「スーツ マスター」世界であなただけのスーツを作る!
オーダーメイド・オーダースーツ・メンズスーツの総合情報ポータルサイト

HOMEスーツの豆知識ビジネススーツのマナー > パンツのマナー

ビジネススーツのマナー パンツのマナー

スーツを着こなすにはある程度のマナーをおさえることが必要です。
それを踏まえた上で好印象を与えるワンランク上の着こなしのマナーも知っておきましょう。
今回は好印象を与えるパンツのマナーをご紹介します。

スタイルのマナー

スタイルのマナー

●フィット感

ジャケットを肩で着るジャストフィットサイズを選んだなら、パンツは腰骨で履くイメージでジャストフィットのものを選びましょう。
サイズに関しては、ウエストに指が一本入る程度の余裕をもたせます。ゆるすぎるとだらしない印象になり、パンツに縦じわが寄ってしまうからです。
逆にぴったりしすぎてもパツパツな見た目で窮屈な着心地になってしまうのでNG。指一本入る程度の余裕があれば、歩いていてパンツが下がってくることがあっても腰骨のところでちょうど止まってくれます。

●着丈・裾

最近のトレンドはパンツの裾が靴にほとんどかからないノークッションです。
特に裾幅が20cm以下の細身のパンツは靴にかかるかかからないか程度の長さの方がすっきりした印象に見せてくれるので、格好良く決まります。
裾幅が20~22cmくらいの少しゆったりしたタイプのパンツの場合は、シングル、もしくはワンクッションの靴に3~4cmかかる程度。かかとから1~2センチの長さで合わせましょう。靴のかかとにかかってしまうとだらしなく見え、摩擦によって裾も傷んでしまいます。

センターラインのマナー

センターラインのマナー

パンツのセンターラインはしっかりつけるようにしましょう。
身だしなみに気を配れる余裕があることや清潔感を印象づけられますし、なにより足をすっきり長く見せてくれる効果があるので、まっすぐのセンターラインは好印象を与えるスーツの着こなしに必須です。
センターラインが消えそうな時はアイロンでプレスしたり、クリーニング店でセンタープレス加工を依頼したりしましょう。

ジャケパンスタイルのマナー

ジャケパンスタイルのマナー

ビジネスシーンでは上下を揃えるのがスーツのマナーですが、どうしても上下を揃えられない場合は以下のマナーを守りましょう。

●柄を揃える

どうしてもカジュアルな印象を与えてしまうジャケパンスタイル。ジャケットがストライプでパンツが無地だとちぐはぐな印象を与え見栄えがよくありません。無地であれば上下無地で合わせ、ストライプであればできるだけラインの太さが上下合っているものを選びましょう。

●色味を揃える

上下の色が違うものを合わせるとどうしても不自然に見えますし、パンツが黒ならジャケットは何色でも大丈夫と考えるのはNG。カジュアルすぎる印象を与えてしまいます。明るい場所ではスーツの色がはっきりとわかります。色をそろえることは重要なポイントです。

●着丈を揃える

ジャケットのサイズが明らかに大きいのにパンツは細身のジャストフィットというような着丈は、明らかにちぐはぐしていてスマートな着こなしとは言えないでしょう。上下別々にスーツを購入する場合などは特に上下両方を着て着丈をチェックするようにしましょう。オーダースーツを再度仕立てる時には、以前のデータを利用することをおすすめします。

HOMEスーツの豆知識ビジネススーツのマナー > パンツのマナー

▲ページトップ