「スーツ マスター」世界であなただけのスーツを作る!
オーダーメイド・オーダースーツ・メンズスーツの総合情報ポータルサイト

HOMEスーツの豆知識 > スーツのリメイク法

~スーツのリメイク法~

「昔仕立ててもらった高価なスーツ。時間の経過とともに流行りも体型も変化してしまってそのままではちょっと着られない。」そう思いながらほとんど出番も無くクロ―ゼットの奥で眠ってしまっているスーツ、ありませんか?
特に高級生地を利用したスーツなどは、なんとか仕立て直しを加えて現役に復帰して欲しいものですよね。既製品が洪水のように出回る今の世の中、次の新しいものを手に入れるという喜びしか知らない人が増えてしまったことはちょっと悲しいことです。

実は古くなったものをサイズ調整したり、デザインを思い切り変えて現役復帰させる楽しみというのは、新しいスーツを購入する時の喜びとはまた違った、喜びを実感する事が出来るものです。
高価なスーツ、思い出のスーツ、捨てられずクローゼットで眠らせているのには、それぞれ必ず訳があるはずです。所有者の心の中だけにある「思い」。そんな一つ一つの思いを大切に守りながら再び活躍出来るように手を加えるのが「リメイク」です。

どのようなリメイクが行われるのか

全て消費サイクルが早くなってしまった現在において、スーツももはや消耗品の感覚になりつつあり、リフォームやリメイクする間もなく、あっさり処分されてしまうのが現状ではありますが、実は最近、リフォームやリメイクが注目を集めているのもまた事実です。
特にリメイクは見た目のデザインが変わることで、愛着を活かせる喜びと、まるで新品を手に入れたかのような喜びが混ざりあい、そこで生まれる独特な楽しみ方が逆に受けているようです。
多くの百貨店のスーツ売り場、紳士服フロアには大体お直しコーナーが常設されており、オーダースーツを取り扱うお店では、熟練の職人さんも常駐している所があります。若年層になればなるほど、普段そのようなサービスを意識する機会がなかなかないので、スーツでリメイクなんて、いまいちピンとこないという方も多いかもしれませんが、お気に入りのスーツをまた活躍させたいのでしたら、是非、利用してみてはいかがでしょうか?

では実際どんなリフォームやリメイクがなされているのか、一例を挙げてみますと、ジャケットなら肩幅調整、身幅調整、着丈調整、袖丈調整、ネーム入れ、裏地交換等。スラックスでしたらウェスト幅調整、モモ幅調整、裾丈調整、チャック交換、タックの本数調整などは一般的です。
このような微調整のリメイクで体にフィットした一着に蘇らせるものから、デザインを全く違った物にする大胆なリメイクも人気です。どっちにするかは古くなったスーツの程度やデザイン次第かもしれません。思いきって大胆にアレンジを加えるのなら、長袖ジャケットをベストにしたり、ダブルジャケットをシングルジャケットに、ポケットの形や位置を変えたり、襟の形を変えたり…。お客様のご希望を伝えお店の方と相談しながら、既製品にないあなただけのユニークな一着を仕立てる面白さもあります。

新しさを吹き込むことで、オリジナル以上の喜びになることも

また高級な生地はそれだけで価値があるものです。生地を利用して洋服以外のものに変身させる方法もあります。洋服がバッグになったり、クッションになったり、インテリアの一部になったり…。捨ててしまう前に、自由な発想でいろいろ使い方を考えてみるのも面白いかもしれません。
リメイク本やリメイク術を紹介したインターネットサイトも数多く存在します。そのような流れもあって、一時期は一般家庭でのミシン需要が落ち込んでいましたが、ここ最近再びミシンの需要が増えている傾向も、このリメイクへの価値が見直されている証と言えるでしょう。

その他、最近では着なくなった洋服を買い取ってくれる古着屋さんも増えました。まとめて売りに出すリサイクル方法が定着し、エコに貢献しながら自宅の整理整頓、お引っ越しを兼ねようという発想も随分浸透してきているようです。リメイクもリサイクルも、エコロジーの観点から見てかなり有効な手段だと言え、消費・消耗時代から再び物を大切にするという人間の原点回帰の傾向は、これからますますその重要性が叫ばれるようになるでしょう。

リメイクといえば、ファッション以外にも映画や音楽といったものを連想させ、実際よく使われる言葉です。古くて忘れ去られたもの、埋もれてしまっているものなどを、その時代にあった内容や設定に変更や追加を加えながら、新しい作品として世に出すこととされています。映画や音楽も実はリメイクだと知らずに見たり聞いたりしているものが世の中に沢山あるものです。中には原作よりもはるかにリメイクの方が興行収入がいいものも多々存在します。

スーツを初めとするファッションにおけるリメイクに関しても、単なるお直しの範囲を超えて新しさを吹き込むことで、オリジナル以上の喜びになることもあります。スーツは消耗ではなく再利用するものと思う声も。こういった考えが一人でも多くの方に定着していただくことで、「物を大切にする」という、とてもシンプルで大切な答えにたどり着きます。今一度クローゼットやタンスの奥を確認してみて下さい。きっとリメイクによって新しく息を吹き返すのを待っているスーツや洋服が待っているはずです。

HOMEスーツの豆知識 > スーツのリメイク法

▲ページトップ