「スーツ マスター」世界であなただけのスーツを作る!
オーダーメイド・オーダースーツ・メンズスーツの総合情報ポータルサイト

HOMEスーツの豆知識ビジネススーツのマナー > シャツのマナー

ビジネススーツのマナー シャツのマナー

スーツを着こなすにはある程度のマナーをおさえることが必要です。
それを踏まえた上で好印象を与えるワンランク上の着こなしのマナーも知っておきましょう。
今回は好印象を与えるシャツのマナーをご紹介します。

シャツのマナー

●基本のマナー

基本のマナー

スーツを汚れから守る下着のような役割を果たしてきたシャツ。大切なのは清潔感とサイズ感です。
スーツを着た時に、腕を下ろした状態でジャケットの袖口からシャツの袖口が1~1.5cmほど見えているのがすっきり着こなせるベストな長さ。シャツがジャケットより少し長いことによってジャケットを皮脂などの汚れから守るためです。
また、後ろ襟はジャケットから1~1.5cmほど見えているとよりスマートな着こなしになります。ジャケットから襟が見えない場合はジャケットが大きすぎ、シャツの襟にジャケットが届いてないようであればジャケットが小さすぎ、と覚えるとよいでしょう。

●襟のタイプのマナー

シャツの印象を大きく決める襟のタイプ。レギュラーカラーは就活や転職活動において王道のシャツですが、ここにワイドカラーのシャツをもってくるとネガティブな印象をもたれる可能性があるなど、襟のタイプのマナーは重要です。
ビジネスシーンにおいてはレギュラーカラーが基本ですが、クールビズでノーネクタイの場合においてのみレギュラーカラーはだらしない印象を与えてしまうので注意しましょう。ノーネクタイであれば襟先にボタンがついたボタンダウンシャツや、襟先が水平に見えるカッタウェイシャツが着こなしをすっきり見せてくれます。

●色のマナー

ビジネスシーンで社外の方に会う場合や就職活動では無地の白シャツやサックスブルーのシャツを着るようにしましょう。社内の場合は派手でなければストライプ柄なども問題ありませんが、特にスーツがストライプであればうるさい印象になってしまうので、スーツとシャツのストライプの種類や幅が異なるようにしましょう。基本的には無地の白シャツが無難ですが、海外の特にヨーロッパではホワイト=冠婚葬祭用というイメージがあるので、海外のお客様と会う場合や海外出張が多い方はサックスブルーがおすすめです。

●着こなしのマナー

形状記憶シャツの場合、アイロンをかけていないという方も多いのではないでしょうか。いくら形状記憶シャツといっても細かなシワは残っています。必ずアイロンをかけるようにしましょう。
また、第一ボタンが開いているとだらしない印象になるので、シャツの第一ボタンは必ず閉めましょう。首回りがきつくて第一ボタンが閉まらないという方はサイズが合っていません。袖口や襟がジャケットから程よく出ていることや首回りがちょうど良いサイズのシャツを求めるのであれば、オーダーメイドで作るのがおすすめです。オーダースーツを作る際に、合わせてシャツもオーダーするのはいかがでしょうか。

HOMEスーツの豆知識ビジネススーツのマナー > シャツのマナー

▲ページトップ