「スーツ マスター」世界であなただけのスーツを作る!
オーダーメイド・オーダースーツ・メンズスーツの総合情報ポータルサイト

HOMEスーツの豆知識 > ご家庭でのお手入れ方法:シャツ編

~ご家庭でのお手入れ方法:シャツ編~

シャツはスーツと違って頻繁にお洗濯が必要なもの。特に夏場は発汗量が増えるため、汚れ・黄ばみトラブルが深刻になります。最近、あちこちのクリーニング店でYシャツクリーニングを低価格に抑えるサービスが導入されており、気軽にご利用さている方も多いと思います。ご家庭でのお洗濯と違ってクリーニング店は業務用仕様。洗濯温度も高く洗剤・助剤も違いますから、汚れも黄ばみもスッキリ洗いあげてくれます。
しかしいくら低価格とはいえ、毎回クリーニングに出すのはとても不経済。しかもこのクリーニング店での特別な洗い方が原因で、生地を傷めるのを早めてしまったり、ボタンの破損になったりとトラブルリスクも上がることを知っておいた方がいいでしょう。シャツをなるべく長持ちさせたいのでしたら、是非コツを押さえて丁寧にご家庭でお手入れされることをおすすめ致します。

お洗濯準備

まず洗濯表示の確認をします。一般的なシャツは綿又は綿とポリエステルの混紡なので洗濯機で洗えます。逆に高級シャツや綿・ポリエステル以外の素材のシャツの場合は、手洗いをしないと縮んでしまうので注意が必要です。シャツの袖口などは直接肌に触れる部分なので特に汚れがひどくなります。シャツのボタンは全て外しておきましょう。
表側の汚れがさほど目立たない場合は、シャツを裏返しにするなど、肌に近い部分を表にしてあげるといいでしょう。ポケットチェックも忘れずにして下さい。特にボールペンやティッシュなどが入ったままだと、せっかくのお洗濯が台無しになってしまいます。

シャツのお洗濯(下準備)

洗濯機に入れる前に、お洗濯の下準備をします。特に袖口、襟周りは皮脂汚れで一番汚れが目立つ箇所です。市販のスポット洗剤や液体洗剤、もしくは台所洗剤などを直接塗って5分ほど放置します。歯ブラシなどでたたいたり、軽く揉み洗いなどでさらに効果的です。このひと手間でシャツの洗い上がりは格段に違ってきます。

シャツのお洗濯

色移りを避けるため、シャツは他のものと分けて洗いましょう。市販の洗濯ネットに入れると洗濯後の袖の絡まりが防げて、縫い目やボタンの保護にもなります。ただし、洗濯ネットは目の粗く大きめなものを。目が細かいネットですと肝心な汚れを落としきることは出来ませんし、小さいネットですと全体を均一に洗いあげる効果を妨げてしまいます。
洗濯機に対して入れる洗濯物の量も洗いあげに大きく影響しておくので注意が必要です。洗濯物の量は8分目を目安とします。シャツは1枚当たり200gを目安として計算してみるといいでしょう。
特に汚れがひどい場合は漂白剤を使用します。色素分解作用と殺菌作用があるので、シミや酷い皮脂汚れ等には抜群の効果を発揮してくれます。漂白剤は酸素系と塩素系がありますが、お洗濯系として販売されているものは酸素系漂白剤になります。酸素系漂白剤には液体タイプと粉末タイプの2種類があります。普段のお洗濯には液体タイプを使用して下さい。粉末タイプは成分が違うため、漂泊力も強く色落ちの原因になってしまいます。因みに「まぜるな危険」に属するものが塩素系漂白剤。これは漂泊力が強力すぎて衣類には向きません。また酸性タイプと反応し有毒ガスを発生させるのでとても危険です。最後の脱水は生地の保護、シワ防止のために短めに設定する事をおすすめします。

シャツの干し方

脱水が終わったら放置せずすぐに干しましょう。シャツの場合干しかた一つでその後の手間も省け、仕上がりに大きく差が出ます。まず、襟の両端を持ち上下に数回振りさばきます。小さく畳んで数回叩いたり、縫い目方向に引っ張りシワを伸ばすのも効果的です。生地と芯が重なった襟部分、前立て部分(前開きの縦ボタン列)、袖部分は両端をつかみ引っ張りましょう。干す時は肩幅にあったハンガーで陰干しが基本です。この時、厚みのあるハンガーを利用すると風の通りもよくなり乾きやすくなります。

シャツのアイロンがけ

綿のYシャツは特にシワになりやすいのでアイロン前に全体に霧吹きをして湿らせます。手順としては細かい部分からアイロンをかけます。縫い目を引っ張りながらかけていくのがコツです。肩部分はアイロン台の門にワイシャツの肩部分を着せるようにしてセットします。縫い代を中心にアイロンを入れます。襟部分カフス部分は芯があるので裏表両面からアイロンをかけます。袖全体は下の縫い目で折り、袖口から肩に向かって直線にアイロンを滑らせましょう。身ごろ部分はボタンの部分の裏からかけるとボタンに引っかかる事なくスムーズにかけられます。
後ろ身頃は右半分を台にのせ、全体をかけます。タックは手で整え押さえるようにかけます。ポケットは立体になっているので下から上に、外から中にかけます。アイロンの尖った先端部分も上手く使って自然でキレイなシルエットを作りましょう。シワの出来にくい形状記憶シャツでもやはり軽くアイロンを入れることで仕上がりに差が出ます。

HOMEスーツの豆知識 > ご家庭でのお手入れ方法:シャツ編

▲ページトップ