「スーツ マスター」世界であなただけのスーツを作る!
オーダーメイド・オーダースーツ・メンズスーツの総合情報ポータルサイト

HOMEスーツ周りのパーツ > ネクタイ・選び方

~ネクタイ・選び方 ~

ネクタイについて

ネクタイはスーツのVゾーンで最も目立つ部分に位置し、スーツの着こなしの主役になります。職業やシーンによってそれぞれどんなネクタイを選ぶかということも、重要なポイントになります。
ネクタイによって相手に与える印象が変わりますので、その存在は重要と言えます。ネクタイは男性のオシャレの見せどころと言っても過言ではありません。

基本的なネクタイの選び方

ネクタイを選ぶといっても、あまりの種類の多さに迷ってしまう人も多いです。色や素材、柄、幅、ブランドなど沢山のネクタイからどれを選べはいいのか誰でも迷ってしまいます。ここではビジネスシーンに応じたネクタイの基本的な選び方を紹介していきます。

≪全体のコーディネイトに合わせる≫

どんなに高級なブランドのスーツやワイシャツ、ネクタイを揃えていてもコーディネイトを無視しては服装がまとまらず、趣味の悪さがかえって目立ってしまうこともあります。TPOに応じたバランスの良い組み合わせで選ぶように心がけて下さい。

≪定番アイテムとして≫

フレッシャーズと呼ばれる新入社員はなかなか最初から数多くのネクタイを所有していません。あまり流行にとらわれずに「最低限持っていれば安心」と言える、幅3.5インチ(9センチ)の幅のネクタイを選ぶとよいでしょう。
流行によっては幅の細いネクタイ、逆に幅の広いネクタイがありますが、やはり基本的な幅のネクタイはどんな時でも使えます。あまり流行にとらわれず、ベーシックなものを揃えておけば安心です。

ネクタイの色選びのポイント

ビジネスシーンに多く見られるスーツの色は濃紺と濃いグレーです。ネクタイは柄やストライプ、ドットなど様々なデザインがありますが、デザイン性よりも色を優先して選ぶと失敗しないといわれています。

≪スーツと同系色≫

基本的なルールとしてはシャツの色よりも濃い色のネクタイを選ぶことです。
例えば、濃紺のスーツに水色のシャツを合わせるとします。その場合のネクタイはその水色よりも濃い色を選びます。また濃いグレーのスーツの場合にはグレー系のネクタイに白いシャツを選ぶと良いと言われています。具体的にはネクタイのメインの色は青系で、薄いピンクや水色、黄色などが入っているものなどが良い印象を与えます。

≪スーツと反対色≫

スーツと全く違う色のネクタイを選ぶことによって、互いを引き立てあうシャープで派手なイメージを人に与えます。具体的には濃紺のスーツや濃いグレーのスーツにパステル色系のネクタイです。季節によって様々な色のネクタイを合わせてみるのもオシャレな印象を与える事が出来ます。また上級者向けになりますが、濃紺のスーツに赤い色の入ったネクタイなどはインパクトのある強い印象を与えるといわれています。ビジネスシーンでの商談やプレゼンテーションの場でチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ネクタイの柄選びのポイント

ネクタイの色柄にはたくさんの種類があります。おそらく、まったく同じネクタイを締めている人と出会ったことがないでしょう。様々な柄の中から自分好みの柄を選ぶのもオシャレの一歩です。色や柄でその人の個性が感じることが出来ますので、色や柄選びはその人のセンスが問われます。

≪ストライプ≫

現在最も多い柄の一つで、全体的に若々しくすっきりした柄が多く、若い方に好まれる傾向があります。みなさんも1、2本は持っているかと思います。
ストライプ柄は幅や配置や色の組み合わせによってバリエーションが豊かなのが特徴です。斜めに流れるストライプは「レジメンタル」と呼ばれ、向かって右上がりのアメリカンストライプと左上がりのヨーロピアンストライプの二種類があります。

≪ドット(水玉)≫

ドット柄はエレガントで落ち着いた雰囲気を与えます。年齢にかかわらず使えるというのも特徴です。パーティーなどのフォーマルシーンからビジネスまで、様々なシーンで使える人気の柄です。特に極小のピンドットは、最もフォーマルな柄とされていますので、質の良いものを1つ揃えておくといざという時に重宝します。

≪小紋≫

小紋柄はオンオフ問わずどのようなシーンでも使える万能選手なので、利用価値があります。小さな柄を決まったパターンで配置する模様の方が、シックで上品な印象を与えますので、よりフォーマルな場にふさわしいと言えるでしょう。

≪チェック≫

トラッドなチェック柄は比較的どのような場面にも合わせやすく、フレンドリーなイメージを与えます。またバーバリーのチェックのネクタイは流行を問わず人気があります。

≪ソリッド(無地)≫

言うまでもなく基本中の基本の柄で余り流行に左右されないのが特徴です。
無地は織り柄の有無や素材よっても印象が違ってきます。柄物やクレリックのシャツに合わせやすく、スッキリとしたとてもオシャレな印象です。

≪ペイズリー≫

プリント生地のネクタイに多く見られる柄です。80年代のバブル期に流行りました。もともとクラシックなネクタイ柄ですが、なかでも大柄のものは落ち着いた印象を与えます。

HOMEスーツ周りのパーツ > ネクタイ・選び方

▲ページトップ