「スーツ マスター」世界であなただけのスーツを作る!
オーダーメイド・オーダースーツ・メンズスーツの総合情報ポータルサイト

HOMEスーツブランドについて > ダイドーリミテッド

~ダイドーリミテッド~

ブランドの歴史

ダイドーリミテッドは1879年、栗原イネにより創業しました。製織事業を開始し、1918年に栗原紡織合名会社を設立、英式トップ設備を据え紡織一貫工程を確立しました。1941年、株式会社関西製絨所を合併し(旧)大同毛織株式会社を設立して、紡織から織物整理までの一貫生産体制を整えました。その後1949年、大同毛織株式会社に改組して、新たに発足。1953年には小田原工場(紡績)を建設し、毛織物の米国輸出を始めることになります。
1964年、株式会社ニューヨーカーを設立、既製服の製造販売をはじめました。1979年、米国ブルックス ブラザーズ社との合弁で、紳士服専門店ブルックス ブラザーズジャパンを設立。1980年、株式会社ニューヨーカーを吸収合併し衣料品事業に進出しました。1989年、商号を「大同毛織株式会社」から「株式会社ダイドーリミテッド」に変更。その後、オーストラリアに直営牧場、中国に自社工場を設立するなど、グローバル企業として世界進出をしています。

ダイドーリミテッドは舶来素材にひけをとらない優秀な日本毛織物業界の中でも、御幸毛織、長大毛織とともにその品質の高さには定評のある高級服地のメーカーです。「量」より「質」を最重要とする経営をモットーとし、オーストラリアに直営牧場を設立しました。極細羊毛にこだわり、オーストラリアから輸入した原材料の紡績、染色、製品化に至るまで全てを、自社で一貫して製造しています。そのこだわりの生地は、ウールの魅力が存分に引き出された最高級の素材といえるでしょう。

生地の特徴

生地は、打ち込みが強く、素晴らしい手触りと風合いが特徴です。近年では軽く柔らかな生地が好まれるという傾向を上手に取り入れています。良い状態で長く着用することが出来るためビジネススーツに最適な素材です。

生地の種類

≪インペリアル≫

国産生地の高級品であるダイドーリミテッドのインペリアルは極めて目付き(生地の密度を指す業界用語)が良く、滑らかで着心地が良いのが特徴です。またその生地は強くて腰があり、細い均一な繊維で織り上げているため、とてもしなやかです。通風性・軽さ・丈夫さ・保温性など、洋服に要求される要素を全て備えている最高級生地です。

≪インペリアルゴールド≫

毛織物の最高傑作と言われているのが"インペリアルゴールド"。この生地のテーマは"品位"。生地からにじみ出る隠しようのない品位は、要職に就く方々から絶大な支持を得ています。軽さ、ハリ、深みのある色彩を兼ね備えており、エレガントな印象を与えます。まさに、「ここ一番のスーツ」に仕上がります。その素材は"トロフィーモヘア"と呼ばれ、仔ヤギから年に一度だけ刈り取られた"キッドモヘア"の中からさらに厳しい審査によって選ばれた最高品質のキッドモヘアだけに授与されるトロフィーに由来します。インペリアルゴールドの美しい気品に満ちた光沢はトロフィーモヘアによってもたらされます。

≪MILLIONTEX Z / ミリオンテックスZ≫

ウール素材のナチュラルな伸縮性を追及したミリオンテックスZストレッチは、 大同毛織のベストセラーとなっています。アクティブな動きに耐える柔軟性と身体にストレスを与えない快適性と、そのフィッティングの良さが特徴であることから、多くのビジネスマンから支持されています。

≪MILLIONTEX Z / 亜熱帯 ≫

高温多湿な日本の盛夏用素材として開発されました。数あるクールビズ系スーツ生地の中でも抜群の通気性です。 強い撚糸の開発により抜群の通気性を実現、それと同時にミリオンテックス独自の伸びて戻るストレッチ性能も付加され、 まるで着ている事を忘れてしまいそうな軽い服地です。

HOMEスーツブランドについて > ダイドーリミテッド

▲ページトップ