「スーツ マスター」世界であなただけのスーツを作る!
オーダーメイド・オーダースーツ・メンズスーツの総合情報ポータルサイト

HOMEスーツブランドについて > Loro Piana

~Loro Piana~

ブランドの歴史

高級カシミアと高級ウールのトップメーカーです。歴史は古く、1924年にピエトロ・ロロ・ピアーナ(Pietro Loro Piana)がテキスタル会社を創立したのが始まりです。
イタリアのテキスタイル生産の中心地、ヴァルセシアにて原材料の良さを最大限に引き出した製品を作り出しています。ヴァルセシアはスイスとフランスに接している北イタリアはピエモンテ州にあります。ピエモンテ州の州都はトリノ。荒川静香さんがフィギュアスケートで金メダルを取ったトリノオリンピックの舞台でお馴染の都市です。

トリノはグルメの街としても知られ、ピエモンテ州ではイタリアを代表する高級ワインでも有名です。そんなグルメな州としての顔を持つピエモンテ州ですが、18世紀までは羊が群れをなして過ごす情景が見られた地域でもあります。服地メーカーは服地のプロデュースのみを行うマーチャンドとプロデュースの域を超えて、自ら製造を行うミルと呼ばれる業態があり、ロロ・ピアーナはミルの域を超え、糸の原料である繊維の生産から紡績、織りあがった生地をシャツやスーツへと製品化する自社一貫体制のSPAというスタイルをとっています。
他にもこの業態をとっているメーカーはありますが、ロロ・ピアーナが特別な地位を築いている理由に、他社が大量生産の薄利多売に走る中、彼らは最高級の原料から最高級の製品を作り出しているところにあります。 まずロロ・ピアーナは最高級の原料をもとに最高級の生地を作り世界中で評価を確立していきました。その後1980年代に自社ブランドを立ち上げ、アパレルの分野に進出。1993年にニューヨーク、続いてミラノ、ヴェネチアと、ファッション感度の高い町に直営店をオープンさせているのです。更に2006年にはインテリア部門へも進出。ライフスタイルをトータルにプロデュースできるラグジュアリーブランドとして地位を固めています。

経営者の顔ぶれは初代のピエトロに続き、ジャコモ、ピエトロ、フランコ・ロロ・ピアーナと引き継がれ、フランコの二人の息子、セルジオとピエールの共同経営という形で受け継がれています。

生地の特徴

イタリアのブランド生地の2トップとして君臨しているのが、ロロ・ピアーナとエルメネジルド・ゼニアです。両社を比べてみると、ロロ・ピアーナの生地は風合いも柔らかく、男性的と言うよりはどちらかというと女性的な生地と言われています。女性が着るという意味ではなく、生地や柄が高貴で粋な色気があると言ったところでしょうか。スーツに仕立てた時もロロ・ピアーナ独特のノーブルな雰囲気を醸し出してくれます。
最高の製品のみを保証するというロロ・ピアーナのポリシーは、原材料の確保にも力を入れること。メリノウールスーパー100'sを総生産の30~40%購入しているところからもその情熱がうかがわれます。

生地の種類

≪TASMANIAN(タスマニアン)≫

ロロ・ピアーナの代表的な商品です。原毛を前シーズンよりグレードアップさせ、スーパー150'Sを使用しています。これまで多くのファンを魅了してきたこの商品は、オーストラリアのメリノ羊から採れる最高品質の原料から織られ、大変完成度が高く、多くの人を惹きつけています。
従来17マイクロンという大変細い原毛を使用していましたが、更にウールの原毛を16マイクロン、すなわちスーパー150'sとなり新たなスタートとなったのです。この希少なメリノウールを惜しげもなく使い、大変細い糸をつむいで仕上げているのです。1キログラムの原毛は約100キロメートルの長さの糸になると言えば、その細さが伝わるでしょうか。そんな極細糸から織られた生地は、重量の約33%までの水分を吸収することが出来ますので吸湿性も高く、さらに持続的な発散作用により水分を大気へ放出することが出来ます。
そしてもう一つの特徴は浸透性がよく、いつまでもその生地の高級感持続させることです。オールシーズン対応でき高級感、風合い、光沢いずれの完成度も高い商品となっています。

≪WISH Super 170's(ウィッシュスーパー170's)≫

優れた生地を作る決定的な要素は優れた原料です。
ロロ・ピアーナでは長年オーストラリア産、ニュージーランド産の高品質ウールをシーズンごとに大量に買い付けています。これらの最高級生地の一つとしてSuper170'sがあげられます。オーストラリアのファインメリノウールの中でも、15マイクロンというとても考えられない細さで織り上げられたこの商品は、カシミアのような滑らかな手触りが特徴です。1メートル当たり270グラムという軽さも美しいドレープを描き、着心地も軽くシーズンを問わず1年を通して着用出来ます。

≪FLANNEL(フランネル)≫

本来の重量感あるフランネルと違い、イタリアらしい軽やかさ、柔らかさを特徴とし、しかも発色も良い実用的な素材として新たなコレクションを提案しています。
この商品は冬用のスーツ、トラウザー向けの生地として考えられました。厳選した中国産カシミアにオーストラリア産のスーパー120'sのメリノウールを混紡しています。その結果カシミア本来の手触り、しなやかさとウールの丈夫さ暖かさを併せ持った生地に仕上がっています。冬の定番生地として気品あるやわらかな着心地に加え暖かさも実現したものとして多くのファンに支持されています。

HOMEスーツブランドについて > Loro Piana

▲ページトップ