「スーツ マスター」世界であなただけのスーツを作る!
オーダーメイド・オーダースーツ・メンズスーツの総合情報ポータルサイト

HOMEスーツの豆知識 > スーツの歴史 日本・各国

~スーツの歴史 日本・各国~

一見さほど変化がないと思われがちなメンズスーツのデザインですが、歴史背景とともに形や色、柄、素材など少しずつ変化させ、新しいテイストを加えながらその時代にあったトレンドを作り上げているのです。
19世紀イギリスで、ラウンジでくつろげるものを、と作られた衣服が現在のスーツの原型とされ、19世紀後半~20世紀初頭にアメリカのビジネスマンが、ビジネスシーンで着用したことで世界に普及したと言われています。

ここでは更にスーツの源流にまで遡り、日本におけるスーツの歴史についてもご紹介致します。

スーツの源流

スーツの源流は15、16世紀ヨーロッパのフロックコートだと言われています。農民の農作業着として、また軍人の軍服や貴族のコートとして、機能は全く異なるものの、幅広く用いられてきた当時スタンダードな形でした。

18世紀から19世紀になると、朝の散歩用に歩きやすく前裾を大胆にカットしたモーニングコートや、乗馬に適した形に改良された燕尾服(テールコート)がイギリスで登場します。これらは貴族が朝の日課である乗馬の後、そのまま宮廷に上がれるようにとのことから礼服化し、現在でも正礼服としてその役割を果たしています。
現在燕尾服といえば皇族の結婚式や舞踏会、クラシックコンサートや社交ダンス大会、勲章授与式典など、大変格調高い特別な場所でのみ見られるもので、ほとんど一般の男性が袖を通すことはないでしょう。因みに「ホワイト・タイ」というドレスコード指定がある場合はこの燕尾服を指します。

余談になりますが、日本で正礼服といえばモーニングを思い浮かべる方が多いでしょう。一般の結婚式でも新郎や新郎新婦の父親に着用され、燕尾服よりは身近な存在でしょう。日本では西欧のようにセレモニーなどの時間帯で着替える習慣がないため、昼でも夜でもこのモーニングが着用されています。
しかし本来モーニングはその名の通り昼の正礼服です。夜は夜用の正礼服を着用するのが本来のマナーなのです。一歩国外に出るとこの常識は今でもルールとして存在するので是非覚えておきたいものです。

さて話をスーツの歴史に戻しましょう。フロックコートもモーニングも燕尾服も、これらは主に、屋外着用を目的としたものでした。やがて、屋内でくつろげるような室内着として、すその部分をカットした、現在のジャケットスタイルが登場します。これはスモーキングジャケットと呼ばれ、後にタキシードと呼ばれるようになります。

因みに燕尾服が「ホワイト・タイ なのに対し、ドレスコードに「ブラックタイ」とあればタキシードを指します。実際、スーツの起源・歴史には諸説あり、上記のように英国貴族に由来するものから、軍服からの派生とされるものもあります。
例えば軍服の詰襟をたおし、くつろいだ形が現在のスーツの襟の形で、更にそれに伴いボタンの数が5、4、3と減らされ今のスーツジャケットに至るとされている説もあります。いずれにせよ、その時代時代の背景に伴って少しずつ形を変えながら現在のスーツシルエットにたどり着くのです。

欧米諸国のスーツの歴史

20世紀初頭、現在の形の幅タイが登場し、より軽快感のあるスーツ生地開発が進みました。当時のスーツは、短い背広丈にワイド・ラウンデッド・ショルダーの肩、極端に広い胸幅が特徴的です。色もピンクやラベンダー系が多かったのに対し、グレーとブルーへと変わってきたのもこの頃なのです。やがて時代はナチュラル・ショルダーへと移行しました。第一次大戦の影響もあってカーキ色の厚手綿布やコーデュロイのコート等が流行し、ナチュラルでスリムなシルエットが好まれるようになります。

1920年代、アメリカの経済成長は同時に市民のファッションにも大きく影響を与えました。ビジネスマンが影響力を持つようになり、ゴルフやテニスなどのスポーツがポピュラーなスポーツとして注目を集め、1960年代にはアイビー・リーグ(アメリカ名門8大学のアメフトリーグ)の学生がヤングファッションとしてステイタスを築き上げ、大人気ファッションへと変化して行くのです。

1960年代後半、それまでダークトーン中心の男性ファッションに華やかさや色彩を取り入れる動き、ピーコック革命がおこりました。それまで白一色だったシャツにもカラーバリエーションが増え、デザインも華やかになるなど、スーツスタイルがさらに幅広く変化していくのです。

やがて時代はデザイナーズブランドの時代へと移り変わります。1980年代にはイタリアファッションが注目されるようになり、元々根強かったサルトリア文化(素材や着心地を追求した仕立て屋文化)が台頭するようになりました。

日本のスーツの歴史

日本でスーツは幕末末期~明治時代以降軍服を起源とする考えが有力です。その頃のスーツといえばイギリス、アメリカ、フランスの製品のスリーピーススーツと言われています。実際は和装の人がまだまだ多くいたので、日本での洋装といえばむしろフロックコートが主流の時代でした。

その後、大正時代になると男性のスーツスタイルも一般化し、やがて日本のスタンダードファッションへと変わっていきます。因みにこの時代でスーツと言えばオーダーメード製品だけでした。職人の手によって一人一人の体型に合わせ作られるものです。
しかし戦後、機械の発達、産業のオートメーション化への移行に伴い、レディメード(既製品)による大量生産の時代へと変化していきます。現在オーダースーツを仕立てるのは一部のこだわりを持った愛好家、体型に合わせたスーツを必要とする人などが中心で、そのほとんどが既製品で済まされているのが現状です。この変化こそが日本におけるテーラー技術の衰退とも言われています。

このように日本でのスーツの歴史を紐解く時、文明開化とともに歩んで来た事が良く分かります。そしてその急激なまでの西欧文化への移行が、本来の意味やマナーの浸透の遅れを招き、やがて日本独自のスーツ文化を築きあげることとなったことに起因するのです。
例えば時間帯によって礼服を着替える習慣は日本にはないため、夜の結婚式でもモーニング着用が良く見られますし、フォーマルスーツとして幅広くブラックスーツが認められていますが、実際欧米ではブラックスーツは葬儀用として着用されているなど、日本だけの常識が実は沢山存在するのです。

いずれにせよ、世界的に見てもスーツ・礼服の簡素化、略式化が進む傾向にある事は事実で、今後もスーツはその時代に合った形に進化し続ける事でしょう。

HOMEスーツの豆知識 > スーツの歴史 日本・各国

▲ページトップ