「スーツ マスター」世界であなただけのスーツを作る!
オーダーメイド・オーダースーツ・メンズスーツの総合情報ポータルサイト

HOMEスーツ周りのパーツ > ネクタイの歴史とブランド

~ネクタイの歴史とブランド ~

ネクタイの歴史とブランド日頃、当たり前のように締めているネクタイですが、昨今では夏季のクールビズにおいてネクタイを締めなくても良いという企業が増えてきました。しかしネクタイをしていないとカジュアルな印象になり、気が引き締まらない気がしてしまう方が多いのも事実です。日本で働くビジネスマンにとってなくてはならないネクタイですが、その歴史とおすすめのブランドをご紹介します。

ネクタイの起源

ネクタイの起源として最も有力なのは、2世紀初頭ローマにおいて戦地へ行く兵士の為に、無事に帰還出来るよう恋人や家族など女性からお守りとして首に巻いていたことから始まるという説です。寒い戦地においては防寒にも役立っていたとも言われます。 使われた布地は「フォーカル」と呼び、ネクタイの始まりはここからと言っていいでしょう。

ネクタイの広まり

それまではただ単に巻物として首に巻き、スカーフのような出で立ちだったネクタイですが、17世紀中頃~後半にかけフランスのルイ13世の為にクロアチア兵が守りに駆けつけた際、ルイ13世の子供でもある14世がネクタイに興味を持ち側近に対して「あれは何?」と尋ねると側近は「クラヴァット」と答えました。しかしこれは実はネクタイの事ではなく、側近が勘違いをして「クロアチア兵」と答えてしまったのです。これを機にルイ14世が装飾品として付け始め、ネクタイが広まる理由にもなりました。現在に至っても呼び名は修正されることなくフランス語ではネクタイを「クラヴァット」と呼んでいます。

日本にネクタイが入ってきた理由

今では普通に広まっているネクタイですが、初めて日本人でネクタイを締めたのは有名なジョン万次郎でした。小さい頃から家計を支えていたジョン万次郎ですが、1841年のその日も漁に出た際、悪天候により遭難してしまいます。 その後アメリカの捕鯨船に助けてもらい約10年の年月をアメリカで過ごしたのです。日本へ帰国する際に「白鹿襟飾三個」を所持品として持っており、これがネクタイに繋がっていると言われています。コミュニケーション能力も高いといわれ、臆することなく西洋文化に馴染んできたジョン万次郎だからこそ、いち早くネクタイを日本に馴染ませる事が出来たのでしょう。

ネクタイのブランド

ネクタイのブランド

スーツを着用した際に、一番目につく場所にあるのがネクタイです。 しかしあまり素材や質にこだわらないという方がほとんど。もちろん紳士服やスーツ店で生産されるネクタイも素敵ですが、ネクタイ専門ブランドを手にとってみると、ブランドならではの違いを感じるでしょう。少しだけ抜粋してネクタイブランドの選りすぐりをご紹介します。

■フランコバッシ

イタリアで知らない人はいないと言われる程、有名ネクタイブランドのフランコバッシ。 イタリア人の明るい性格に負けないくらい鮮やかな色使いがたくさん揃っています。シルクが有名な生産地でもあるので、滑らかな肌触りが特徴的で評判になるのも頷けます。平均価格は1万5千円前後。お求め安い1万円前後の商品も揃っています。
http://www.francobassi.com/

■マリネッラ

イタリアで展開するネクタイブランド。 歴代イタリア首相を始め、国王や名家の方々が購入するネクタイブランドの中でも代表的な部類に入ります。創業者でもあるマリネッラ家ではネクタイに対して深い愛情を持ち、創業当時と変わらない品質を保っています。本店でもあるナポリの店舗には朝6時半から開店と多忙なビジネスマンに合わせた営業時間を続けています。だからこそ地元の方に愛され人気が変わらないのでしょう。平均価格は1万5千円前後。日本には東京ミッドタウンにて直営店がオープンしています。

■フェアファックス

日本のブランドであり、シャツとネクタイを専門としているブランドです。 アメリカントラディショナルを基本としており、洗練されたスタイルが数多く揃っています。古き良き時代を思い出させてくれるようなネクタイは、カジュアルな要素の中にも日本製という質の良さが垣間見えるのも素敵です。フェアファックスのネクタイに合うシャツもお買い求めやすく、ネクタイと揃えて購入される方が多くみられます。

■ルイジ・ボレッリ

元々はシャツブランドを展開していましたが、ネクタイの豊富さとカラーのバリエーションが多く、人気のネクタイブランドです。 ストライプやペイズリーなど、定番の柄からニットタイなどのシンプルなものまで幅広く取り揃えています。またルイジ・ボレッリのネクタイは締めやすいというのも人気の一つ。忙しい朝は手に馴染むネクタイを一本持っておくと重宝するのではないでしょうか。平均価格は2万~3万円やや高額ですが、価格に見合った質の良さはスーツに合わせてみると納得出来るはずです。
http://www.luigiborrelli-onlinestore.jp/

HOMEスーツ周りのパーツ > お洒落な靴

▲ページトップ