「スーツ マスター」世界であなただけのスーツを作る!
オーダーメイド・オーダースーツ・メンズスーツの総合情報ポータルサイト

HOMEスーツの豆知識 > 「結婚式のスーツ」Q&A

~「結婚式のスーツ」Q&A~

新たな人生の門出を祝う結婚式。今このウェブサイトをご覧になっている方の中にも、列席の招待を受けているという方がおられるもしれません。当日近くになって慌てることがないよう、結婚式で列席者(ゲスト)が着用するスーツのルールについて事前にきちんと押さえておきましょう。
ここではわかりやすいQ&Aの形式で、そのポイントをご紹介していきます。

Q1 そもそも結婚式に正しい服装はあるのでしょうか?

A1
スーツはブラックスーツを選び、派手すぎないVゾーンや小物使いがよいでしょう。

【解説】
<スーツ>
冠婚葬祭を問わず、礼服の基本色は無地のブラック。ただし、シャドウタイプの目立たない柄入りなら許容範囲です。遠目に見て柄入りとわかるような主張の強いものの着用は避けましょう。結婚式の主役はあくまで新郎新婦なのです。

<シャツ>
プレーンで誠実な印象を醸し出すホワイトのシャツがベストです。柄入りは避けるのが常識ですが、スーツ同様、シャドウタイプの目立たない折柄入りのものなら問題ありません。

<タイ>
最もフォーマルな印象の強いシルバーを。最も多く用いられるのは無地か織り柄入りですが、ベーシックなパターンのストライプやドット柄もOKです。ストライプ柄なら定番のレジメンタルのものを。ドットは上品な小粒のものを選び、カジュアルに寄り過ぎる大粒のものは避けましょう。

<ベルトとシューズ>
こちらもスーツ同様にブラックがベスト。ベルトは極端に幅の細いものや派手なバックルのものはNG、靴も装飾用の穴「ブローグ」が入った派手なものは好ましくありません。

Q2 結婚式に絶対にしてはならない服装はあるのでしょうか?

A2
黒いタイ、カジュアル過ぎる靴、華美な装飾品は避けましょう。

【解説】
繰り返しになりますが、結婚式の主役とは言うまでもなく新郎新婦。列席者には脇役としての節度のある装いが求められます。従って悪目立ちする華美な装飾品やカジュアルな印象のシューズの着用はNG。また、喪服を連想させる黒タイも避けましょう。

さらに詳しく

ノータイはもちろん×
二次会やアフターパーティーならまだしも、結婚式のノータイはマナー違反。大恥をかいてしまいます。

装飾品はよく選んで
カフスやタイバー(タイピン)といった装飾品の着用自体に問題はあるわけではありませんが、ポイントは控えめな色合いのものを選ぶこと。ゴールドなど派手なものは印象がよくありません。

白ソックス&ブラウンシューズは×
子供っぽい白いソックスは着こなしの品格を損ないます。ソックスの色は基本的にシューズと合わせるようにしましょう。また、シューズはたとえ装飾性が低いプレーントゥ(つま先に装飾が一切ないデザイン)やストレートチップ(つま先に横一文字(ストレート)のラインが入ったデザイン)であっても、ブラウンのシューズはフォーマルではNG。許されるのは黒一色と心得ましょう。

Q3 ブラックスーツを持っていない場合は新調するべきなのでしょうか。

A3
手持ちのグレーやネイビーのスーツに白シャツとシルバータイを
合わせればOKです。

【解説】
プレーンで汎用性の高いグレーやネイビーのスーツでも、着こなしのルールを守りさえすればブラックスーツの代わりになります。ただしあまり明る過ぎる色合いのものは不相応なので気を付けましょう。

Q4 結婚式をスリーピースのスーツを着て行ってもよいのでしょうか。

A4
全く問題ありません。

【解説】
スーツの源流であるスリーピースはクラシックかつ格式高い雰囲気を持つのでビジネスのみならず、フォーマルシーンでも役に立ちます。周囲とのさり気ない着こなしの差別化を図りたい時にもよいでしょう。

◆おまけのQ&A

Q5 ご祝儀と祝儀袋について教えて下さい。

A5
次にまとめた項目ごとの説明をご覧下さい。

祝儀袋の選び方と使い方
水引が「結びきり」のものを使って下さい。結びきりとは一度結んだらほどけない結び方のことで、「繰り返して欲しくないこと」の場合に使われます。結婚は基本的には一生に一度のものなので、結びきりの水引の祝儀袋が選ばれるのです。
なお祝儀袋の中にはお金を入れるための中袋が入っています。その中に新札または可能な限り綺麗なお札を入れましょう。向きを揃え、肖像画が印刷されているお札の表が祝儀袋の前に合うように。なお、中袋の表には金額を漢数字で、裏には名前と住所を書きましょう。最後に、祝儀袋の裏側は下側の折り返し部分が上側の折り返し部分の上に重なるように折って下さい。

祝儀袋の表書きのマナー
①毛筆、筆ペン、サインペンを使いましょう。ボールペンや万年筆の使用はNGです。
②濃い墨を使い、楷書体で書きましょう。
③上段に「寿」の文字のあるものが一般的ですが、他に「御結婚御祝」や「御祝」もOKです。
④字が苦手でも、丁寧にバランスよく心を込めて書きましょう。
⑤下段の名前はフルネームで、上段の文字(例:「寿」)よりも小さく書きましょう。

ご祝儀の金額のマナー
地方の習わしや関係性の深さにより金額が変わりますが、基本的に金額は3万円前後。他の列席者など、周囲とよく相談の上金額を決めると安心です。

祝儀袋の渡し方
ご祝儀袋は「ふくさ」と呼ばれる布に包みましょう。受付で袋を渡す時には、ふくさの台または折り畳んだふくさの上に袋を乗せて差し出すのが正式なマナーです。ただし結婚式会場の受け付けでは、直接手渡しでも大丈夫。その際は、片手でなく、両手できちんと持ち、袋の正面を先方に向けて差し出します。渡す前には、「この度はおめでとうございます」の一言をお忘れなく。

HOMEスーツの豆知識 > 「結婚式のスーツ」Q&A

▲ページトップ