「スーツ マスター」世界であなただけのスーツを作る!
オーダーメイド・オーダースーツ・メンズスーツの総合情報ポータルサイト

HOMEスーツブランドについて > SCABAL

~SCABAL~

ブランドの歴史

1938年オットー・ハーツの手で、ベルギー・ブリュッセルに設立したスキャバル。
今では世界中に多数のスタッフを抱える高級服地サプライヤーですが、創立当時の従業員はわずか6名だったそうです。マーチャント(商社)と生地のサプライヤーとしてスキャバルの歴史は始まりましたが、現在ではトータル高級ファッションブランドとして、ヨーロッパのみならず世界中の主要都市で、不動の地位を確立しています。
1970年前半には、バウアー・ローバック・アンド・カンパニーとの共同開発によって、Super100'sのウールを使用したファブリックをこの世に初めて送り出し、その後1980年にはSuper150'sのウールを使用したファブリックを生産したことでもその名を残しています。

生地の特徴

「ヴィンテージ生地の王者」と呼ばれ続けているスキャバルは、ベルギー・ブリュッセルにある世界で有数のウールンマーチャント企業です。
自社で織物工場を持たないマーチャントでありながら、イギリスのハダースフィールドにある複数のミルを傘下にもち、膨大なコレクションを展開しています。マーチャントとは、いわゆる商社のこと。それゆえ、世界中からその時代や流行に合った色や柄・稀少価値の高い素材などを集めることが出来ます。中でも、スキャバルSper100'sからSuper200'sまでのScabal独自の高級超細番手ウール、カシミア、シルク、モヘアこそが、スキャバルの特徴とも言えるでしょう。職人たちの手作業によって、織り上がった生地にペーパープレス仕上げを施すなど、生地の輝きや着心地の良さを高めるための努力を惜しまないことも、ヴィンテージ生地の王者と呼ばれる所以でしょう。

ベルギー・ブリュッセルのスキャバル本社には、約5000種におよぶ多種多彩なオーダーメイド用の生地や流行の先端を行くファブリックが用意されていて、それを世界中にいち早く届けるための体制も整っています。
近年では、アメリカ大統領御用達ブランドとしても有名ですが、マイケル・ジョーダンなどの超一流スポーツ選手の中にも、スキャバルに魅了された人は多いようです。スキャバルは、映画とも関係性が深く、映画「ゴッド・ファーザー」ではマーロン・ブランドがスキャバルのジャケットを着用していて、レオナルド・ディカプリオは「タイタニック」で、ロバート・デ・ニーロは「カジノ」でスキャバルを着用した記録も残っています。

生地の種類

≪アピール/Appeal≫

スキャバルの最新スーツ地コレクションで、67種類の豊富なデザインが用意されています。Super140'sウールを使用し、250gと軽量です。エレガントなドレープとしなやかな風合いが特徴です。

≪ヴィキューナ/Vicuna≫

ヴィキューナとは、希少価値の高いペルー・アンデス地方の動物のこと。ウール生地の中でも究極とされていて、価格もカシミヤの約4倍と言われています。

≪トレジャーボックス/Treasure box≫

生地にプラチナや24金を組み込むトレジャーボックスシリーズ。その最先端の技術は企業秘密とされています。

≪テンプテーション/Temptation≫

Super200's ウールとヴィキューナを初めてブレンドした軽量生地。軽さだけでなく、その柔らかさ・防シワ性や美しいドレープにも特徴があります。

≪サミット/Summit≫

超ウルトラファイン・ピュアウールのみを使用し、ピュアウールでありながらカシミアのような肌触りが特徴です。独特の美しい光沢があり自然な心地よさを与えてくれます。

HOMEスーツブランドについて > SCABAL

▲ページトップ