「スーツ マスター」世界であなただけのスーツを作る!
オーダーメイド・オーダースーツ・メンズスーツの総合情報ポータルサイト

HOMEスーツ周りのパーツ > オーダーシャツについて カラー(襟)編

~オーダーシャツについて カラー(襟)編~

とても目につきやすいと思われる襟元。オーダーシャツを作る際はカラー(襟)にもこだわってみてはいかがでしょうか?一番目立つ場所だからこそ襟元には気を遣いたいものです。またTPOでも使い分ける必要もあります。
しかしカラー(襟)はたくさんの種類があります。どのような時にそのタイプを選ぶべきなのかを紹介していきます。

カラー(襟)の種類 ビジネスタイプ

仕事でネクタイを着用する機会の多い方は当然の事ながら、ネクタイとの相性を考えてカラー部分も検討する必要があります。ビジネスタイプでは比較的ネクタイが似合うカラーの種類を紹介します。

≪レギュラー≫

長さも襟の開きも標準的な形です。襟の開きは65度前後です。またネクタイの結び方もプレーンノットが似合います。

≪ワイド≫

襟の開きは90度前後あり襟の高さはやや高めに出来ており、また襟の長さもやや長めです。英国調のスーツに似合うシャツと言えます。ネクタイは結び目の大きなウインザーノットが似合います。もちろんプレーンノットの結び方でも問題はありません。

≪ワイドスプレッド≫

ワイドカラーよりも襟の開きがあり、120度前後です。ネクタイは太めに結ぶ方が似合います。

≪タブカラー≫

襟の裏に小さな細いつまみ紐が付いており、そこにネクタイを通すタイプです。ネクタイをすると、かちっとした印象になります。このタイプのカラーもプレーンノットの結び方は似合います。結婚式などでは幅の狭いナロータイが適しています。いつもと違うイメージを持てます。


レギュラー

ワイド

ワイドスプレッド

タブカラー

カラー(襟)の種類 プライベート・カジュアルタイプ

ネクタイが無くても印象の良いカラーを紹介します。もちろんネクタイをしても似合うカラーもあります。
ビジネスよりはプライベートで使いやすいデザインと言えます。

≪ボタンダウン≫

襟に緩やかなロールのあるカラーです。スポーティーなデザインが人気です。夏などクールビズなどでノーネクタイ時に大活躍しそうです。

≪イタリアンカラー≫

このタイプはノーネクタイ専用とも言えます。第一ボタンを開けてカジュアルに着こなすタイプです。カジュアルにも見え、またエレガントでもあるカラーのタイプです。

≪ドゥエボットーニ≫

衿台にボタン2つ付きの襟型。デュエボットーニともいう。ノータイでも衿が立ち、スッキリ見えるのが特徴。
衿が高くなっているので、前を開けてネクタイを締めないのが着こなしの基本。

≪トレポットーニ≫

イタリア語でボタンが3つという意味そのままに、襟もとにボタンが3つ付いているタイプです。とにかく襟を高く見せるのがこのタイプです。このタイプもノーネクタイが基本になるタイプと言えます。ジーンズやジャケットと言ったスタイルが似合うカラーです。


ボタンダウン

イタリアンカラー

ドゥエボットーニ

トレポットーニ

結婚式やパーティータイプ

オシャレ感を最も引き出すカラーの形を紹介します。

≪ピンホール≫

襟にハトメでピンを通す穴が空いており、その穴にピンを通し両端をピンでとめるタイプです。細めのネクタイで結び目は小さい方が似合うタイプです。

≪ウイング≫

襟先が前に折れたタイプです。フォーマルな場所には外せないカラーと言えます。タキシードや蝶ネクタイなど着用する時などに使われます。また意外とノーネクタイでジャケットと組み合わせカジュアルにも使えるタイプとも言え幅広く使えます。

≪ラウンド≫

パーティーに最適な襟元が丸く作られたカラーです。上品なイメージと共に、クラシカルな印象もあります。ただこの襟は丸いタイプの為、丸顔には不向きと言えます。

≪ロングポイント≫

襟羽が長く、クラシック感もあり落ち着いた雰囲気のあるカラーと言えます。ビジネスタイプで紹介したレギュラーと襟の角度はほぼ同じタイプです。ネクタイは細めに結ぶのが似合います。


ピンホール

ウィング

ラウンド

ロングポイント

カラー(襟)の選び方について

ネクタイをした時に、どういうスタイルに見えるのかがポイントになってきます。
また首の長さにもよって選ぶべきカラーがあります。首が短い方にお薦めなのはレギュラーやタブカラーと言ったカラーを選ぶと首の露出が多い為、首のバランスが良く見えます。また首が長い方は、ワイドやドゥエボットーニなどのカラーがお薦めです。この種類のカラーは首の露出が少ない作りになっているため、首の長い方に似合うカラーと言えます。
このように自分の首の長さ、太さを考えてカラーを選ぶと、より自分に似合うオーダーシャツを作れることになります。

また、体型や顔の大きさによっても選ぶカラーが変わってくることが分かります。
例えば顔が小さい方はカラーも小さめの方が似合いますし、また顔が大きい方はカラーは大きめの方が似合います。体がガッチリしている方はワイドスプレッドなどを選び、ネクタイもなるべく太めに結んだ方が似合います。体が細めの方はワイドがお薦めです。細身の方はネクタイも小さめに結んだ方が似合います。

カラーはまだまだ紹介しきれない程、種類が豊富です。多くの種類から選ぶのは大変な事ですが、TPOにも合わせ、自分のスタイルに合ったカラーを選びましょう。

HOMEスーツ周りのパーツ > オーダーシャツについて カラー(襟)編

▲ページトップ