「スーツ マスター」世界であなただけのスーツを作る!
オーダーメイド・オーダースーツ・メンズスーツの総合情報ポータルサイト

HOMEスーツの豆知識 > スーツのSOS対処法

~スーツのSOS対処法~

いくら大切にスーツを着ていても、ちょっとした不注意や思わぬ出来事でカギ裂きや虫食い穴、タバコの焦げ穴ができてしまうといったトラブルに見舞われることがあります。普段着のように気軽に買い替えられるものではないですし、なによりもそれがお気に入りのスーツだったとしたら…。「直せるものなら直したい!でもこんなに目立つ傷だし修復不可能だろうな」。そうご自身で判断されてスーツの傷を諦めてしまった方は、多いのではないでしょうか?

しかし一見すると、もはや修繕不能と思われるような傷でも、その道のプロにかかれば驚くほどきれいに修復し、蘇らせてくれるかもしれません。
スーツの場合は特に、諦める前に一度購入したお店や、腕のいいリフォーム専門店でまずは相談してみることをお勧め致します。トラブルの程度にもよりますが、お店に同じ生地があれば無料で修繕してくれる場合もあります。また、スーツを購入したときに必ず付属する生地の端切れを持っていけば、この端切れを使って見事スーツをよみがえらせることも大いに可能です。小さな端切れでついつい保管せずに捨ててしまわれる方も多いようですが、こういったトラブル時には大きな役割を果たしますから、きちんとご自宅で保管しておいて下さい。では実際、スーツのSOS時の補修はいったいどのようなものなのか、一部例を挙げてご紹介致します。

スーツ補修「かけつぎ補修」

かけつぎ補修とは、破れたり焦げたりした部分を取り除き、その部分を同じ生地の糸で一本一本丁寧に紡いでいく補修方法。かなりの技術と根気が必要な作業となります。ウール生地ならばこのかけつぎ補修にてかなりのレベルにまで修復することが可能で、仕上がりも素晴らしく、どこを補修したのかわからないほどきれいに蘇ります。
ただ全てのトラブルに対処出来る方法ではなく、例えば、ポリエステルやナイロンなどの化繊、シルクや綿生地は補修跡がかなり目立ってしまいこの方法は向いていません。
また、ヒザ頭やお尻の部分のように力がかかり過ぎている箇所や摩擦がかかる箇所を補修した場合などは強度不足が心配されるのであまりお勧め出来ません。

スーツの補修「嵌(は)め込み補修」

嵌(は)め込み補修とは、穴の空いた部分に同じ生地を埋め込んで接着する方法です。技術力をさほど必要としないので簡単なのですが、その分仕上がりの見た目はいいものではありません。スーツ補修の基本は本来かけつぎ補修がベストなのですが、高度な技術を持つ職人が少なくなっている現状では、やはりこの嵌(は)め込み補修しか受け入れてくれないお店も増えているようです。
そう言った面ではスーツのプロとも言うべきオーダースーツ店でしたら、その傷の度合いによって適切な補修を施してくれる信頼度は高いと言えるでしょう。かけつぎ補修の項でも述べましたが、やはり全ての傷に対処できる方法ではないため、傷の状態・場所・範囲・によっては、この嵌(は)め込み補修がベストの場合もありますのでご相談してみて下さい。

スーツは消耗品!?

最近では安価で無難なスーツを量産するチェーン店が身近に多く存在し、また職種によっては「スーツは消耗品」と割り切って、傷んでしまったスーツを迷わず破棄する方が多いようです。
確かに補修に高度な補修が必要になった場合、それなりにお値段がかかりますから、場合によっては少しお金を足して新しいものを購入された方がいい場合もあるでしょう。しかし、自分の体型に合わせて作られたオーダースーツや、お気に入りのスーツ、高価なスーツでしたら、なるべく補修して長く良い状態で着たいものです。
昔は、擦り切れて穴が空いたジャケットのひじに、レザーなどを当てて違うデザインのものとして着用したりもしていましたが、最近のスーツではそのようなことを考える人がいないので、やはり購入サイクルが早くなってしまう傾向にあります。

このようにスーツの量販店が一般化してからは、なかなか「一着を長く着る」という感覚が薄れがちになってしまい、今の「スーツは消耗品」という考えが生まれたと考えられます。しかし反面、良いスーツは体型の変化にも対応出来ますし、デザインチェンジもリフォームによって可能になったりします。

例えばオーダースーツの仕立てでは、後から調整がきくように遊びのマチが余分にとられていることが多いので、ある程度のリフォームが可能となるのです。
このように、スーツを消耗品と考えるか否かは個人の価値観によるところが大きいとは思いますが、やはり「どれだけスーツにこだわりを持っているか」が大きく左右される所ではないでしょうか。体型というのは一人一人違って当然のものです。世界に自分と全く同じ体型など存在しません。
スーツはシルエットや着心地が重要ですから、平均で作られた既製品とのこの微妙な差を埋めてくれるオーダースーツは、袖を通した方だけが知る喜びなのです。そんな自分の分身とも言えるスーツを仕立てた時、自ずと「スーツは消耗品」という考えは消えるはずです。良いスーツを着ることで日々の意識を変え、スーツのSOS場面を極力減らすことも可能です。日々のちょっとした不注意を減らしながら、いざという時のトラブルには上手に購入店やリフォーム店を活用してみましょう。

HOMEスーツの豆知識 > スーツのSOS対処法

▲ページトップ