「スーツ マスター」世界であなただけのスーツを作る!
オーダーメイド・オーダースーツ・メンズスーツの総合情報ポータルサイト

HOMEスーツの豆知識 > 色別スーツスタイルの印象

~色別スーツスタイルの印象~

「出来る限り好印象を与えられるスーツを選びたい」誰もがそう考えるものです。
スーツの印象はスーツ自体の色はもちろん、それに合わせるシャツやネクタイなど、いわゆるVゾーンの色遣いによっても大きく変わってきます。それぞれの色があなたにどのような印象を与えるのかをきちんと知っておくと、自分が理想とする印象作りにより効果的なコーディネートが出来るようになり、スーツスタイルを意のままに楽しめるようになるでしょう。

似合う色の見つけ方

ここでは、その最も簡単で確実な方法についてご紹介しましょう。
「パーソナルカラー」などの専門的な診断方法ではなく、誰もが自分で気軽にチェックの出来る方法です。
まず、自然光のもとで鏡の前に立ち、自分が身に付けてみたい色のアイテムを自分の顔の下のあたりに近づけてみて下さい。もし顔が明るくすっきりと見えるなら、それは正しい色を選んでいることになります。
一方で顔色が暗く、くすんで見えてしまう色は、疲れて元気がない印象を与えてしまうのでNGです。自宅で手持ちの服を使い、色々と試してみるとよいでしょう。

似合う色の使い方

スーツとネクタイ、シャツなどのコーディネートを行う際は、「ベースカラー」、「アソートカラー」、「アクセントカラー」の3色をどのような割合で組み合わせるかがポイントです。
一つ目の「ベースカラー」はその人の印象や雰囲気に最も影響する色で、洋服全体のおよそ70%としましょう。スーツスタイルではスーツの色がこれに当たります。
二つ目の「アソートカラー」は全体の20%程度に。シャツの色がこれに当たります。ベースカラーを引き立てながら全体をまとめるのが、その役割です。
残り10%が最後の「アクセントカラー」で、全体にメリハリを与えるもの。ネクタイの色がその役割を果たしています。あなたの顔の印象を特に引き立てる色は、より顔に近いVゾーンのシャツやネクタイに用いるとよいでしょう。またビジネスシーンにおけるスーツのコーディネートに用いる色は3色までに抑えると、よりすっきりとした若々しい印象に繋がります。

色系統ごとの特徴と印象

スーツの色選びによる特徴と印象を、ここでは4つの色の系統に分けてご紹介しましょう。
特にビジネスシーンでは元気で活発な印象を与える色選びが重要です。
そのため、スーツとネクタイそれぞれにあえて対照的な色の組み合わせを用い、はっきりとしたコントラストを作って好印象を狙うというテクニックもあります。

ネイビー・ブルー系

《ネイビー・ブルー系 》

ネイビーのスーツは、ビジネスシーンで最も基本とされる色です。
ブルー系ととともに、色そのものが上品で知的な印象と信頼感を相手に与えるからです。
一方で、これらの色は無難で地味になりがちな傾向もあります。そこでネイビーやブルー系の生地は無地だけでなく、ストライプなどの柄が入ったものも検討するとよいでしょう。
また、もしスーツが無地の場合でも、模様入りやパステルカラーのシャツと組み合わせると印象がぐっとお洒落なものに変わります。

グレー・ブラック系

《グレー・ブラック系 》

一般的に濃いグレーは日本人の肌色と合わせやすくビジネス向きで、色が淡くなるほどにカジュアルな印象が強まります。単色では落ち着いた印象を与えるグレーですが、シャツやネクタイの色との組み合わせによって大きくイメージが変わります。それらの色をアクセントとして用いれば、より若々しく明るい印象を与えられるでしょう。

また、フォーマルな印象の強いブラックですが、最近は新入社員のスーツに好んで用いられ、ビジネスシーンでも一般的な色となりました。
ただし、あまりに濃いブラックはフォーマル感が自然と強まってしまうため、色は黒に近い濃いグレー(チャコールグレーなど)を、また織柄のある生地やストライプのような地模様のある生地を選ぶのがおすすめです。
シャツに白を選び、コントラストの強い色のネクタイと組み合わせれば、より洗練されたイメージになります。

ベージュ系

《ベージュ系》

穏やかでナチュラルな印象を与えるベージュはTPOをわきまえて着用したい色です。
明るめのベージュにチェックのシャツやネイビーのネクタイを合わせればとてもお洒落な印象になります。
一方でベージュは固めの職場や重要な会議の席にはあまりふさわしくない色だといえそうです。特に就職試験の面接では、面接官に無気力な印象を与えてしまいかべないので避けるようにして下さい。

ブラウン系

《ブラウン系》

落ち着いて円熟味のある印象を与えるブラウンのスーツは素材の質のよいものを選ぶことが重要です。また、コーディネートしだいでは年齢を高めに見せてしまう恐れがありますので注意しましょう。
合わせるシャツの色はサックスブールがおすすめ。ネクタイは同じブラウン系を選ぶとすっきりとした印象になるでしょう。

HOMEスーツの豆知識 > 色別スーツスタイルの印象

▲ページトップ