「スーツ マスター」世界であなただけのスーツを作る!
オーダーメイド・オーダースーツ・メンズスーツの総合情報ポータルサイト

HOMEスーツ周りのパーツ > 帽子

~帽子 ~

帽子帽子は成人男性のスーツ姿のアクセントとなるアイテムです。扱い方が難しいとお考えもしれませんが、まずは自分が被ってみたいものを自由に選んで、服装に取り入れてみましょう。
ここでは、そのコツやポイントもついてご紹介致しましょう。

スーツと帽子のコーディネート

スーツと帽子のコーディネートスーツと帽子の組み合わせというと、以前は当たり前だったものの、現代ではあまり馴染みがないかもしれません。
今では、帽子はカジュアルなシーンで着用するもの、という位置付けとなり、スーツのコーディネートには必要ないと一般的に考えられています。
またかつてはフォーマルなシーンでも燕尾服にシルクハットを合わせるのが鉄則でしたが、現代では燕尾服のみで十分な正装です。

これから先、もしクラシックなデザインのスーツが流行すれば、昔のようにスーツに帽子を合わせる着こなし方もスーツのコーディネートの1つとして再び、広く受け入れられる可能性はあるかもしれません。

帽子のパーツの名称

帽子のパーツの名称帽子はいろいろなパーツから出来ています。重要なパーツの名称は覚えておくと便利でしょう。

■クラウン

頭を入れる部分をクラウンと呼びます。クラウンは、帽子の見た目の印象に大きく影響するパーツです。顔の形とクラウンの形には相性があるので、帽子を選ぶときは顔の形も考慮すると良いでしょう。

■トップクラウン

クラウンの天井の部分をトップクラウンと言います。平らなものだけでなく、丸くなっているものや窪んでいるものなどがあり、これも帽子の印象を決定付けるパーツです。

■サイドクラウン

クラウンの側面のパーツのことです。

■ブリム

帽子のつばのこと。ブリムのある帽子はハット、ブリムのない帽子はキャップと大まかに分けられます。日よけや装飾の役割をします。

■エッジ

ブリムの縁をエッジと言います。エッジ部分にワイヤーが入っている帽子は、ブリムを変形させることが出来るので、コーディネートの幅が広がります。

大人の男性におすすめの帽子の種類

大人の男性におすすめの帽子の種類帽子を積極的にお洒落に取り入れて、コーディネートを楽しみましょう。
おすすめの種類をご紹介致します。

■ボーラーハット

山高帽とも呼ばれるボーラーハットはイギリス発祥の帽子。ウールで作られたものを始め、シルクやカシミヤ、化学繊維のものも出回っています。この帽子の特徴は半球状のクラウン(頭を収める山の部分)と巻き上がったブリム(つばの部分)が特徴で、ジャケット・スタイルによく合います。

■ソフトハット

ソフトハットは、フェルト製で柔らかいことからその名が付きました。クラウンの中央部分が窪んでいる様子から、中折れ帽とも呼ばれます。ミルキーは、綿で出来たソフトハットのことです。

■パナマ帽

エクアドル発祥の夏用の帽子。パナマソウの葉で作られているため、この名前があります。戦前の日本においては、紳士の正装のコーディネートアイテムとして、広く一般に親しまれていました。

■ハンチング帽

鳥打帽とも呼ばれる帽子です。もともとはイギリスの狩猟の帽子で、寒さや雨を防ぐものでした。しかし、近年では、機能性よりもファッション性が重要視されてコーディネートに取り入れられている場合が多いようです。

■ベレー帽

スペインとフランスの国境付近にあるバスク地方が発祥と言われている帽子です。丸く平らな形で柔らかな素材で作られます。どちらか一方を立てて、斜めに被るとお洒落です。

■キャップ

頭部にフィットするように作られた帽子を総じてキャップと呼びます。縁がないものが多いですが、ベースボールキャップのように、つば付きタイプのものもあります。

帽子の選び方

帽子をお洒落に被りこなすには、自分に合ったものを選ぶことが欠かせません。帽子には様々な種類があり、正直迷ってしまうかもしれませんが、自分の顔の形とクラウンの形が同じものを選ぶのがコツです。例えば、丸型の顔の人は丸型のクラウンの帽子を被ると似合います。顔の丸みを隠すために角ばった形の帽子を被ると、かえって顔の丸みが強調されてしまうので顔の形をカバーしたいときこそ、顔と同じ形のクラウンの帽子を意識的に選ぶと良いでしょう。
また、スーツを選ぶときのように、体系に合わせて帽子のデザインを選ぶようにするのもポイントです。体型がスリムな人はブリムが小さ目の帽子、体型が太目の人はブリムが大きめの帽子が似合う傾向があります。加えて、背が高い人には大きめの帽子が、背が低い人には小さ目の帽子が似合うでしょう。
購入の際は試着し実際に被ってみた印象を確認しながら、自分に合うものを見つけると良いでしょう。専門店などで、店員からアドバイスをもらいながら選ぶのもおすすめです。

HOMEスーツ周りのパーツ > 帽子

▲ページトップ