「スーツ マスター」世界であなただけのスーツを作る!
オーダーメイド・オーダースーツ・メンズスーツの総合情報ポータルサイト

HOMEスーツの豆知識ビジネススーツのマナー > ジャケットのマナー

ビジネススーツのマナー ジャケットのマナー

基本のマナー

スーツを着こなすにはある程度のマナーをおさえることが必要です。
それを踏まえた上で好印象を与えるワンランク上の着こなしのマナーも知っておきましょう。
今回は好印象を与えるジャケットのマナーをご紹介します。

スタイルのマナー

●フィット感

ジャケットはスリムフィットを選びましょう。
お腹周りにこぶしが一つ入るくらいがベストフィットです。スリムフィットが人気とはいえ、あまりにもスリムすぎるとジャケットの前身頃にシワが酔ってしまいますし、ボタンを閉めた時に背中に横シワが入ってしまいます。
ただし、ボタンを留めた時に縦にシワが入った場合は、生地が余っていて大きすぎなので、背中のシワも見てジャケットのフィット感を確認しましょう。

●肩幅

着た時にはジャストフィットだと感じられて、肩先をつまむと1cmつまめるくらいの「肩+1cm」の肩幅がおすすめ。「ジャケットは肩で着る」なんて言葉もあるので、きちんと肩幅が合っているジャケットはかっこよく見えます。

●着丈・袖丈

着丈はお尻がギリギリ隠れる長さがスタンダード。ここ数年は着丈がお尻の中心になるジャケットも見られますが、オーダースーツは数年着ることやフォーマルな場にも着ていくことを考えるとスタンダードな着丈が良いでしょう。袖丈は手を下ろした時に手首が隠れ、親指が全て出ているのがジャストの長さです。シャツの袖口が1.5cmほど見えているのがちょうど良いバランスになります。

ボタンとフラップのマナー

カラーのマナー

初めてスーツを着た時に誰もがうっかり留めてしまうのがジャケットの一番下のボタン。しかし、ジャケットの一番下のボタンは留めません。
ジャケットのポケットについているフラップと呼ばれるフタの部分は、室内ではポケットの中にしまうのがマナー。本来雨やホコリからポケットを守るために作られているからです。しかし、屋外であってもパーティーなどのフォーマルなシーンではフラップをしまうようにしましょう。
海外では一般的で、日本ではそれほど浸透していないマナーが、着座中はボタンを外すこと。ジャケットにシワがよって型崩れしないようにするためにボタンを外すのが基本です。
前述した通り、日本では浸透していないので、面接時や目上の方と会う時には留めたままが無難でしょう。ただ、スーツを型崩れさせないことを考えると、状況が許す時には外しておきたいものです。

クールビズのマナー

暑い夏に年々一般的になりつつあるクールビズ。しかし、社外の方に会う場合はジャケットを用意しておきましょう。
ビジネスでのフォーマルウェアは長袖シャツにジャケット。相手がジャケットを着ているのに忘れてしまって気まずい思いをするような事態にならないように、ジャケットは持ち歩きましょう。
どうしても暑いからといってジャケットの下に半袖シャツはNGです。前述した通り、ジャケットからシャツの袖が1.5cmほど見えているのがよいので、半袖シャツでは不自然になってしまします。
本来クールビズのために作られた半袖シャツ。ノージャケット、ノーネクタイで着るのが基本なのです。

HOMEスーツの豆知識ビジネススーツのマナー > ジャケットのマナー

▲ページトップ