「スーツ マスター」世界であなただけのスーツを作る!
オーダーメイド・オーダースーツ・メンズスーツの総合情報ポータルサイト

HOMEスーツの豆知識 > スーツ用語集 あ行

~スーツ用語集 あ行~

アーガイル・チェック

シャツの柄で、菱形と細い斜め縞によるチェック。スコットランド西部のアーガイル地方にちなんだ名称。

アーガイル・プレイド

シャツの柄。アーガイル・チェックの別名。

アームホール

シャツの袖付け部分のこと。袖ぐりともいう。身頃から腕を通す穴の部分。

アイゼンハワー・ジャケット

アメリカ陸軍の制服として第二次世界大戦時から採用された、ウエスト丈の短い上着。アイクジャケットの別称がある。

アイビー・シャツ

アイビー調の服装に多く使われるシャツ。衿はロングポイントのボタンダウンカラー。前合わせはフロントパネルバックで衿の中央にもボタンがついている。スリムな仕立てでバックのセンタープリーツはボックスプリーツになっている場合がほとんど。生地はオックスフォードクロスを主に使うことが多い。
※ロング・ポイント・カラー
男物シャツの衿型のひとつで、衿先が長く(約7.7cm以上)、衿の開きの角度がやや閉じた形の衿。細めのネクタイに合わせるのが一般的。

アイビーリーグ・モデル

スーツの名称。アイビーリーグとはアメリカ東部の有名8大学(エール、ブラウン、コロンビア、コーネル、ダートマス、ハーバード、ペンシルベニア、プリンストン)で結成されているアメリカンフットボールリーグ。これらの大学の学生や卒業生は、アイビーリーガーと呼ばれアメリカ社会のエリートを占める。もともとはアイビーリーガーたちが好んで着ていた背広型だったが、1955年IACDが流行スタイルとして発表した当時から、アメリカで大流行した背広型のひとつとなる。日本でも1960年ごろから人気を集め、「アイビー族」まで結成された。このモデルの特徴は、肩線がナチュラルショルダー、シルエットがずん胴型、ボタン間隔の広い3ボタン、上2個がけ、ラペル巾は狭く、前ダーツなしで、全体に5ミリ位のステッチがかけられている。スラックスは前プリーツなしのパイプドステム型、ターンナップがつき、後ろにバックストラップが付いている場合もある。全体に細長くストレートなシルエットが特徴的なスーツ。 ※ターンナップ <折り返したもの>の意で、とくにズボンの裾の折り返しを指すが、これは主に英国的な表現とされていて、米国ではカフスと呼ぶのが一般的。また、米国大統領のマッキンリーに由来するマッキンという言い方もある。

アウトポケット

セットインポケットに対して、はりつけポケットのこと。 パッチポケットともいう。また、この呼び方はインナーポケット(内ポケット)に対して外側に付けられるポケットの総称としても使われる。

アクション・プリーツ

ノーフォーク型のジャケットやジャンパー、ユニフォームのジャケットに良く見られる機能的なプリーツ(ヒダ)のこと。動作を楽にするために、袖の後ろの部分や、背中の中央にとられている。

アコーディオン・プリーツ

アコーディオンの蛇腹に見られるような、折りたたみのヒダ。 スポーティなシャツやジャケットのポケット、スカートなどに見られる。

アコーディオン・ポケット

楽器のアコーディオンの胴に見られるような「たたみヒダ」をつけたポケットのこと。このヒダはアコーディオンプリーツと呼ぶ。カーゴパンツなどのポケットに見られる、大きくて機能的なもの。

あごぐせ

ネックラインからバストポイントに向けてダーツを縫って立体感を出すための方法。

シャツや夏用ジャケットに使われる繊維。天然繊維の中で最も強く・シャリ感・清涼感がある。通気性に優れ、水分の吸収・発散が早く、洗濯で汚れを落としやすいといった特徴から高温多湿な夏に最適な素材。

アジャスタブルカフス

シャツのカフス回りのサイズ調整ができるように、ボタンが左右に2つあるカフス型のこと。

アジャストボタン

カフス回りのサイズ調整ができるように、カフスに2つ付けたボタン。このカフス型をアジャスタブルカフスという。

アスコット・シャツ

アスコットタイが最初から組み合わされたシャツ。 多くはトラディショナルルックの重要な部分を占めている。

アスコット・タイ

結んだ時にスカーフのように見える、幅の広いネクタイ。フォーマルの正礼装から通常のドレスシャツにまで幅広いコーディネイトに使用できる。

アソーテッド・スーツ

普通のスーツスタイルだけでなく、セパレーツにも自由に組み合わせを変えることのできるスーツ。上下スーツと共生地の1パンツで構成する2パンツスーツとは異なり、大抵は1着のジャケットに2本のスラックスで構成される。
アソートは商品構成、1揃えなどのビジネス用語として使われるアソートメントの俗語。商業的にジャケット+スラックスを替え上着+替えパンツとして売り出す組み合わせをショップ、デザイナーなどが提案している。
ジャケットとパンツの組み合わせを考える際に、ストライプ柄のジャケット+パンツとした場合、替えパンツの組み合わせが難しくなるため、ジャケットには無地若しくは格子柄が望ましい。上下揃いのスーツでは同じに着用していても、パンツの消耗のほうがジャケットの消耗よりも早いため、経済的にもお客様にすすめやすい商品構成となっている。
また、ジャケットとパンツの濃淡は、上下で差を付けるのがジャケパン・ジャケスラのセオリー。

アフターシックス

午後6時以降に着る礼装の総称。 タキシード、イブニング、コートなどの他、ドレッシーな服装全般を含めて呼ばれる。

アノラック

フード付きにした防風衣の総称。 登山、スキー、ヨットなどのスポーツ用衣料として広く用いられる。

アメトラ

アメリカン・トラディショナルの訳。

雨蓋隠し

フラップポケットのこと。 雨蓋(フラップ)のついた隠し(ポケット)の意。外来の服飾用語を日本語に直した言葉の中でも秀逸なものである。

アメリカントラディショナル

アイビー・ルックやアイビー・リーグ・モデルのスーツなど、アメリカで培われた伝統的服装のことを指す。ブルックスブラザーズやラルフローレンはその代表格。

綾織り(あやおり)

生地の目が斜めになっている織り方の総称。表面が比較的平滑になっていて、肌触りがよく、サージやギャバジンなどが代表的。英語ではツイルと呼ばれ、中世の甲冑(かっちゅう)のすね当てが呼び名の由来になっている。

アリカンストライプ

ネクタイのレジメンタルストライプの一種。左上から右下に流れるストライプ柄のことを指す。アメリカでよく見られるストライプ柄。リバースとも呼ばれている。

アルフレッド・ダンヒル

イギリスを代表する高級ファッションブランド「ダンヒル」の創業者。

アンクル・レングス

スラックスなどの長さで、アンクル(くるぶし)までの丈をいう。

アンコンストラクテッドスーツ

直訳すると「非構築スーツ」になる。スーツに不可欠な芯地やパッド、裏地などをまったく使わないか、最小限にしたもの。略してアイコンスーツとも呼ばれている。

アンスーツ

アンコンストラクテッド・スーツ、またアンコンストラクチュアード・スーツの略。つまり「無構造スーツ」の端的な呼称で、イージースーツとも呼ばれる。
アンコンストラクテッドは芯地・パットなどの付属をできるだけ少なく、軽い着心地のアンコン仕立てで、イージー・スーツはウォッシュ&ウエア加工を代表とするケアが楽なイージー・ケア・スーツを意味することから、アン・スーツは生活様式のカジュアル化に伴って、スーツというアイテムが少しずつ変化してきた結果のものを総称する言葉であると考えられる。

アンダ-ノット結び

ネクタイの結び方の1種。 ネクタイを結んだときに、ちょうど結び目の下(アンダー)に柄が出るようにする方法。

アンタイド

結ばれていない、縛られていないという意味で、すなわちネクタイをしていない=ノーネクタイ スタイルのこと。反対語はタイドアップ。

アンプルライン

ルーズフィットの新しい表現。 適当なゆとりがありながら、だぶだぶしていないシルエットのこと。

アンマッチド・スーツ

必ずしもジャケット、スラックス、またベストが共地、共色柄で構成されないスーツの意味。ミックスド・アンサンブルということもある。
ミスマッチやミックス・アンド・マッチといわれるような伝統的ファッションのセオリーからは外れた、組み合わせの色柄を楽しむことは現代的な新しい着こなしのテクニック。
通常のスーツアイテムを構成する、ジャケット、パンツ、ベストをそれぞれ対(つい)になっていない、オッドジャケット、オッドパンツ、オッドベストのような替えのアイテムとして組み合わせる。
そのオッド的に着こなす組み合わせには当然、個性が出る。紺ブレにはグレーのパンツ、上下ともに柄物なら柄の大きさは少し変える、黒のジャケット、パンツは何とでも相性が良いなど、大きな失敗をしないためのいわゆる鉄板の構成もあるため、ドレスコードなどとよく検討してみることも重要。

イージーオーダー

顧客の要望や体型に近いスーツを手軽に仕立てるために、既存の型紙を活用して作り上げるオーダー。(=セミオーダー、システムオーダー)

イージースーツ

アンコンストラクテッド・スーツのこと。 非常にカジュアルライクで軽い感覚をもつところから、こう呼ばれる。イージーケア・スーツということもあり、これは特に"取り扱いの軽い"といった意味を持つもの。 ビジネススーツ仕様のかっちりとした堅めな印象のスーツから、気楽に羽織れるアンコン仕立てへ生活様式のカジュアル化に伴って重衣料アイテムも少しずつ変化してきている。アンコン仕立ては肩パットがない、もしくは無い程度に薄いため、肩回りは非常にラク。芯地や付属の軽減も、軽い作りの特徴となっている。 ※この場合のイージースーツは、イージーオーダースーツとは異なります。

イートンジャケット

イギリスの有名な学校「イートンカレッジ」の制服として用いられる、丈の短いジャケットのこと。ごくオーソドックスなオッドジャケットのウエストから下を切り落とした感じである。また制帽として用いられたものは"イートンキャップ"と呼ばれる。 ※オッド・ジャケット ズボンと対になっていない上着。替え上着のこと。

いせ込み

平面の布を立体的に形成するための技法。

イタリアンカラー

シャツ用語で、別名ワンピースカラーともいう。衿と衿台が一枚仕立てになっており、V字のネックラインを形成している衿型。

イタリアンスタイル

袖本開きや本台場仕立てにするなどし、英国調スタイルをもとにウエストを絞って裾が腰にフィットするスタイル。肩幅は強調し、ややいかり肩のラインを持っている。一方ではフランスの既製服の下請けをしていたことから、レディース仕立ての発想も盛り込まれ、華やかで優雅さも漂う。手仕事の真髄を盛り込んだ服作りに注目が集まり、日米共に高い支持を集めている。

イタリアンクラシコスタイル

体にジャストフィットする寸法で、全体的にポイントを上に押し上げたスタイルのこと。

市松模様

シャツなどの柄。別名をブロック・チェックという。白黒、または濃淡の2色が等間隔に交互しているチェック。

糸密度

シャツ生地の、打込本数のこと。生地の1インチ(2.54センチ)四方の中にタテ糸とヨコ糸がどれだけ配置されているのかであらわされる。

インアンドアウター

水平にカットされ、短いサイドベンツを特徴としたスポーツシャツの1種。多くは短袖のシャツスタイルでニットまたは織物で作られる。スラックスの外に出しても、中に入れても着られるところから、この名称で呼ばれている。

インバーテッド・ベント

ジャケットの後ろ裾に切れ目を入れず、たたみヒダにしたベント(馬乗り)のこと。インバーテッド・プリーツinverted pleatsともいう。

インフォーマル・ウエア

インフォーマルとは「公式でない」の意味。 略礼服のこと。モーニングコート、イブニングコートなど、最も正式なフォーマルウエアに対して使い、ブラックスーツなどを指す。

インナーベルト

シャツがまくれあがらないように、スラックスのウエストバンド※の内側に付ける布帯。多少の伸縮性があり、表面感がざらついている。また、前記の機能のために、スラックスの中にしめるゴムベルトのことも指す。別名はインサイドベルト。 ※ズボンやスカートなどの腰帯のことで、とくにズボンの上部裏側につく腰布のこと。

ウィズアウトフロントダーツ

ジャケットの前身頃にあるダーツを省略したもの。ダーツとはつまみ縫いのことで、日本では俗に「胸ぐせ」という。

ウイングカラー

シャツの衿先を丸くして前に折った衿型。タキシードなどのフォーマルスーツ用の衿型。

ウイング・ショルダー

肩先にちょうど翼(ウイング)のような張り出しのついた肩デザイン。肩を強調するファッション傾向から生まれたファンシーディテールのひとつで、主にジャケットやブルゾンに用いられる。

ウインザーカラー

シャツ用語で、別名ワイドスプレッドカラー。えり羽開きが100度~120度前後の衿型。ウインザーカラーは俗称で英国のウインザー公にちなんで名付けられた。またネクタイの結び目が大きいウインザーノットが似合う為、ウインザーカラーともいう。

ウインザーノット

ネクタイの結び方の1種で、ノット(結び目)が最も大きくなる方法。プレーンノットに比べて、輪を両側に2個つくって結ぶところから、この独特な型ができる。ウインザー公が好んで用いたことからこの名称が生まれたという。なお、これに合うシャツカラーはワイドスプレッドカラー※である。 ※男物シャツの衿型のバリエーションで、衿の前が開いた形。ワイド・スプレッドは大きく広げたといった意味。ヨーロピアン・スタイルでコンチネンタルカラーともいう。

ウィンドペン

シャツの柄で、地の上に一色の細い線で四角く構成されたチェック。ウィンドウ(窓)ガラスの枠に似ているのでこう呼ばれた。

ウーステッド

5cm以上の原毛で作られた糸のこと。(=梳毛糸[そもうし]) この糸を使った生地は、長い繊維を使っているため折れ目がなく、繊維が平行に揃い太さが均一になるので生地の強さは高まるが、肌触りが粗くなってしまう。

ウール

羊・アルパカ・アンゴラ・ラクダなどの毛、またはそれを織った布のこと。

ウールタイ

ウールを素材としたネクタイの総称。 ネクタイ素材の多くは、シルクやシルクと合成繊維の混紡を錫増量加工して使われ、主にビジネス向き とされる。しかしカジュアルな雰囲気を出すにはウールタイが最適。カントリーライクな服装にはツイードなどのネクタイが多く使われている。また、薄手タイプのそれも数多くみられる。

ウエストコート

「ベスト」「チョッキ」のこと。 イギリスで使われる言葉。

ウエストダーツ

シャツの身頃スタイル。前や後身頃のウエストをつまみ縫いした部分。ウエストを絞ってぴったりしたラインを出す時に入れる。

ウーレン

ウールの中でも毛足の短いものを用いた繊維の総称。短い繊維を紡いで糸にすることから紡毛(ほうもう)と呼ばれている。縮絨(しゅくじょう)や起毛(きもう)などの仕上げをされる地厚のものが多く、フランネル、メルトンなどが代表的。対語は「ウーステッド」。

ウエッジライン

楔(くさび)形のライン。ちょうど楔をたてたようなシルエットをいい、最近のスーツの流行型となっている。肩が広く、裾にいくにつれて細くなる逆三角形ラインやVラインが、この代表的なものとなっている。

ヴェステッドスーツ

ヴェスト付きスーツのこと。スリーピーススーツ(3Pスーツ)ともいう。

ウエルテッド・ポケット

へり飾りのあて布を付けたポケットのこと。 背広の胸ポケットがこれに当たる。ウエルトとは「へり飾り」のこと。ウエルトポケット、箱ポケットともいう。

ウェルトシーム

ステッチの一種。幅7mm程度のシングルステッチで、アイビージャケットでは、肩・背中・襟やパンツなどに施されている。

ウエスマン

パンツの最上部。ウエストバンドがなまってこう呼ばれており、別名「帯」。シャツなどがパンツ~はみ出ないように滑り止めが付いたものをマーベルとという。内側にドルポケット(小銭入れ)が付いているものもある。

ウェルトポケット

いわゆる箱ポケットのこと。スーツジャケットの胸ポケットやコートの腰ポケットなどに多く使われている、帯状の切りポケット。

ウォーキング・スーツ

散歩服として19世紀、主にイギリスで着られたスーツのこと。原型はウエストが細くつまり、モモくらいまでの丈があり襟元がつまった形となっている。 現在は散歩用にスーツを着るという習慣はないので、歴史的に過去の洋装・洋服として着られたスーツをファッションとして考える時に書籍などで見かける以外にはない。スーツの形としても、タイトなウエスト、サイレングスのジャケット丈は、機能的というよりも優雅に見えるシルエット。 ウォーキングという言葉からは、健康・ダイエットという言葉が思い浮かび、スーツとなるとダイエットスーツ的な、サウナスーツの印象が強いが、当時ウォーキング・スーツは激しい運動などには適さない。 散歩用に着られるための衣装として、一部の上流階級の人たちに流行したトレンド的なものである。

ウォーキング・フロックスーツ

1900年代に流行したスーツのひとつで、おおむね3個ボタンとしたカッタウエーコート(モーニング)に共地のウエストコートと脚にぴったりフィットしたトラウザースを合わせたスタイルになっている。 フロックというと、現在の昼間の正礼装・モーニングコートの前の正礼装として着用されていたフロックコートを思い浮かべるが、このフロックはもともと16~17世紀ごろにヨーロッパの農民階級の労働者に外出着・作業着として着られていた、素材も粗末なもの。 このフロックはこの後、富裕な上流市民に受け入れられ、上質な生地・仕立てで仕立てられるフロックコートとなった。また他方ではベスト(ウエストコート)と揃いで着る3つ揃いスーツ・英国紳士の正しい外出着としてのスーツ、ビジネススーツの原点となっている。 当時のフロックコートのダブル6釦3掛、ヒザ丈までの長さのジャケット丈から、ウォーキング・フロックスーツでは、フロントカットがモーニング同様動きやすいように(乗馬しやすいように)カッタウェイされているのは、機能性を取り入れた結果。

打ち込み

生地に使用する糸が少ないことで、糸同士の間隔が大きくなり、密度が低下すること。

打ち抜きボタン

フライフロント(比翼)に対して、ボタンを外側まで出す仕立ての方法。背広上着のボタンは、ほとんどがこの方法になっている。

AMFステッチ

AMFステッチとはハンドステッチミシンを使った手縫い風の縫い目のこと。AMFとはこのミシンを開発したアメリカの総合機会メーカー「アメリカン・マシン・ファウンドリー社」の通称でブランド名にもなっている。ミシンのモーターの回転数が少ないため、制作には他のミシンステッチよりも時間がかかる。また、スーツなどの生地と違った色が使われることが多く、生地より太い糸によるステッチで、表に見えるハンドメイド風のステッチの味が高級感をかもしだすためスーツを中心にフロント部分だけでなく、背中、肩、袖の縫いなどにも多様されている。

エイビエイター・ジャケット

大きな衿に斜めジッパー、フロントジッパー、ポケットを特徴としたウエスト丈の短い上着。衿に毛皮を付けたり、ショールカラーでボタンフロントにするなど、そのデザインの変化は多い。飛行気乗り愛用のジャケットだったが、今ではオートバイライダーたちに良く着られている。 ※ショール・カラー へちま衿のこと。タキシードやドレッシング・ガウンによく見られる。

エクストリームアイビー

ニューヨークのグリニッジビレッジに集まるビート族や黒人達の間で流行した、パロディースタイルのアイビースーツのこと。

エスカイアノット

ネクタイの結び方の1種で、セミウインザーノットの別称。 その昔、アメリカのメンズマガジン「エスカイア」が紹介した結び方といわれる。

エポーレット

肩章のこと。トレンチコートやジャケットの肩に多く見られる。

エムズアーク

御幸毛織が創業百周年の記念として2005年に立ち上げたブランド。

衿先

襟の先端のこと。

衿羽

シャツの襟台にそってつけられた、襟型を構成する部分のパーツ。一般的に襟と言われている部分。

衿高

シャツ襟の高さのこと。前と後ろで襟の高さが違うものがほとんど。

衿台

ドレスシャツやブラウスに付いたバンド状のもので、衿を立たせるための土台になる部分。

衿芯

カラーステイ。カラーキーパーと同義。

エルシェープドラペル

背広の衿型の1種。 上衿が下衿よりも巾が狭く、衿きざみがL字形になったラペルのこと。変わり衿型でコンテンポラリーモデルに見られる。

エルボーパッチ

スポーツジャケットやセーターの袖の肘(エルボー)に付けられるあて布のこと。革で作られることが多く、機能的な面よりもアクセントとして付けられることが多い。

エルメネジルド・ゼニア

ゼニアの名を世界的に不動なものにした、ゼニア社の代表的ブランド。

エンブレム

「紋章」のこと。 ブレザーの胸ポケットに飾る縫いとりで、俗にいう「ワッペン」。

オッド・ウエスト・コート

「替わりチョッキ」のアメリカでの呼称。 オッドベスト、ファンシー・ベストと同じ意味。

オッドべスト

替わりチョッキの総称。 "ファンシーベスト"ともいう。スリーピーススーツにみられる共地のベストは"スーツベスト"と呼ばれている。柄物が多くカジュアルな雰囲気が楽しめる効果がある。織物によるベストの他、ニットでのベストも最近人気がある。

オッド・ジャケット

オッドとは「片輪の」「ちんばの」といった意味。 つまり、それひとつでは成り立たない性格を持った上着のことをさしているが、一般にスポーツジャケット、ブレザーなどを含む替え上着の総称をいう。

オーバー・ザ・シート・レングス

ジャケット、またコートの"コートレングス(ネックラインから裾までの丈の長さ)、についていわれる。シート(尻、ヒップ)が隠れる程度の長さのこと。

オープンシャツ

衿をオープンカラー(開衿)にしたシャツの総称。 多くはスポーツシャツとして着られるが、クラシックルック流行の現在ではスーツの下に着込み、しかもTシャツの衿をのぞかせるやり方が新しいとされている。その他、ファッション的な小道具として積極的に用いられるようになった。 ※クラッシク・スタイル 伝統に培われ、長期間すたれずに持続する普遍的なスタイル。

オールインライン

ダブルブレステッドジャケットのボタン配列の一種。左右2列のボタンが平行に並んでいるものを指す。

オックスフォード

シャツ生地の素材の一種。ボタンダウンシャツによく用いられる。斜子織ともいう。

オプション

ステッチやボタン、裏地などに、お客様独自のワンポイント加工を入れて個性を演出すること。

オルタネイト・ストライプ

シャツの柄用語。2種類の異なった色や幅のストライプが交互に並ぶストライプ。オルネタイトは「交互の」という意味。

表前立て

シャツ用語で、別名プラケットフロント。

裏前立て

別名フレンチフロント。シャツの前端が内側に折り返っている前立のこと。

HOMEスーツの豆知識 > スーツ用語集 あ行

▲ページトップ