「スーツ マスター」世界であなただけのスーツを作る!
オーダーメイド・オーダースーツ・メンズスーツの総合情報ポータルサイト

HOMEスーツの豆知識 > ご家庭でのお手入れ方法:スーツ編

~ご家庭でのお手入れ方法:スーツ編~

~ご家庭でのお手入れ方法:スーツ編~ スーツが代名詞ともいえるビジネスマンはもちろん、普段仕事では着ることがない方でも冠婚葬祭などフォーマルな場面で着用するために、大人の男性なら必ず数着スーツを持っているはず。

購入時はデザインや品質などにこだわって選んだお気に入りの一着。しかし、その後実際に着るようになってからのお手入れは正しく出来ていますか?

「着た後はすぐクリーニングに出しているから」「プロにお願いすれば間違いない」と答える方も少なくないと思いますが、着用するたびにスーツをクリーニングに出すのはむしろ逆効果。スーツの寿命を縮めることになりかねません。例えばウール素材の場合、生地が本来持っているはずの脂分までがプロ用の洗剤によって落とされてしまうため、美しいツヤがなくなりテカリが出てきてしまいます。たとえ高価なスーツであっても、これでは台無しです。

値段に関わらず、スーツを状態良く保つには自宅でのお手入れが欠かせません。そこで、このページではご家庭で出来るスーツのお手入れ方法をご紹介したいと思います。

基本のお手入れ

基本のお手入れ

まず前提として、毎日スーツ姿で働くビジネスマンの皆さんに気を付けて欲しいのが、同じスーツを連日着用しないこと。1日着たスーツはその後2日間休ませてあげましょう。

ほとんどのスーツの生地に含まれるウール(羊毛)は、復元力に優れた素材。着用時に出来てしまうシワや型崩れは、本来スーツ自身が持つ復元力で回復しシルエットを保ってくれるのです。

とはいえ、ジャケットに深いシワがついてしまった場合は、ハンガーにかけたままスチームアイロンやスチームブラシを軽くあててシワを伸ばておきましょう。スチームの蒸気はニオイの粒子と結びつくので、ニオイ対策としても有効です。パンツも、センタープリーツラインが消えたりシワになったりしている時は、パンツプレッサーでプレスするか当て布をしてアイロンがけを行って下さい。

ホコリ汚れ

ウール素材が復元力に優れていることは先にも述べましたが、うろこ状の繊維が内部で湿気を吸収する特徴も持ち合わせています。それゆえホコリを溜めこみやすく、放っておくと生地を傷める原因にもなるので注意が必要です。

着用後のスーツは、軽く叩いてホコリを浮き上がらせてから、ハンガーに掛けたまま上から下の一方向にブラッシングします。ガムテープやコロコロ粘着シートでホコリをくっつけて取る方が早いと思われがちですが、生地を傷めるのであまりおすすめしません。

その後は霧吹きで軽く潤いを与えてから風通しの良いところに干しておきます。なお、ジャケットを掛けるハンガーは肩幅の合った厚みのあるものを使いましょう。

シミ汚れ

食事や移動途中など、思わぬトラブルに見舞われて着ているスーツが汚れてしまうことがありますよね。それを放っておくなど、いいかげんな応急処置をするとスーツを台無しにしてしまいます。

シミの成分は主に水溶性・油溶性に分かれます。もちろんクリーニングに出すのが一番なのですが、たとえわずかな部分汚れであっても時間が経つとプロでも落とせなくなってしまいます。クリーニングに出す前に、原因に応じて慌てず正しく処置しておくことが肝心です。

汚れが水溶性か油溶性かわからない時は、シミがついた箇所に霧吹きで水をかけて10秒ほど待ちます。水がしみ込めば水溶性で、しみ込まないなら油溶性です。

▼水溶性

[例]

ジュース・コーヒー・アルコール類・しょうゆ・ソース など

[その場での応急処置]

シミの下にティッシュやハンカチなどを敷いておしぼりや固く水をしぼった布でシミをたたき、手にした布に汚れを移します。

[自宅に帰ったら]

タオルなどの当て布を下に敷いてから、水でしぼったタオルを使ってシミをたたきましょう。それでもシミが残っていた場合、中性洗剤で同様にたたきます。洗剤を使ったら、この後再び水をしぼったタオルで洗剤を落とすのを忘れずに。

▼油溶性

[例]

マヨネーズ・ボールペン・サインペン・口紅など

[その場での応急処置]

マヨネーズは乾いたハンカチやティッシュで、油分を吸い取るように汚れをつまみ取りますが、ペンや口紅はそのまま触れずにおきます。

[自宅に帰ったら]

タオルなどの当て布を下に敷いてから、アルコールやベンジンを含んだ布でたたきます。落ちない場合は水に溶かした洗濯洗剤を含んだ布でたたいて下さい。布ではなく使い古しのハブラシを使っても良いでしょう。最後は水をしぼったタオルで、アルコールや洗剤を落として下さい。

汗汚れ

外出の多い仕事をしているビジネスマンに限らず、夏場のスーツは汗や皮脂の汚れに悩まされます。近頃はウォッシャブルスーツも増えましたが、まだまだ一般的なスーツは洗濯機で洗えないどころか、ドライクリーニングに出しても汗汚れには効果がありません。夏はスーツにとって、自宅でのお手入れがより一層重要な季節なのです。

汗を吸いこんでしまったスーツには、その箇所を濡らしたタオルを使いシミ汚れの時と同じ要領でたたきましょう。そこに霧吹きで水をふきかけ、たたいた時に濡れた部分をぼかします。その後は乾いたタオルで湿気を取って下さい。

そこまで出来たらようやく、風通しの良い場所に陰干しします。この時、除菌消臭スプレーをかけておくのもおすすめです。

クリーニング

クリーニング

日々のお手入れが大切ということはおわかりいただけたと思いますが、それでもやはり、シーズンが終わって衣替えをするときには前シーズンのスーツをクリーニングに出して、自宅ではケア出来ない汚れを落としてもらいましょう。

返ってきたスーツは、ビニール袋を被せたままクローゼットにしまい込むのはNG。湿気がこもるのでカビの原因になります。テーラーバックや通気性の良い不織布のカバーに掛け変えて保管し、防虫対策もきちんと行いましょう。

HOMEスーツの豆知識 > ご家庭でのお手入れ方法:スーツ編

▲ページトップ