「スーツ マスター」世界であなただけのスーツを作る!
オーダーメイド・オーダースーツ・メンズスーツの総合情報ポータルサイト

HOMEスーツの豆知識 > 意外と知らない、スーツの裏地とボタン

~意外と知らない、スーツの裏地とボタン~

格安スーツでは選ぶことが出来ない裏地とボタン。セミオーダーやオーダーのスーツであれば当然選択出来ますが、あまりよく考えないままに選んでしまってはいませんか。
実は目立たないそういったパーツにこそこだわるのがファッションの大きな楽しみのひとつ。
また、あなたへの評価を上げるポイントにもなるのです。ここでは、そんなスーツの裏地とボタンについて紹介しましょう。

裏地について

スーツの背中の部分には「ベント」と呼ばれる切れ込みが入っていることがあります。
真ん中に一本入っているものを「センターベント」、左右に一本ずつ、計二本入っているものを「サイドベント」と呼び、さらに切れ込みのないものは「ノーベント」と呼んで区別しています。裏地は「サイドベント」のスーツの場合に最も目立ちます。また、ジャケットを脱ぐ際に見える場合もあるでしょう。とはいえ、それらがこれみよがしなパーツかといえば、違います。基本的には見えない部分を飾るものであり、裏地へのこだわりは、まさに「粋」とも呼べる世界です。

そもそもスーツの裏地とは、汗の吸収や袖のすべりの良さを実現するための機能的な意味合いを持つものです。
従って、既製品のスーツの多くの裏地には速乾性のポリエステル生地が用いられることが多くなっています。また裏地には正確にいうと、ジャケットの裏側を覆う「胴裏」と袖の裏の「袖裏」があります。一般的に裏地というと「胴裏」を指すようですが、ショップによっては「袖裏」のオプションを揃えているところもあります。

この裏地で自分好みを追及するとなると、色や柄に加え、生地の素材を選ぶことになります。
主な素材には、既に述べた、吸湿性に優れ、シワが付きにくくて型崩れもしにくい「ポリエステル」、吸湿性が高く丈夫で静電気が発生しにくい、シルクのような手触りの「キュプラ」、また両者の長所を足し合わせた混紡素材はクリーニングによる縮みの心配もありません。他には、保温性と柔軟性に優れ、毛玉になりにくくて肌触りも滑らかな「アルパカ」素材もあります。

ボタンについて

ボタンには、服地同士を繋ぎ合わせる「留め具」としての役割の他、「装飾具」としての役割もあります。
ヨーロッパでボタンは、古くから王族の権威を象徴するアイテムであったといわれ、装飾品としての歴史の長さを感じさせます。つまり、スーツにおけるボタンは、そのオシャレ度や格を決める重要なアイテムだということが出来るでしょう。

スーツのためのボタンを選ぶ際は、専用のサンプルを使って行います。
色合いや生地との相性を確かめることはもちろん、光沢や感触もしっかりと確かめて選びたいですね。主要な素材には、染色性が高く発色にも優れ、丈夫で割れにくい「ポリエステル」のボタン、高級感のある独特の光沢があって時間を経ても変色しづらい「水牛」の角で作ったボタン。また、ヤシの実を原料とする「ナット」ボタンは艶のないマットな表情が特徴で使いこむごとに風合いを増していきます。他にもジャケットに用いられる「レザー」ボタンや黒蝶貝や白蝶貝を原料とする「貝」ボタンもあります。

いかがでしたでしょうか。裏地、ボタンともに意外と奥が深いことに驚かれたのではないでしょうか。
次にスーツをオーダーされる際は、これらにもぜひ注目をしてみて下さい。スーツ作りをさらに楽しんで頂けるでしょうし、出来上がったスーツをまとう喜びもさらに増すはずです。

HOMEスーツの豆知識 > 意外と知らない、スーツの裏地とボタン

▲ページトップ