「スーツ マスター」世界であなただけのスーツを作る!
オーダーメイド・オーダースーツ・メンズスーツの総合情報ポータルサイト

HOMEスーツ周りのパーツ > 靴・お手入れ方法

~靴・お手入れ方法~

お洒落な大人としてのファッションアイテムとして靴は欠かせないものです。お気に入りやこだわりの一足がある人も多いことでしょう。それらの靴のお手入れはきちんと出来ていますか?大切な靴をより長持ちさせるためにも、また、お洒落な大人としての身だしなみとして靴のお手入れは充分にしておきたいものです。ここでは、スーツスタイルで活躍する革靴のお手入れ方法についてご紹介いたします。

お手入れの道具について

靴の基本的なお手入れをするのに必要な道具をご紹介します。

≪柔らかい毛のブラシ≫

靴に就いたほこりを落としたり、普段のブラッシングなどに使うブラシで、馬毛が多く使われています。毛先が細くなっています。

≪固い毛のブラシ≫

靴クリームを均等に伸ばすことが出来ます。固くてコシのある豚毛が使われることが多いです。ステッチや履きじわなどの、細かいところの頑固な汚れを落とす時にも使用します。

≪柔らかい布≫

クリームやリムーバーをつけて靴の汚れを落としたり、仕上げで磨くときに使います。古いタオルや着古したTシャツなどを使うのもいいでしょう。

≪靴クリーナー・ステインリムーバー≫

ブラシでホコリを取り除いた後に、靴の汚れを落とすものです。
いわば、洗剤のような存在です。

≪靴クリーム≫

失われた油分や革の栄養補給に使用します。靴の色や革の種類によって違いますので、靴に合わせて選びます。

≪保護スプレー≫

防水スプレーを使います。雨などの防水をするだけでなく、汚れにくくする効果もあります。

≪シューキーパー≫

保管する際に、型崩れを防いだり、形を整えるために使います。

基本的なお手入れの手順

≪1.汚れを落とす≫

柔らかい毛の靴ブラシや布などを使用して、靴に就いたホコリや泥を丁寧に落とします。使い古しの歯ブラシなどを使用してもいいでしょう。ひどい汚れは、布を少し濡らして拭きます。その場合、靴が乾いてから次の作業に入りましょう。

≪2.靴クリーナー・ステインリムーバーで全体の汚れを拭き取る≫

見える汚れはブラシや布で落とせても、なんとなく薄汚れていたりするものです。ブラシや布などに靴クリーナーやステインリムーバーを使用して、全体の汚れを拭き取りましょう。

≪3.靴クリームで栄養補給と保護≫

綺麗になった靴に栄養補給と保護のために、靴クリームで油分と水分を補います。
固い毛のブラシや布を使って、靴クリームを均一に伸ばします。均一に伸ばせたら、余分なクリームはきちんと布で拭き取りましょう。

≪4.磨き上げる≫

全体から艶が出るように磨き上げます。この時、履いた状態で磨くと力が入りやすくて磨きやすくなります。また、艶だし用のワックスを使用するとより光沢効果が長持ちします。

≪5.スプレーで保護します≫

防水スプレーを使用して、雨対策をしておきます。また、汚れにくくする効果もあるので、靴を長持ちさせてくれたり、お手入れを楽にしてくれたりします。

≪6.保管≫

ついついお気に入りの靴は毎日履いてしまいがちですが、1日履いたら休ませるために保管しましょう。型崩れの防止や形を整えるためにもシューキーパーを使用することをお勧めします。

毎日のお手入れ方法

靴のお手入れというと靴磨きを想像してしまうので、なかなか毎日出来ないというのが本音ではないでしょうか。
基本的なお手入れは、1週間から2週間に一度行えばいいもので、毎日行う必要はありません。しかし、毎日履く靴ですから、毎日お手入れをすることでよりきれいな状態で長く履くことが出来ます。

≪外出時と帰宅時≫

外出する時には、ホコリを布やブラシなどで拭き取ってから出かけるようにしましょう。
また、帰宅時は雨が降っていなくてもホコリなど汚れが付くものです。同じように布やブラシなどで拭き取ってから、シューキーパーを使用してしまうようにしましょう。
また、軽くスポンジ式の靴クリーナーで拭き取ってあげると更にきれいに保てます。面倒なときは、大きな汚れだけでも落としておくことをお勧めします。

≪靴の履き方≫

基本的に、靴は毎日同じものを履くのは避け、2~3足をローテーションして履きます。毎日同じ靴を履くことは靴を傷める原因になります。また、靴ひもの場合は、靴を脱ぐときには解いて、履くときに結びます。靴ひもを結んだまま脱ぎ履きすることは型崩れの原因になります。
靴を履くときに靴ベラを使う事でも型崩れを防ぐことが出来ます。オフィスなどでは、別の履物を用意するなど、出来るだけ靴を休める工夫をしてみましょう。

雨の日のお手入れ方法

雨の日に履いた靴をお手入れするだけで、靴の寿命は全く違ってきます。水分を含んだままにしておくと、革の繊維は固くなって、型崩れや色落ち・シミの原因にもなります。出来るだけ早くお手入れすることを心がけましょう。

≪汚れをとる≫

濡れた雑巾などの布で泥などの汚れを落とします。その時に靴底も拭き取ります。ここで見える水分は取り除いておきます。

≪型崩れの防止≫

シューキーパーなどで靴の形を整えましょう。新聞を小さく切ってキッチンペーパーや布でくるんだもの、ティッシュなどを詰めた綿の靴下などでシューキーパーを代用することも可能です。型崩れを防止するために行う事なので、詰めすぎないように注意が必要です。
また、新聞などを利用すると、より水分を取り除くことが出来ます。水分を含んだ新聞などはマメな交換が必要です。

≪乾かす≫

型崩れしないようにしてから、風通しの良い場所で陰干しをしてゆっくりと乾かします。早く乾かそうと直射日光に当てたり、ドライヤーを使用するのは厳禁です。濡れている革に熱がかかると、ひび割れや縮み、そりなどで型崩れの原因になります。二度と履けなくなることもあるので、必ず陰干しでゆっくりと乾かすようにしましょう。

≪基本的なお手入れ≫

充分に乾いたら、基本的なお手入れをします。特に汚れはきちんと落としておかないと、カビの原因になってしまいます。また、濡れて乾いた革は、油分も取れているので、靴クリームも丁寧に塗るようにしましょう。それから、保護スプレーで次回に備えます。

靴のお手入れは、靴をきれいに保つ事です。「お洒落は足元から」靴にも細かな心配りをしましょう。

HOMEスーツ周りのパーツ > 靴・お手入れ方法

▲ページトップ