「スーツ マスター」世界であなただけのスーツを作る!
オーダーメイド・オーダースーツ・メンズスーツの総合情報ポータルサイト

HOMEスーツ周りのパーツ > ベルト

~ベルト~

「ベルトなんかたいして見えなし、なんでもいいか」と思いがちですが、「仕事が出来るビジネスマン」と思わせるにはスーツやシャツ、ネクタイはもちろんベルトも重要なポイントです。ベルトを上手に選べば、普通のスーツでもグッとおしゃれに見せることが出来ます。せっかく素敵なスーツをビシッと着こなしていても、チラリと見えるベルトが気を抜いていると、台無しになってしまいます。
一言でベルトと言っても、カジュアルなものからフォーマルなものまで、その種類は様々ですが、少なくとも2本~3本のベルトを揃えておくと便利でしょう。

ベルトの歴史

ウエストラインを強調するベルトは、男女問わずコーディネートの重要な役割を担っています。日本では、明治維新後に政府高官が洋服を着用するようになると、輸入品のベルトが使われるようになりました。もともとベルトは軍服で使われていましたが、第一次大戦後以降にさらに欧風化の傾向が高まり、洋装化が進むとともに一般のスーツにも採用され、普及しました。
それ以前は正装用としてサスペンダーを着用するのが主流でしたが、ベルトはサスペンダーよりも着脱が簡単で、スラックスが脱ぎやすいところから、ベルト着用が一般的に広まったと言われています。しかし、現在でもタキシードなどの正装にはベルトではなくサスペンダーをつけるのが一般的です。

ベルトの素材について

ベルトの素材にはレザー(革)、ナイロン、綿、ビニールなど様々なものがあります。ビジネスシーンにおいては、ナイロン素材や綿素材のベルトはカジュアル過ぎるのでタブーです。必ずレザー(革)素材を選ぶようにしましょう。ノーマルな革ベルトを一本持っているのなら、気品のあるベルトも揃えておくとフォーマルの場で便利でしょう。
例えば、クロコダイル柄のベルト。ただし本物のクロコダイルはとても高価ですから、型押しのもので十分でしょう。

ベルトのバックルについて

バックルには、主にシルバー、ゴールド、ブロンズのものがあります。エレガントな着こなしをするときには、バックルには光沢のあるものを選ぶと良いでしょう。また、カジュアルな服装のときには、つや消しのバックルのベルトが良いでしょう。
基本的にバックルは、時計や指輪などのジュエリーの質感や色に合わせると統一感の良い印象を与えることが出来ます。

ベルトの幅について

太ければカジュアルに、細ければドレッシーに、というのが一般的ですが、ビジネススーツにおいてはベルトの幅も適正なサイズがあります。具体的にはパンツのベルトループの8分目くらいにかかる位がベストです。

ベルトの選び方のポイント

ベルト選びのポイントはビジネスシーンやカジュアルシーンなどによって異なります。
ここでは主にビジネスシーンにおけるベルトの選び方のコツをご紹介致します。

≪靴の色と合わせる≫

スーツに締めるベルトの色は、靴の色と揃えるのが基本的です。したがって、靴の色に多いブラックやブラウンのベルトが主流になります。さらにオシャレの上級者になるとベルトと時計のレザーの色を合わせる方法もあります。

≪スーツの色とのバランス≫

スーツの色とのバランスも大切です。ビジネススーツでは濃紺色などの紺系色のスーツには黒い色のベルトを合わせると締まって見える印象を与えます。また濃いグレーなどのグレー系のスーツに、茶色のベルトを合わせると柔らかい印象になります。
基本的に黒いベルトはどんな色のスーツにも合いますので、最低でも靴と合わせて1本、2本揃えておくと便利でしょう。たくさんのベルトをお持ちでしたらスーツの色に合わせてコーディネートを楽しむと良いでしょう。ただし必ずベルトと靴の色を揃えるのを忘れないようにしてください。

ベルトのお手入れ方法、長持ちさせるコツ

ベルトを扱う上で最も大切なのはあまり強く締めすぎない事です。強く締めた場合はパンツのラインも崩すこととなり、ウエスト部分にシワが寄り、とても美しい着こなしとは程遠くなります。パンツのサイズが合わない場合はベルトで無理に調整せず、パンツのサイズ調整をしましょう。
また、手あかなどによって汚れがついてしまった際には保革用液体クリームでやさしくすり込みながら汚れを取って磨くようにしましょう。そして、ネクタイや靴と同様に一度着用したら数日は休ませてあげるのが、長持ちさせるコツです。間隔をあけて使用する事でベルト自体の劣化を防ぎ、長く使うことが出来ます。

HOMEスーツ周りのパーツ > ベルト

▲ページトップ