「スーツ マスター」世界であなただけのスーツを作る!
オーダーメイド・オーダースーツ・メンズスーツの総合情報ポータルサイト

HOME日頃ケアの基本 > ヘアケアの基本

ヘアケアの基本

日頃ケアの基本ヘアケアの基本

ヘアケアの基本 スキンケアと比べると、ヘアケアに気を使う男性は多いでしょう。健康な髪や頭皮は、基本を踏まえたヘアケアが大切です。
今回は、男性のヘアケアの基本について記述致します。ヘアは第一印象を決定付けるパーツでもありますから、これまでヘアケアを意識しなかった男性も、これを機に実践してみませんか。

シャンプー前の基本ケア

シャンプーで洗う前に、髪の汚れを落とすのがヘアケアのポイントです。
ですので、髪を洗うとき、シャンプーを乾いた髪の毛に付けるのはNG。シャンプーの前に、あらかじめお湯(38℃~40℃程度)で髪を洗うようにしましょう。男性の場合は、ヘアワックスを付けている方も多いですから、シャンプー前の余洗いは重要です。お湯だけでも髪と頭皮の汚れの大半は落ちますので、優しく丁寧に洗いましょう。また、髪が濡れているとシャンプーの泡立ちが良くなるというメリットもあります。

シャンプーの基本

シャンプーの基本 お湯で髪と頭皮を余洗いした後は、シャンプーを適量手に取り手のひらで泡立ててから髪に付けます。
髪に直接付けて泡立てるのは、髪や頭皮を傷める原因になるのでおすすめ出来ません。充分に泡立て、頭全体に泡が行き渡るようにするのがコツです。
髪を洗うときは、手の指の腹を使って頭皮をマッサージするように洗います。爪を立てて洗うと、肌を傷めます。
肌が傷むとフケやかゆみの原因となるほか、頭皮の傷からバイ菌が入って化膿してしまうケースもありますので気を付けましょう。

リンス(トリートメント)の基本

リンス(トリートメント)は、油分が毛穴のつまりを誘発しますので、頭皮に付けるのは厳禁。
毛先をメインに付けます。短髪の男性は、リンスを付けないほうが良い場合もあります。リンスは髪の保湿などに効果的ですが、使い方が良くなければヘアケアをしているつもりで、実はダメージを与えていたということになりかねません。頭皮は清潔に保ちましょう。

ヘアケアを意識するなら洗髪は夜に

ヘアケアを意識するなら洗髪は夜に 朝に洗髪をする方もいらっしゃいますが、ヘアケアを意識するのであれば洗髪は夜がおすすめです。
昼間にたまった皮脂や汚れを洗い流し、毛穴をさっぱりさせることで、髪が生えるのをサポート出来るからです。また、朝は時間に余裕がなく、髪を充分に乾かせないという場合もあるでしょう。髪が短い男性の場合、ドライヤーを使わずタオルドライで済ますという方も多いですが、湿った髪や頭皮、雑菌の繁殖を促す原因にもなります。ドライヤーでしっかり乾かすのが基本です。

HOME日頃ケアの基本 > ヘアケアの基本

▲ページトップ