「スーツ マスター」世界であなただけのスーツを作る!
オーダーメイド・オーダースーツ・メンズスーツの総合情報ポータルサイト

HOMEスーツの豆知識 > スーツに使用される生地・柄

~スーツに使用される生地・柄~

スーツ選びの三要素として、1モデル、2素材や生地、3色や柄が挙げられます。
スーツ初心者の場合、ついつい1のモデルばかりに目が行きがちですが、本当にスーツにこだわる方ですとやはりスーツの基本は生地選びからと言っても過言では無いのです。
素材や繊維、織り方、織り柄、加工方法など、ある程度生地の知識を持っていれば、その生地の風合いや特徴を楽しみつつ、実際スーツを着る場や季節、目的にあった一着を選ぶことが出来ます。ここでは、2、3にあたる素材や生地、色柄などについてご紹介したいと思います。

生地を織る糸の種類

《紡毛糸(ぼうもうし)》

5cm以下の様々な毛足の羊毛を取り混ぜて作った糸。ウーレンとも言います。空気を含み柔らかく、毛羽が多いのでいろいろな風合いを持たせることが出来ます。

《梳毛糸(そもうし)》

比較的長い毛を梳いて短い毛を取り除いてから糸にするので繊維は平行にそろっています。紡毛糸に比べると保温性は劣るものの、摩擦に強く耐久性に優れているのが特徴です。生地を織る糸の主流はこちらの梳毛糸。ウーステッドとも言います。

生地の織り方

生地のほとんどは「平織」「綾織」「朱子織」のどちらかで織られており、これを三原組織といいます。生地選びのコツはTOPや季節に合った生地選び。丈夫で長持ちする生地と素材の風合いを楽しむのとでは選ぶ素材も変わってきます。

《平織》

縦糸と横糸を交互に1本ずつ織る最も基本的な織り方。繊維の密度が高く硬めでハリのある仕上がりなので摩耗にも強いのが特徴です。

《綾織》

縦糸と横糸が2本以上連続して織られ、織り目が斜めになった組織です。表面にその斜めの線が見えるので、斜文織(しゃもんおり)とも言われます。平織りに比べ光沢があり柔らかい風合いが特徴です。また伸縮性に優れ、シワがよりにくい等の利点もあります。

《朱子織》

縦糸もしくは横糸のどちらかを4本以上連続して織る織り方です。サテン織りとも呼ばれます。

繊維の種類 天然繊維=植物繊維、動物繊維など

《綿》

触りがよく通気性、吸水性に優れ、熱に強くて丈夫だが縮みやすくシワになりやすい。

《麻》

通気性、吸湿・発散性に優れているため清涼感がありますがシワになりやすく摩擦で毛羽立ちやすい。 

《絹(シルク)》

美しい光沢で肌触りもよく、保温性・保湿性・発散性に優れていますが、シミになりやすいうえ水に濡れると縮みやすく、熱や害虫にも弱いデリケートな繊維です。

《羊毛(ウール)》

保温性・伸縮性・弾力性に優れ、水をはじきやすく、吸湿性にも富んでいます。シワになりにくく、型崩れしにくいのでスーツ生地の代表格とも言えます。ただし、虫がつきやすく縮みやすい特徴もあります。

繊維の種類 化学繊維=再生繊維、半合成繊維、合成繊維など

《レーヨン》

主原料は木材パルプです。吸湿性がよく光沢があり肌触りもいいのですが、水に濡れると強度が下がり摩擦にも弱いので洗濯で縮みシワになってしまいます。

《キュプラ》

コットンリンターを使用した体にやさしい自然の繊維です。吸湿性がよく強度もあり縮みにくいことから裏地としてよく使用されますが、摩擦により毛羽立ちやすい面もあります。

《ナイロン》

絹に最も近い合成繊維です。非常に強く弾力性に富み、シワになりにくいのが特徴です。吸湿性が低く、静電気を起こしやすく熱にも弱い面があります。

《アクリル》

ウールを目標とした合成繊維です。弾力性に富み、軽くシワになりにくいのが特徴ですが、吸湿性が低く静電気を起こしやすい特徴もあります。

《ポリエステル》

強度が非常に強く、シワや型崩れを起こしにくく、乾きが早いため幅広く衣類に用いられている繊維です。吸湿性が低く、静電気が起きやすい特徴もあります。

繊維の種類 化学繊維=再生繊維、半合成繊維、合成繊維など

《ストライプ》

チョークストライプ 太めで少しかすれた輪郭の縞柄です。
ペンシルストライプ 細く幅間隔も狭い縦縞です。
シャドーストライプ 一見無地のように見えるが光の角度によって縞が浮き立ちます。

チョークストライプ

ペンシルストライプ

シャドーストライプ

《チェック》

ウィンドーペーン 細い1本の縦じまと横じまが交差した長方形または正方形の柄になっており、縦横同じ本数になっているのが特徴です。
グレンチェック グレナカートチェックの略称です。細いものや粗い数種類のチェックを交互に配した格子柄です。
ハウンドトゥース 日本では「千鳥格子」とも呼ばれています。
ガンクラブチェック 同色の濃淡または色違いの2種類のチェックを組み合わせた小格子柄です。

ウィンドーペーン

グレンチェック

ハウンドトゥース

ガンクラブチェック

《その他》

ヘリンボーン 綾目の流れがジグザグになった織り方です。コートやジャケットによく使用されます。
シャークスキン 縦・横に白糸と色糸を1本ずつ交互に使った綾織物です。ジグザク状でサメの皮のような風合いがあります。
バーズアイ 鳥の目のような小さい丸い斑点を並べた柄です。

ヘリンボーン

シャークスキン

バーズアイ

HOMEスーツの豆知識 > スーツに使用される生地・柄

▲ページトップ