「スーツ マスター」世界であなただけのスーツを作る!
オーダーメイド・オーダースーツ・メンズスーツの総合情報ポータルサイト

HOMEスーツブランドについて > REID&TAYLOR

~REID&TAYLOR~

ブランドの歴史

創業は1839年。スコットランド地方の地主アレキサンダー・リードと銀行家のジョセフ・テーラーの2人が共同で設立しました。スコットランドの美しい町、ラングフォルムで作り続けられています。ラングフォルムはチュビオット羊毛と質の良い天然水、腕の良い職人達、生地作りにとって三拍子そろった理想的な土地です。

リード&テーラーの服地は注目を集め、1850年ロンドンで開催された大英博覧会で見事に金賞を獲得しました。そして世界中にファンが広まっていきました。1930年この会社を受け継いだのはスコット・ヘイ。彼は画家であり豊かな独創性の持ち主でした。世界中でもわずかな一部の人たち、つまり最高の服地を求める人たちに向けて情熱をもって生地を作りました。それまでにはなかったような難しいデザインや独特な色使いの服地を発表し、画期的なデザインに世界中をあっといわせました。例えばスコットランドのキジやカモの羽毛の色、サファイア、ガーネットなどの宝石の色を服地に再現しました。それだけではなく中国の陶磁器、ルネッサンスの名画に至るまでの微妙な色合いを出し、芸術の域に近づきました。色合いだけではなく、品質も超高級ウーステッド、チンチラ、カシミア、ビキューナなどを混紡したすばらしい風合いの生地を次々と発表してきました。
また、リード&テーラーの生地を愛する人たちとの交流を図るために世界の各都市でファッションショーを開き続けました。最近では英国王室臨席のファッションショーとなり世間の話題になりました。

リード&テーラーの工場は緑の芝生とバラ園のある美しいガーデンの中にあります。敷地内にはなんと美術館もあります。工場内を通って流れるウォホプ川の水がリード&テーラー生地作りに欠かせない資源となっています。生地作りには水が欠かせません。イタリアにしてもイギリスにしても生地の産地には豊富で美しい水があります。服地をこのウォホプ川にひたすと色が美しく輝き始めると言われています。この川の独占使用権は昔昔にバックルーク公爵から与えられたものです。リード&テーラーの服地が輝いているのは職人達の技術と自然の恩恵、そして芸術を求める人間の夢が服地の中に織り込まれているからなのでしょう。最高の服地を作るには最高の原毛が必要です。リード&テーラーは素材を求める姿勢も群を抜いています。オーストラリアからウールの頂点ゴールデンベール、ブルースシャのチュビオットウール、中国からのカシミアなど世界中から高品質の原毛を集めています。

生地の特徴

ジェイムス・ボンド主演の映画の衣装に高番手の生地を提供しています。経営者が変わる前まではハイツイストのウーステッドで有名でした。リード&テーラーの生地の特徴はしわになりにくく丈夫なことが特徴として挙げられます。 

HOMEスーツブランドについて > REID&TAYLOR

▲ページトップ