿型の1種。中国の人民服のような立衿を指す。学生服の詰襟と同様。

マフポケット

主にピーコートなどに見られる、切り口が垂直に空けられたポケット。

マルチカラー

多色遣い。ひとつの生地で何色かが使われている場合や、多色遣いの縞柄を指していう。

マルチストライプ

複数の縞を組み合わせて作るストライプ柄のこと。

マルチパターン

複数の柄が組み合わされて作られる複合柄の総称。

股上

スラックスの、股から上の部分。英語ではライズといい、ハイライズ、ローライズなどは最近聞く言葉なのではないだろうか。

見返し

裏側にも表と同じ生地を使って、表地と繋がっているような感じに仕上げる部分のこと。ジャケットの袖口の裏や、身頃の裏の前部分に見られる。

身頃

シャツの衿や袖などを除いた、身体の前と後ろの部分の総称。

ミックスドスーツ

スーツの上下が、色や柄、または素材のいづれかでコーディネートされているもので、新しいスーツの概念のひとつとして登場した。

ミディアムスプレッドカラー

シャツの衿型の1種で、衿が90度前後に開いた形のもの。

ミニチュア・チェック

ピンチェックともいい、ピン先のような極小の点で作られるチェック柄。

身幅

シャツなどの身頃の幅のこと。

御幸毛織

ダイドーと並んで、日本を代表する高級紳士服地メーカー。

ミンク

シベリアに生息するイタチ科の動物。高級品の毛皮として知られる。

メスジャケット

礼服の1種で、夏に用いられる。燕尾服の下半分を切り落としたような形をしている。

メタルボタン

金属で作られたボタンを総称していう。ブレザーのボタンは、メタルボタンに限られる。

メリノ

オーストラリア原産であるメリノ種の羊や、その羊毛で織られたものをいう。

メルトン

毛羽立った、肉厚の紡毛地のこと。平織りの生地をフェルト状に仕上げ、主に防寒用コートやブレザーなどに用いられる。

綿

最も一般的な天然繊維。吸湿性や保温性、通気性に優れている。非常に繊細で良質な毛が特徴で、高級ウーステッド地として用いられる。

モーニング

男性の、昼の正礼装。モーニングコートのこと。

モーニングカット

スラックスの裾を、後ろ斜め下へカットしたもの。

モストフォーマルウエア

フォーマルウェア(正装)の中で、最も正式な正礼装。

HOMEスーツの豆知識 > スーツ用語集 ま行

▲ページトップ