「スーツ マスター」世界であなただけのスーツを作る!
オーダーメイド・オーダースーツ・メンズスーツの総合情報ポータルサイト

HOMEスーツブランドについて > DORMEUIL

~DORMEUIL~

ブランドの歴史

ジュールズ・ドーメルにより1842年に繊維商としてスタートを切りました。
彼はイギリスより毛織物を輸入しフランス国内で服地を販売していました。現在も会社は創業者により経営され、所有されています。
ジュールズとその兄弟、アルフレッド、オーギュストの3人で始まり現在まで一世紀半以上、一族経営を続けています。現在は5代目となるドミニク・ドーメルが代表取締役として就任しています。英国の伝統と格式にフランスのエスプリとエレガンスが融合する高級服地ブランドです。

ドーメル家の紋章にも見られるように彼らにとって3という文字は象徴的な数字です。盾形の紋章に中に2本の三角形の山型が描かれその上下に3匹の羊が描かれています。その周りには「Domus amica,Domus optima」親しみやすい家、最高の家というドーメル家のモットーが刻まれています。そのモットーのとおり温かいサービスと進化する老舗としてさらに発展しています。

一世を風靡したパシュミナの商標をもっているのもこのドーメルです。現在は毛織物商の集中するロンドンのゴールデンスクエアから、フランスのパリ郊外のバレイソウに本社機能を集め、生産から輸出入コントロールを行い、イギリス、フランスだけでなく五大陸、80カ国へ向けて販売しています。
また、パリコレクションに参加するような大小のブランドとも関係が深くシャネル、ディオール、イブ・サン・ローランなどのラグジュアリーブランドへ生地を提供しています。世界中のセレブやハリウッドスターなども好んで着用しています。

生地の特徴

厳選された原毛と英国仕込みのしっかりとした織と光沢のある、エレガントな風合いが特徴となっています。

生地の種類

≪Kirgyz White(キルギス・ホワイト)≫

ドーメルは希少な繊維を使い他のメーカーではないような外観、手触り、心地よさを持つ生地を提供しています。そのため新しいトレンドを求めるファンの心を惹きつけています。キルギス・ホワイトという謎めいた商品は、驚異的にソフトで暖かくさらに光沢感も兼ね備えるエレガントな布地です。
この服地のエピソードは800年前まで遡ります。1206年中央アジアを征服したチンギス・ハンの勢いは7000メートルを超す天山山脈をもってしても止められませんでした。この山脈の一部キルギスタンの万年雪地域には珍しい動物が生息していました。
ちょうどカシミアヤギと羊の性質をあわせもったような動物で、凍てつく寒さから身を守るシルクのような非常に厚い毛でおおわれています。この地域の遊牧民はこの動物の毛皮を使ってユルトと呼ばれるテントを立てていました。
チンギス・ハンを始め他の人たちはこの動物を知りませんでした。やがて世界を征服した彼は大きな宮殿を建てましたが、その宮殿にもキルギスタンで知ったこの動物の毛皮を敷き詰めて住み続けたと言われています。

調査の末、ドーメルはこの希少な繊維を再発見し服地開発をはじめました。若いキルギスの毛をすき集めた純白なものをドーメルのスペシャリストが特に軽く柔らかいものを選りすぐっています。この繊維を使った糸で織られたものがキルギス・ホワイトです。
このキルギス繊維は非常に細く滑らかな為、その特性を無くさずに服地に仕上げるには特殊な混紡の研究が必要でした。その結果スーパー140ウールを70パーセント、キルギス30パーセントを混紡し、その糸を使用したスーツの生地を作りだしました。
また、キルギス60パーセント、厳正したエキストラピュアファインウール40パーセントを混紡した糸で作られたジャケット生地を、世界で初めて発表しました。
ドーメルのデザイン部門はこの生地を都会の華やかな雰囲気と郊外の紳士的な雰囲気をもつ英国式スーツとジャケット向けに仕上げています。
この服地は着心地が良いだけでなく触れてもその高級感と手触りの良さに驚く方が多いようです。さらにそれを身にまとうことにより、悠久の歴史も感じられると言ったら大げさでしょうか。

≪AMADEUS365(アマデウス365)≫

2011年に発表された新しい生地です。数あるドーメルの生地の中でも最も人気のある生地の一つ、アマデウスと同じく、厳しく審査されたスーパー100'sを使用しています。
横糸を細くすることにより310gから260gと軽くなりました。その結果365日オールシーズン着用出来る生地となっています。

≪ROYAL12(ロイヤル12)≫

ドーメルの数ある生地の中でもロンドンの有名テーラーが集まるサビルローのテーラーに最も愛され、販売数量トップを誇っています。
通称サビルロー番主と呼ばれる2/52×2/52の糸使いで、英国生地特有のしっかりした打ち込みで織られています。名前の由来でもある12オンス(370g)の目付け出来上がった生地は、スーツのカッティングや外観を際立たせ、素晴らしいドレープ感を生みだしています。デザインのバリエーションはクラシックな縞模様や伝統的なデザインを反映しています。ロイヤル12はイングランドで生まれた第一級の素材で、ドーメルの取り扱いの中でも長年そのすばらしさは証明されています。
見栄え良く力強く、その上エレガントでファッショナブル。ドラマティックでありながらも落ち着いた洗練さにあふれる素材はイングランド生地の真骨頂を表しています。

HOMEスーツブランドについて > DORMEUIL

▲ページトップ