「スーツ マスター」世界であなただけのスーツを作る!
オーダーメイド・オーダースーツ・メンズスーツの総合情報ポータルサイト

HOMEスーツブランドについて > Clissold

~Clissold~

ブランドの歴史

1910年にジョン・ヘンリー・クリソルドによってブラッドフォードの近くクレックヒートンで毛織物製造業を創設し、のちの1940年、ロバート・レイドローがスコットランドの北にツイード生地を織る紡績を開始しました。男性のジャケットの生地の豊富な色のアプリケーションでレイドローは業界のリーダーとなり、のちにレイドローは1989年にクリソルドグループに加わることになります。
過去20年間でクリソルド社は、技術に多額の投資を行ってきました。全体の管理は労働力の工芸技術に、生産の効率化を追加し統合されたコンピュータシステムによって制御されています。英国の生地は最高の品質として世界中で認識されています。すべてのクリソルドグループの生地は英国で織られております。創立から今もなおヨークシャーの羊毛織物業界の一部であることを誇りに思って、メーカーとして何代にも渡ってその技術を開発しています。その信頼性は世界中で認められており、現在ではクリソルドグループはラテンアメリカ、アメリカ、カナダ、英国、ヨーロッパ、中東、東南アジア、中国、韓国および日本といった世界各国に出荷されています。

古くからの伝統的な紡績方式を行うイギリスの中では珍しく技術革新を積極的に行い、独自の信頼のおける最高の品質の生地を数多く生み出しています。イタリアの最新ファッションを大胆に取り入れ、なおかつ英国の古き良き伝統を生かし、どの英国メーカーにもない、またイタリアにもない、独特のコレクションを作り上げました。イギリスらしいクラシックな色柄のコレクションが豊富に揃えると同時に、その独自の技術で信頼のおけるしっかりとした生地を生み出しています。今では世界各国のテーラーやアパレル関係の高級スーツメーカーに出荷しています。2002年の男子サッカーの「ワールドカップ」において、イングランド代表チームが公式スーツの生地として使用したことでも有名です。

生地の特徴

クリソルドの生地は、選りすぐられた最高品質ウールの糸を使用した素晴らしい艶と光沢が特徴です。そして柔らかできめの細かいふっくらとした風合いは、スーツに仕立てると優しく身体を包み込む柔らかい着心地です。超極細繊維のため軽く仕上がり、温かく、シワにもなりにくいのも特徴です。スーツの素晴らしい要素を全部兼ね備えているとも言えるでしょう。中でもSUPER160'sとなりますと、これほどの細番手は通常、他のブランドではなかなか見つけることが出来ないでしょう。ダンヒルやゼニアなどの有名ブランドでこのクオリティーの生地を探すとなると相当な価格になります。有名ブランドに固執せずにクリソルドの生地を選んだ人は、その品質のあまりの素晴らしさに圧倒され、ファンになる方も多いと言われています。

生地の種類

≪SUPER160's ウルトラファイン・メリノ≫

生地名の通り、SUPER160'sと超極細の繊維で織られているだけあり、なめらかで柔らかな着心地です。細番手の織物ですが英国らしく、双糸×双糸で織り上げているため比較的シワにもなりにくいのが特徴です。超極細繊維で織られているため、毎日過酷にスーツを着る方にはお勧め出来ませんが、月に1度か2度の勝負どころとしてのスーツが必要な方にお勧めしたい生地です。

≪SUPER100's ウール≫

大変高価なスーパー100's ウールを贅沢に使ったソフトな肌触りと、英国生地ならではのしっかりしたつくりが特徴です。

HOMEスーツブランドについて > Clissold

▲ページトップ