「スーツ マスター」世界であなただけのスーツを作る!
オーダーメイド・オーダースーツ・メンズスーツの総合情報ポータルサイト

HOMEスーツの豆知識 > 秋冬トレンドカラーのスーツ

~秋冬トレンドカラーのスーツ~

<今年の秋冬トレンドは?> 男を最もかっこ良く見せてくれる装い、メンズスーツ。ビジネスマンとしての存在感や風格を示してくれるばかりではなく、その人の持っている魅力も引き出してくれます。
時代の流れを柔軟に取り入れつつ、スーツの普遍的な着こなしはそのままで、さらに自分らしさをプラスできたらいいですね。

最近の秋冬メンズスーツは、体にぴったりフィットするのではなく、少しオーバーサイズ気味に仕立てるのがトレンド。ほどよいゆったり感が大人の色気と落ち着き感を匂わせます。

ここでは今シーズンのメンズスーツのトレンドをまとめてご紹介します。

秋冬のトレンドカラー

秋冬メンズスーツの定番カラーといえばグレーですが、今シーズンはより季節感が感じられるブラウン・ボルドー・キャメルなどがトレンドです。少し赤みがかったような暖色系のカラーは、オーソドックスなシャツやネクタイを合わせても違和感がなく相性も抜群です。
今シーズンにメンズスーツを購入するなら、これらのカラーを取り入れてワンランク上の印象に仕上げてみてはいかがでしょうか。

永遠の憧れ「英国テイスト」

永遠の憧れ「英国テイスト」

近年流行りの英国テイストですが、今年は素材だけでなく、ディティールにも取り入れるのがトレンド。色合いで温かみを出し、ディティールで英国トラッドの雰囲気を出すのがトレンドです。
また、イタリア調とのミックス感も重要で、双方の魅力を表現するとさらに上品に仕上げることができるでしょう。

軽いけれども重厚感がある

基本的にクリアカット(生地の表面に毛羽立ちがないように加工する技術)が人気ですが、今年の秋冬は少しリッチに見える加工が流行り。少し細めの柔らかい糸で織って生地に風合いを出したり、春や秋にも着用できる程度に起毛させたりするのがトレンドです。
最近は着心地の良さから、ストレッチ素材も多く見られるようになりました。
見た目のしっかりした感触は残しつつ、軽めのニュアンスが感じられる生地がおすすめです。

クラシック回帰へ

近年はラペル幅(ジャケットの前身見ごろの折り目)が細く、モード感のあるデザインが人気でしたが、昨年あたりから少しずつラペル幅が太めのジャケットが出回るようになってきました。また、スラックスもノータックからタック入りへ、ジャケットの下にはベストを着用するなど、クラシックに回帰する現象が見られます。

チェックとシャドーストライプは王道

チェックとシャドーストライプは王道

基本のグレンチェック・タータンチェック・千鳥格子は王道。それらにクラシック感やビンテージ感をプラスした柄が人気で、柄自体の存在感を際立たせるのがポイントです。
往年のシャドーストライプも同様。知的なでスタイリッシュな雰囲気を醸し出します。

シャツ・ネクタイ

スーツの柄にこだわりたいのなら、それらを邪魔しない無地のシャツがおすすめ。今年はビンテージ感のあるセミワイドカラー(襟の角度が広めのタイプ)が流行の兆しを見せています。ネクタイもシンプルにドットや小紋柄を合わせましょう。
逆にシンプルな無地のスーツには、トレンドエッセンスをプラスしたカラーシャツやストライプシャツを合わせてみましょう。ネクタイには今年のトレンドカラーであるブラウン・ボルドー・キャメル系を取り入れてエレガントに決めましょう。

いかがでしたか?今年の冬は、「クラシック」と「トレンド」のバランスを意識しながら、ご自身の感性で生地をチョイスしてみてはいかがでしょうか?

HOMEスーツの豆知識 > 秋冬トレンドカラーのスーツ

▲ページトップ