「スーツ マスター」世界であなただけのスーツを作る!
オーダーメイド・オーダースーツ・メンズスーツの総合情報ポータルサイト

HOMEスーツの豆知識 > 今さら聞けないスーツの種類

~今さら聞けないスーツの種類~

一口でスーツと言ってもTPOや使用目的によって様々です。スーツ着用目的を大まかに分けると、
フォーマル、ビジネス、カジュアルとなります。男性がスーツデビューするのは恐らく成人式や就職活動と言った場面だと思われますが、それ以降は大人のマナー・大人の嗜みとしてスーツを知っておく必要があります。
ここでは「聞いたことはあるけど実際どんなスーツなんだろう?」という素朴な疑問から、知ってるようで知らないスーツの種類についてのお役立ち情報をまとめてみました。是非参考にして下さい。

目的別による種類

《リクルートスーツ》

紺やグレー系で無地を基調としたシンプルなスーツ。ファッション性よりも清潔感のあるオーソドックスなシルエットが特徴。元々ビジネススーツとリクルートスーツに大きな違いはなく、紳士服商戦の一つとしてカテゴライズされたもの。

《ビジネススーツ》

リクルートスーツとの明確な違いはなく、その名の通り普段のビジネスシーンで着用されるスーツ。やはり、控えめで清潔感のあるオーソドックスなタイプが好まれますが、季節を意識してスリーシーズンスーツ(春夏秋に合わせて薄手の生地に裏地を付けない背抜き仕立て)、イヤ―ラウンドスーツ(1年通して着用可能)など、様々なタイプがあります。また最近では、家庭で丸洗いができ、シワになりにくい加工のウォッシャブルスーツなども登場し、実用的で機能的なスーツも増えてきています。

《フォーマルスーツ・礼服》

本来、フォーマルスーツと礼服は別物として扱われるものですが、礼服の簡略化に伴って、最近では呼び方も曖昧なのが現状です。元来、立場や時間帯で着用の種類が異なるため、ある程度マナーとして知っておくと便利です。

燕尾服 最も格調高い夜の正礼服です。テールコートとも呼ばれ、指揮者や皇族の結婚式、勲章授与などの式典で見られます。
モーニング 昼の正礼服。結婚式の新郎または新郎新婦の父に着用され、日本ではよく見られるタイプ。
タキシード 最近では燕尾服に代わって夜の準礼服として広く認められています。
ディレクターズスーツ 昼の準礼服として結婚式などで上司などの主賓格の人や親族などが着用します。
ブラックスーツ 最も大衆的で時間帯を問わず慶事・弔事幅広く使える日本独自の便利な略礼服です。あくまでも日本の文化的背景から派生したものなので、海外では単なる葬儀用と見られます。
ダークスーツ 濃紺やダークグレーのいわゆる無地の一般的なスーツの事です。海外ではブラックスーツよりもむしろこちらが重宝されています。

《ラウンジスーツ》

19世紀後半から20世紀前半にかけて着用されていたスーツの総称で、英国では前者、米国では後者で呼ばれていました。

《タウンスーツ》

いわゆるカジュアルウェアとして着用される軽い着心地の普段使いスーツです。

仕立てによる種類

《アンコンストラクテッドスーツ》

肩パッド・芯地・裏地等を省き利便性に特化したスーツです。シャツのように軽く着られ、カジュアル・スポーティな雰囲気を出すことが出来ます。一般的なスーツとの中間で「セミストラクチャードスーツ」という仕立てもあります。

《カントリースーツ》

カントリー風生地で仕立てたカジュアルなスーツです。

《テーラードスーツ》

生地・仕立てがしっかりとした堅めのスーツです。

《ソフトスーツ》

テーラードスーツに対し、ソフトな生地を用いてソフトな仕立てをしたスーツです。

《DCブランドスーツ》

DCブランド(Designer's & Character'sの略)による若年層向きで前衛的なデザインのスーツです。個性が強く出るためビジネスシーンには向いていません。

《ビーフィースーツ》

コーデュロイやベルベットを用いた厚手の生地を使用したスーツの総称を言います。

ボタン配列による種類

《シングルスーツ》

ジャケットの前ボタンが縦一列に並んでいるスーツ。ビジネス、パーティー、普段のオシャレ着まで幅広く使用出来る最も一般的なデザインです。フロントボタンが縦1列に配列されており、2つボタン、3つボタン、3つボタン折り返し、4つボタンタイプがあります。

《ダブルスーツ》

上着の合せ部を大きく重ねたもので、ボタンが縦2列あるスーツです。立場やシーンによって「重厚感」や「フォーマル」感を演出出来るのが特徴です。一昔前まで日本でも大流行したデザインです。4つボタン、6つボタン、8つボタン、オールインライン(2列のボタン配列が平行に並んでいるスーツ)、スプレッドアウト(2列のボタン配置がV字型に並んだもの。現在主流のダブルスーツ)などがあります。

《ローツー》

ボタン位置の低い2つボタンスーツの俗称です。

《ハイツー》

ボタン位置の高い2つボタンスーツの俗称です。

HOMEスーツの豆知識 > 今さら聞けないスーツの種類

▲ページトップ